Obon Travel

お盆の旅行におすすめ♫ 意外に狙い目!“比較的”空いている穴場3選!

お盆の時期はどこに行っても大渋滞の大行列(-_-;)

その上、旅費も高くなるから旅行になんて行かない方がマシ!な〜んて諦めていませんか?

お盆休みをズラして取ることができる方は、少し早く、もしくは遅くしても良い思いますが、「それもできない!」「でもどこかに行きたいなぁ〜」と思っている方に、意外に空いている穴場をご紹介します☆

東京都心はいつもより空いている!?

Asakusa Kaminarimon大型連休を利用して多くの人たちが帰省します。

なので、この時期の東京都心は実は穴場なんです!

私のおすすめは水上バスで浅草観光♫

ゆりかもめの日の出駅、もしくはJR浜松町駅から日の出桟橋へ。

浅草まで約40分かけて隅田川をのぼる水上の旅は、風も涼しく心地よく最適です。

途中緑豊かな浜離宮に立ち寄ることもできます♪

浜離宮は正式には浜離宮恩賜庭園という代表的な江戸時代の大名庭園で、2つの鴨場を持ち、春は桜、秋には紅葉も有名です^^

江戸時代の大名を感じつつ散歩して、再び水上バスで浅草へ。

雷門・浅草寺・仲見世で食べ歩き♪

月島近辺まで足を延ばしてもんじゃ焼きもお勧めです!

もし効率よく都内や近隣を観光したいなら、はとバスツアーもお勧めです。

様々なコース設定があり、時間や出発場所も複数あるので、お盆休みだけでなく私は海外からの友人が来ると、水上バスか、はとバスでおもてなしすることが多いです。

“古き良き日本”だけでなく、お台場などの湾岸エリア、スカイツリーや秋葉原!横浜方面のツアーなど、様々な“日本”の顔を効率よく感じてもらえるのでとても評判がいいです(^_-)-☆

現代に生きる江戸風情♫ 埼玉県川越市

Kawagoe Edo style川越は古くからの街並みがどことなく懐かしい街です。

時の鐘やお菓子横丁など江戸風情をそのままに残し、また氷川神社は縁結びの神様として若い女性やカップルにも人気です☆

その中でも私がお勧めしたいのは花より団子!暑い夏には元気の出るウナギです(^^♪

川越は昔から天然ウナギがよくとれたので、今でもおいしいウナギ屋さんが沢山あります。

94歳で亡くなった私の祖母も、毎年家族で川越までウナギを食べに行くのを本当に楽しみにしていました。

そんな祖母は60代の頃から「来年は(もう年だから)食べられないかもしれないねぇ」と言いつつ、ウナギに元気をもらってか(!?)結局91歳の夏までウナギを一緒に食べに行くことができました(^^♪ おそるべし、ウナギパワー!

江戸風情を満喫しつつ、おいしいウナギで夏を乗り切る!一石二鳥の旅先だと思います(^_-)-☆

お時間あれば、ぜひ川越まで足を運ばせてみて下さい!

江戸風情もウナギも、病み付きになっちゃいますよ〜(o^^o)

国宝犬山城と城下町

Inuyama Castle東海の夏は暑い!と評判だからなのか(!?)国宝のお城なのに穴場となっているのが愛知県犬山市の犬山城!

その歴史は古く、織田信長の叔父によって築城され、その後何人もの城主に大切にされました。

城内最上階の天守閣までは、細くて急な階段を一歩一歩のぼります。

するとそこに見えるのは木曽川・岐阜城・名古屋駅周辺の大パノラマ!! 圧巻ですッ!!!

しかも運がいいと、甲冑を着た武将や、着物姿のお姫様にもお会いできますよ(^_-)-☆

そして、急階段を再び下り、足は信じられないくらいガクガクになりますが(笑)、それを吹き飛ばしてくれるのが城下町です!

古い街並みを散策するもよし、食べ歩きをするもよし。子供から大人まで楽しむことができます♪

この他にも、東海地方にはお城が点在しています。

名古屋城・岡崎城・岐阜城・清州城・小牧山城などなど、それぞれのお城も時間が許す限り巡ってみるものお勧めです☆

古いけど何だか新しい!? 犬山城の魅力、天守閣からの眺めはコチラの動画をご覧ください!

多少の渋滞や混雑も風物詩!?

congestionお盆期間中のの穴場スポットをご紹介してきましたが、それでもやっぱり、どこへ行っても多少混むのがお盆シーズンだと思います(*_*)

私も、海外の友人がこの時期に日本に遊びに来ると言えば「少し時期をズラして来ることはできないの?」と言ってしまうのが本音ですf^^;

でも「暑いから」「混むから」と言っていても仕方ありませんので、思いきって外出してみてくださいッ!

きっと夏休み明けからまた頑張ろう!と思えるような、楽しい思い出になると思います(^_-)-☆




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. Fuji Mountain Tourism
    富士山のある景色は素晴らしく、日本人にとって美しい山の代表のように扱われてきました。私の地元の滋…
  2. kendama
    日本人なら、誰でも一度は手にしたことがある「けん玉」。日本の昔ながらのおもちゃですよね^^最…
  3. 伝統工芸の彫金はどんな技法?
    伝統工芸には様々な種類があり、その技法もまた実に多様です!その技法の中の1つに、彫金と呼ばれるも…
  4. よもぎ蒸しとポプリ
    寒い冬が終わり、気温も空気も爽やかに感じる春。青々としたよもぎの若芽を見ると、草餅を想像してしま…
  5. 今回は「生け花教室(華道教室)に興味があるけど、どうやって選べば良いの?(>_<)」とお…
  6. 漫画 処分
    あなたにも思い入れのある漫画が1つはあるでしょう。漫画は自分の人生の色々な場面で勇気をくれたはず…
  7. 御朱印 ご利益
    御朱印集めをしながら、ふと、こんな事を考えたことがありませんか?「御朱印って、ご利益あるの?」…
  8. Toshizo Hijikata
    新選組をご存じでしょうか。有名ですから名前くらいは聞いたことがありますよね。日本の転換期、幕末か…
  9. 剣道といえばあの剣道着! 袴姿ってカッコイイですよねー!(≧∇≦)しかし、和服離れの著しい現代日…
  10. Recommendation of Nanbu Iron Pot Frying Pan
    南部鉄器と言えば何を思い浮かべますか?鉄瓶でしょうか?もしくは、炊飯器の方もいるかも知れません。…
PAGE TOP