雪合戦をする女子

雪合戦にはルールがあった!お遊びじゃない本気モードの雪合戦の世界!

雪遊びの定番と言えば、かまくらと雪だるま、そして「雪合戦」。

少ない積雪量でも雪玉を作ることができ、年齢を問わず楽しむことができます♪

しか~し!雪合戦は子どもの遊びと思うことなかれ。

実は、雪合戦には公式ルールもあり、競技としても楽しまれているんです。

今回は、そんな雪合戦の世界を覗いてみましょう!

雪合戦の公式団体

雪合戦のルール雪玉を作って投げてターゲットに当てる。

これが雪合戦の基本的な遊び方です。

ところが、雪合戦には「スポーツ雪合戦」という種目も存在するんです。

そして一般社団法人「日本雪合戦連盟」という団体により、公式ルールも決められています。

 ⇨日本雪合戦連盟HP

現在、スポーツ雪合戦は冬季オリンピックの正式種目採用を目指して活動しています。

また、国際ルールは、一般社団法人「国際雪合戦連合」によって定められています。

 ⇨国際雪合戦連合会HP

雪合戦だよね?

雪合戦の道具実は、スポーツ雪合戦の場合は、雪が無くても出来る競技なんです。

ボール、シェルター、コートがあればOK。

そのため、オールシーズン雪合戦を楽しむことができちゃいます♪

ボールは雪玉の質感に似るように工夫されていて、お手玉みたいな形状をしています。

筆者は雪国育ちなので、雪玉でないのに雪合戦とは、何とも不思議な感じがしますが・・・f^^;

雪合戦の発祥地は?

雪合戦と町おこし雪合戦が生まれたのは、コシヒカリで有名な新潟県の魚沼市とされています。

戦で刀が折れ、矢が尽きても両陣は戦を止めず、雪玉を投げて戦ったという石碑が残っています。

始めから雪合戦で戦をしていれば、歴史も変わっていたかもしれませんね。

今では北海道を始め、群馬、兵庫、広島、島根など各地で楽しまれている他、海外にも広まっています。

因みに、スポーツ雪合戦の発祥は、北海道の壮瞥町です。

町おこしの一環として始まりました。

雪合戦の基本的なルール

雪合戦の模様雪合戦は2チームに分かれて行います。

両チームともフラッグ(旗)を立て、敵陣のフラッグを奪うか、相手チームの全プレイヤーを撃破することで勝敗が決まります。

制限時間も設けられ、時間内に決着がつかない場合は、残ったプレイヤーの数が多いチームが勝ちます。

これを1セットとし、3セットマッチで2セット先取したチームが勝利。

これが日本雪合戦連盟で定められているルールです。

雪玉の大きさも厳密に

雪玉公平を期すために、雪玉は直径約7cmの雪玉90個と決められており、予め用意されます。

日本雪合戦連盟では「雪玉製造機」を開発して、それを採用しているんですよ~☆

チームのプレイヤーは7人とし、補欠が2人、それと監督が1人付きます。

コートの大きさも、横36m×縦10m(小学生は横32m×縦8m)と決まっています。

ドッジボールみたいですね。

ただ、ドッジボールと違うのは、コートの中にシェルターと呼ばれる壁があること。

隠れる場所があるんです。

それと、ノーバウンドのボール(雪玉はバウンドしませんが)に当たったプレーヤーはアウトとなり、そのセットには出場できません。

ドッジボールのように外野からの復活はできないんです。

雪玉の脅威!

雪玉の威力雪玉を投げる、のどかな競技と思っていたらビックリしますよ!

競技としての雪合戦は、投げる雪玉のスピードが驚異的なんです。 

危ないのでヘルメット(サンバイザー付き)を着用します。

筆者は、ドッジジボールでも「逃げ」専門だったので、スポーツ雪合戦でも全力で逃げます。

本当はシェルターにずっと隠れていたいのですが、「敵のフラッグを奪う」ために相手チームのプレイヤーが自陣のコート内に入ってくるので、結局は狙われます(笑)。

但し、一度に敵の陣地に入れるのは3人までと決められています。

まぁ、3人から集中攻撃されたら隠れていても当たっちゃいますね。

その他のルール

チームフラッグ試合に用いる靴は、金属製のスパイクが付いたものは禁止されています。

ゴム製の滑り止めがついた靴が推奨されています。

それと、敵チームだけでなく、自分のチームプレイヤーが投げた玉や、自分の手から離れた玉に当たってもアウトです。

また、攻撃担当の選手は自陣バックラインより後ろに下がってはいけないなど、細かく決められています。

フラッグ(旗)の大きさも、縦50cm×横70cmと決まっているので作る際はご注意を。

自由に雪遊びを楽しもう!

雪合戦を楽しむ以前、地域のニュースで「雪合戦の競技が行われました」と報道されているのを見たことがあります。

あぁ、雪国だからなぁと思っていましたが、今や雪、関係無いですね。笑

その時は、大人同士が楽しく笑いながら競技していたので、筆者も微笑ましく見ていました。

ルールに従う雪合戦だけでなく、童心に帰ってオリジナルの雪合戦を楽しむのも良いですね^^

あ!最後に重要なルールをお伝えしておきます。

中に石などを入れてはダメ、絶対!ですよ☆




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. Kimono hanger
    様々な日本文化が見直されている昨今、「着物男子」なんて言葉もできるくらい「着物」にチャレンジする人も…
  2. Castle Japan
    天守閣といえば、その地域を象徴する建物として、親しまれたり愛されていたりします。なので、「この天…
  3. 国歌
    スポーツの国際試合でよく国歌斉唱の場面があります。胸に手を当てて、国を思い、大きな声で歌っていま…
  4. Hakone Ekiden
    外は寒いし大抵の場所は混んでいるので、なかなか家から出たくない!そんな私ですので、テレビで箱根駅…
  5. 温泉は妊娠にも効く
    日本は火山大国で温泉が多く、湯巡りも楽しめますね♪全国各所に名湯や秘湯があり、泉質も効能も様々。…
  6. 楽器を扱える人に憧れを抱くことって時々あります。筆者は全く楽器を触って来なかったので、出し物の演…
  7. 振袖と袴の違い
    成人式や卒業式などに着る和服、着物。振袖も袴姿も素敵で、迷ってしまいますね。色鮮やかな着物で…
  8. 日本の文字と言えば『ひらがな』『カタカナ』『漢字』これらを組合わせて私たちは文を作り、コミュニケ…
  9. 手放しでお盆が楽しく、待ち遠しかったのは結婚前までの話(*_*)お盆の帰省時期が近づくと、何とな…
  10. Start writing
    書き初めといえば、私はどうしても冬休みの宿題のイメージが強いです!そういえば遠い昔にやったなぁ~と懐…
PAGE TOP