恵方巻き

恵方巻きを節分に食べるのはいつから始まった?恵方巻きと節分のアレコレまとめてみた!

近年、節分の時期になるとコンビニやスーパーなどで販売される「恵方巻き」。

バラエティに富んだ具材や、大きさがウリとなっています。

あれ?節分に恵方巻きを食べる風習なんて昔からあったかな?

そう。突如出現した恵方巻き。

今回はその謎と、節分についてひも解いてみましょう!

そもそも節分とは?

節分節分は、季節を分けるという意味があります

日本には、立春、立夏、立秋、立冬と言われる日がありますよね。

立春の前の日にあたるのが「2月3日」の節分です。

季節の変わり目には、邪気が生じると言われています。

なので、節分の日には、邪気、厄除けのために、豆まきをする風習があるんです。

奈良時代に中国から伝わった文化が元となり、江戸時代頃に、庶民の間に広まりました。

鬼も内に入れちゃう!

鬼は内?節分の豆まきには「鬼は外。福は内」と声を出して豆まきをする所が多いと思います。

「鬼は外。福は内」の後に「ごもっとも。ごもっとも。」と相槌を打つ地域もあります。

さらに、鬼を神の使いとしている神社や一部の地域では「鬼も内」と言うんですよ。

確かに、寒い2月に追い出された鬼が可哀そうな気がしてきますね。

筆者も、鬼まんじゅうならお腹に入れちゃいますけど(笑)。

撒いたら年の数の豆を食べる

柊鰯豆まきをしたあとは、煎り豆を歳の数、もしくは、それより1つ多く食べて厄除けをします。

昔は豆のほかに、米、麦、かち栗、灰を利用したこともあるそうです。

豆は穀物の中では、生産量が多いため、豆を使用していました。

お米は年貢にも使われ、庶民には貴重でしたからね(豆も貴重だけど)。

また、柊鰯(ひいらぎいわし)を玄関に飾るところもあります。

これは、柊のトゲが鬼の目に刺さるように、また、鰯の悪臭で鬼を寄せ付けないためです。

クリスマスにも柊を飾りますが、サンタさんの目にもトゲが刺さってしまうのでは・・・。

いずれにせよ、節分は鬼の厄日ですね^^

恵方巻きの登場

恵方巻きの登場筆者が幼い頃は、節分に恵方巻きを食べる習慣はありませんでした。

恵方巻きの発祥は大阪で、昭和40年代には既にあったとされていますが、全国的ではありませんでした。

名前も恵方巻きではなく、丸かぶり寿司でした。

また、大阪歴史博物館には「幸運巻き寿司チラシ」なるものが所蔵されています。

その後、土用の丑の日にはウナギを食べるという習慣に対抗し、節分には巻き寿司を食べようという販促運動が開始されます。

追い打ちをかけたのは、何と大手コンビニの「セブンイレブン」でした!!

節分の巻き寿司に「恵方巻き」という名前を付けて販売したのは、セブンイレブンだったのです。

全国にあるコンビニが競うように恵方巻きを販売するようになり、今のように定着したわけです。

そういえば、バレンタインデーやホワイトデー、ハロウィンも昔は日本に無かった風習ですもんね。

恵方巻きの食べ方

恵方巻き 食べ方助六寿司や海苔巻きは、一般的には一つずつ食べやすいように切られていますね。

恵方巻きは切ってはいけない決まりになっています。

そして願掛けをしながら、一言も発せず、その年の恵方(吉とされる方角)を向いて黙々と食べます。

喉に詰まらせないよう注意してくださいね。

筆者は一度やって、懲りました(笑)。

豆を歳の数だけ食べて、太い恵方巻きを一気に食べるなど、歳をとるごとに苦行になりますから。

恵方巻きの中身

恵方巻き 中身最近では、恵方巻きの種類も増えてきましたね^^

ハーフサイズという、長さが半分の物もあります。(願い事も半分なのでしょうか…)

さて、恵方巻きの中身ですが、基本は7種類とされています。

セブンイレブンの7?

いえいえ。七福神の「7」です。

カレーのお供、福神漬けも七福神の「7」に由来しています。

日本人は昔から縁起を担ぐのです。

どの具材がどの神様なのかといった所までは、明らかにされていません。

7種類の具材が揃えば、肉系でも海鮮系でも、サラダ系でも大丈夫です。

エビの腰が曲がった姿を「腰が曲がる歳まで長寿」という意味に見立て、蒸しエビを巻いた物や、海老フライを巻いた物もありますよ~。

自分の好きな具材を使って、自宅で作って召し上がる方も居ますね♪

お座敷遊びが発祥という説も

お座敷遊び実は恵方巻きは、お座敷遊びと言った、所謂「お大尽遊び」からきているという説もあります。

時代劇などで、偉い人が美しい女性の着物の帯をクルクルと…。

でも、これだと「巻いている」のではなく「剥がしている」ことになりますね(笑)。

他にも、色街や男性を象徴しているなどの噂もあります。

日本人の発想は豊かですね…^^;

あなたは恵方巻きを食べるとき、何を思いますか?




道案内


人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. お正月といえば、門松!日本で古来より受け継がれてきたお正月飾りの一つです。日本人なら一度は目にしたこ…
  2. 精巧な雪像
    降雪量が多い地域では、雪まつりや雪像まつりが開催され、ニュースでも話題になりますね。その年に話題…
  3. 雪合戦をする女子
    雪遊びの定番と言えば、かまくらと雪だるま、そして「雪合戦」。少ない積雪量でも雪玉を作ることができ…
  4. hina-matsuri-food
    3月3日は、ひな祭り♡ 女の子の誕生を祝い、その成長と幸せを願う日本の伝統行事の一つです。日本に…
  5. leap year
    4年に一度やってくる“うるう年”。4年に一度と聞くと、漠然とオリンピックやアメリカ大統領選挙の年…
  6. autumn Foodstuff
    秋って実に豊かな季節ですよね。春の命芽吹く季節とはまた違った豊かさがあります^^芸術の秋、運動の…
  7. 江戸時代の平均寿命は何歳で死因は何が多い?
    江戸時代の平均寿命は、今よりもうんと短いものでした…では、そんなに短かかった死因は一体何だったの…
  8. 御朱印を集めて回ろう
    最近、男女・年齢問わず人気が高まっている御朱印集め。筆者も初詣に行き、御朱印をいただいている人を…
  9. Castle ranking
    城といったら私の場合、やっぱり石垣だと思うんです。石垣こそが城の防衛の要であり、そこをどのように…
  10. Kimono cleaning
    着物を着ている時に、「醤油がはねちゃった!」とか、「暑かったから汗っぽくなっちゃった!」とかあると思…

カテゴリー

ブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

温泉探し




PAGE TOP