恵方巻き

節分に恵方巻きを食べる風習はいつから始まったの?節分のアレコレまとめてみた!

近年、節分の時期になるとコンビニやスーパーなどで販売される「恵方巻き」。

バラエティに富んだ具材や、大きさがウリとなっています。

あれ?節分に恵方巻きを食べる風習なんて昔からあったかな?

そう。突如出現した恵方巻き。

今回はその謎と、節分についてひも解いてみましょう!

そもそも節分とは?

節分節分は季節を分けるという意味があります

日本には、立春、立夏、立秋、立冬と言われる日がありますよね。

立春の前の日にあたるのが「2月3日」の節分です。

季節の変わり目には、邪気が生じると言われています。

なので、節分の日には、邪気、厄除けのために、豆まきをする風習があるんです。

奈良時代に中国から伝わった文化が元となり、江戸時代頃に、庶民の間に広まりました。

鬼も内に入れちゃう!

鬼は内?節分の豆まきには「鬼は外。福は内」と声を出して豆まきをする所が多いと思います。

「鬼は外。福は内」の後に「ごもっとも。ごもっとも。」と相槌を打つ地域もあります。

さらに、鬼を神の使いとしている神社や一部の地域では「鬼も内」と言うんですよ。

確かに、寒い2月に追い出された鬼が可哀そうな気がしてきますね。

筆者も、鬼まんじゅうならお腹に入れちゃいますけど(笑)。

撒いたら年の数の豆を食べる

柊鰯豆まきをしたあとは、煎り豆を歳の数、もしくは、それより1つ多く食べて厄除けをします。

昔は豆のほかに、米、麦、かち栗、灰を利用したこともあるそうです。

豆は穀物の中では、生産量が多いため、豆を使用していました。

お米は年貢にも使われ、庶民には貴重でしたからね(豆も貴重だけど)。

また、柊鰯(ひいらぎいわし)を玄関に飾るところもあります。

これは、柊のトゲが鬼の目に刺さるように、また、鰯の悪臭で鬼を寄せ付けないためです。

クリスマスにも柊を飾りますが、サンタさんの目にもトゲが刺さってしまうのでは・・・。

いずれにせよ、節分は鬼の厄日ですね^^

恵方巻きの登場

恵方巻きの登場筆者が幼い頃は、節分に恵方巻きを食べる習慣はありませんでした。

恵方巻きの発祥は大阪で、昭和40年代には既にあったとされていますが、全国的ではありませんでした。

名前も恵方巻きではなく、丸かぶり寿司でした。

また、大阪歴史博物館には「幸運巻き寿司チラシ」なるものが所蔵されています。

その後、土用の丑の日にはウナギを食べるという習慣に対抗し、節分には巻き寿司を食べようという販促運動が開始されます。

追い打ちをかけたのは、何と大手コンビニの「セブンイレブン」でした!!

節分の巻き寿司に「恵方巻き」という名前を付けて販売したのは、セブンイレブンだったのです。

全国にあるコンビニが競うように恵方巻きを販売するようになり、今のように定着したわけです。

そういえば、バレンタインデーやホワイトデー、ハロウィンも昔は日本に無かった風習ですもんね。

恵方巻きの食べ方

恵方巻き 食べ方助六寿司や海苔巻きは、一般的には一つずつ食べやすいように切られていますね。

恵方巻きは切ってはいけない決まりになっています。

そして願掛けをしながら、一言も発せず、その年の恵方(吉とされる方角)を向いて黙々と食べます。

喉に詰まらせないよう注意してくださいね。

筆者は一度やって、懲りました(笑)。

豆を歳の数だけ食べて、太い恵方巻きを一気に食べるなど、歳をとるごとに苦行になりますから。

恵方巻きの中身

恵方巻き 中身最近では、恵方巻きの種類も増えてきましたね^^

ハーフサイズという、長さが半分の物もあります。(願い事も半分なのでしょうか…)

さて、恵方巻きの中身ですが、基本は7種類とされています。

セブンイレブンの7?

いえいえ。七福神の「7」です。

カレーのお供、福神漬けも七福神の「7」に由来しています。

日本人は昔から縁起を担ぐのです。

どの具材がどの神様なのかといった所までは、明らかにされていません。

7種類の具材が揃えば、肉系でも海鮮系でも、サラダ系でも大丈夫です。

エビの腰が曲がった姿を「腰が曲がる歳まで長寿」という意味に見立て、蒸しエビを巻いた物や、海老フライを巻いた物もありますよ~。

自分の好きな具材を使って、自宅で作って召し上がる方も居ますね♪

お座敷遊びが発祥という説も

お座敷遊び実は恵方巻きは、お座敷遊びと言った、所謂「お大尽遊び」からきているという説もあります。

時代劇などで、偉い人が美しい女性の着物の帯をクルクルと…。

でも、これだと「巻いている」のではなく「剥がしている」ことになりますね(笑)。

他にも、色街や男性を象徴しているなどの噂もあります。

日本人の発想は豊かですね…^^;

あなたは恵方巻きを食べるとき、何を思いますか?




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. 子どもの日の兜
    屋根より高い鯉のぼりと共に、こどもの日に飾る兜。豪華で格好良く、艶やかですね。男の子が生まれ…
  2. Somen
    最近の暑さ、異常ですよね〜!?暑さにやられ、食欲も失せ、ヘトヘト…。そんな時、ツルツルっと冷たい…
  3. broom
    箒(ほうき)は日本人なら誰もが手にしたことがあると思います。中でも最近話題になっているのが「棕櫚…
  4. 着物
    普段なかなか着る機会のない着物ですが、お祭りでの浴衣や、結婚式などの冠婚葬祭で着る機会もあり、着物の…
  5. 金閣寺
    京都を代表するお寺であり、庭がある金閣寺。正式名称は「北山鹿苑寺(きたやまろくおんじ)」というの…
  6. ちまきと柏餅
    5月5日のこどもの日といえば、鯉のぼりと柏餅とちまき。童謡「背くらべ」の歌詞にも、ちまきが登場し…
  7. Hakone Ekiden
    外は寒いし大抵の場所は混んでいるので、なかなか家から出たくない!そんな私ですので、テレビで箱根駅…
  8. 焚き火に使う木はどれがいい?
    焚き火の楽しみ方は人それぞれですが、焚き火初心者を悩ませるのは木の種類ですね。薪を購入するときに…
  9. 登山初心者の靴選びのコツとは?
    キャンプと並び、人気が上昇している登山。今年こそは登山に初挑戦!と楽しみにしている方もいるのでは…
  10. 国歌
    スポーツの国際試合でよく国歌斉唱の場面があります。胸に手を当てて、国を思い、大きな声で歌っていま…
PAGE TOP