日本の風習・伝統行事には何を作って何を食べればいいの?年中行事に適した食事とは!?

日本には数々の伝統的な行事がありますね。

お正月に始まり、雛祭り、お彼岸、子供の日などなど。

それぞれの行事に付き物なのが食事です!

食べる事が大・大・だ~い好きな私は、子供の頃からこちらの方が楽しみでした^^

でも、大人になって…今度は子供に作ってあげる側になると、年次行事の時には一体なにを作ればいいのだろう~と・・・考え込んじゃってf^^;

子供がお友達を連れて来るなんて言われた時には、ホントあせっちゃいます笑

今回はそんな時のために、それぞれの行事にあった行事食をご紹介します。

そもそも年中行事ってなぁに?

食べ物の話しの前に・・・そもそも年中行事って何という疑問が・・・?

日本には数多い年中行事があります。

年中行事とは・・・宮中や民間で毎年決まった時期に風習として行われている、一年のうちの行事や儀式のことを言います。

四季折々の農作業に関わることや神様、仏様に関係すること・・・

日本で生まれたもの、中国など大陸から伝わって変化したものなど・・・平安時代や奈良時代の貴族や武士が始めて、庶民に広がったものなど、それぞれに深~い意味や由来があるんです!

年中行事や節句、お祭りなど特別な非日常を「ハレの日」と呼んで、反対の日常の日を「ケ」と呼びます。

「ハレの日」には、食ベ物や着るもの、室礼(しつらい)なども、特別で日常と非日常を区別するんです。

日本人は古くから季節毎の行事を大切にし、季節の移り変わりを感じてきました。

大切にしたい日本の心ですね^^

なぜ年中行事や節句にはご馳走なの?

行事や節句の時に「なぜご馳走を食べるのかなぁ~?」と思いませんか?食べるのは嬉しいんですけど(笑)

しかも、それぞれの行事によって食べるものが違う!その謎・・・調べました。

季節毎の行事やお祝いの日に食べる特別な料理のことを「行事食」と言うそうです。旬の食材を取り入れて、季節感を味わいます。

今のように食材が手に入らないから・・・季節の食材を味わうんだね。季節の変わり目を感じ・・・「ハレの日」にはお休みをして、ご馳走を食べ・・・生活にけじめをつけていました。 

うん!なるほど!だから行事によって違うんだ!昔の人は色々と考えていたんだ! すご~い!・・・さすがですね~^^

年中行事と行事食を一挙紹介!

行事と節句の行事食をまとめてみました。

1月の行事と行事食

 正月(1日~7日)     おせち料理・お雑煮

 人目の節句(7日)    七草粥

 鏡開き(11日)      お汁粉

 小正月(15日)      小豆粥

 二十日正月(20日)    小豆粥

2月の行事と行事食

 節分(3日)       福豆・恵方巻き・鰯

 初午(9日)       いなり寿司

3月の行事と行事食

 桃の節句(3日)     ちらし寿司・蛤のお吸い物・白酒・菱餅・ひなあられ

 彼岸(17日~23日)        ぼた餅

4月の行事と行事食

 花祭り(8日)       甘茶

 花見           花見団子

5月の行事と行事食

 端午の節句(5日)       柏餅・ちまき

6月の行事と行事食

 夏至(20日頃)       タコ(関西地方)

7月の行事と行事食

 七夕(7日)        そうめん

 お盆(13~16日)     精進料理・白玉団子・そうめん

 土用の丑(23日頃)     鰻・土用餅・土用しじみ

8月の行事と行事食

 お盆(13~16日)    精進料理・白玉団子・そうめん

9月の行事と行事食

 重陽の節句(9日)     菊酒・栗ごはん

 彼岸(20日~26日)          おはぎ

  十五夜(中旬~10月初旬頃) 月見団子・里芋

10月の行事と行事食

 十三夜(中旬~下旬頃)  月見団子・栗ごはん・豆

11月の行事と行事食

 七五三(15日)      千歳飴

12月の行事と行事食

 冬至(22日頃)       かぼちゃ・小豆粥

 大晦日(31日)       年越しそば

本当にいっぱいあって・・・季節感たっぷりですね^^

それぞれの行事や食べ物にも意味や由来があるんです。

家族の健康や幸せを願ったり、神様仏様に捧げたり・・と色んな意味も込められています。

まとめ

1.大切にしたい!四季の移り変わりを感じる日本の心・・・年中行事
2.行事によって食べるものは違う!・・・季節を味わおう!
3.こんなにいっぱい行事や節句があったとは・・・驚きです!

でも、ご馳走をいっぱい食べられそう(笑)

なかなか全部手作りするのは大変だけど、特別なハレの日!

今はスーパーなんかに行くと・・・行事にあった食事が紹介されていますね。

ぜひ、季節を楽しみながら・・・手作り料理でお祝いしましょう!

子供と一緒に作るのも楽しいよ!お友達を呼んで、パーティしちゃう?

かっこいい~!出来るママ! きっと・・・あなたの株が上がります。




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. Kanji radical
    当たり前の話ですが、日本語は文にして残す時に『漢字』を用います。ひらがなやカタカナも用いますが、…
  2. すこーし肌寒くなると、秋がやってきた気がしますよね!この時期になると食べたくなるのが、そう。栗!…
  3. いつの時代も女性の装身具は多種多様、とっても煌びやかですね。着物に合わせる髪飾りも実に種類豊富だ…
  4. 体温計
    2019年の年末頃、中国の武漢地区で新たなウイルスが発生しました。その未知なる新型ウイルスは徐々…
  5. 御朱印と効果
    神社やお寺に参拝すると、心が洗われるような清々しい気持ちになりますね。帰りにお守りを買っていこう…
  6. What is the origin of making a wish in Tanabata?
    七夕になると、幼稚園児とか小学生ぐらいの子供が笹に願い事をくくり付けます。自分も昔はくくり付けて…
  7. うるう年は忘れがちですが特別な年です。平年が1年365日に対し、うるう年は1年366日になる年で…
  8. 大喜利
    『おーい、座布団1枚』で知られる、笑点の人気コーナー大喜利。毎度、司会者がお題を出し、噺家が答え…
  9. 日本は4つの季節を豊かに感じることができる素敵な国です!四季を堪能するその心は料理にも現れており…
  10. レトロ可愛いお手玉
    布の中に小豆を入れて両端を閉じた日本古来の玩具「お手玉」。コロンとした形が可愛らしく、何となく気…
PAGE TOP