盛り塩の効果って本当はどう?

盛り塩の効果って本当はどう?盛り塩の作り方から処分方まで解説します!

あなたはお皿のうえに盛られた、三角や円錐形の塩をみたことはありますか?

それは、盛り塩と呼ばれる厄除け、縁起物です。

神社や知人の家を訪れたとき、事務所などで、ふと目に留まることがあります。

最近では、盛り塩の効果をSNSなどで口コミを調べる人がいるほど。

そこで今回は盛り塩には効果があるのか、口コミで調べられているのはなぜかに迫ってみました。

盛り塩とは?

盛り塩とは?盛り塩は、厄除け、魔除け、縁起担ぎとして用いられるものです。

塩を三角錐型や円錐型にして塩皿に盛り、玄関や家の中に置きます。

塩は塩固め器などの型を使って固め、形が崩れないようにします。

引っ越しや大掃除などをきっかけに始める人もいますが、始めるタイミングはいつでもOK。

ただし、盛り塩をするときは、正しい手順で行ってくださいね♪

なぜ盛り塩をするの?

なぜ盛り塩をするの?盛り塩をする理由は、

1)厄除け、魔除けとして
2)飲食店などの集客(縁起担ぎ)として

があげられます。

盛り塩は、風水にもよく登場するキーワードですね☆

玄関やトイレ、寝室などに置く人もいます。

後述しますが、置く場所や手順を正しく守ることで良い効果につながりますよ。

盛り塩の歴史

盛り塩の歴史盛り塩の歴史は、一般的に中国の故事を由来とする説が伝わっています。

【初代皇帝:司馬炎説】

皇帝司馬炎皇帝には多くの妻がおり、皇帝は毎夜牛車に乗って、妻の元へと通っていました。

今夜はどの妻にしようかと迷ううち、皇帝は牛が止まった家を選ぶことにしました。

そこで、ある妻が自分の家の前で牛が止まるように、牛が好きな塩を家の前に置きました。

牛が塩をなめている間、その妻は皇帝の寵愛を独占できたわけです。

これが、良いことを運ぶ、縁起が良いという盛り塩の歴史です。

【古事記説】

【古事記説】日本神話には、イザナギという男性の神様が、黄泉の国から帰った際、海水で身を清めたとあります。

海水で身を清めることを「潮垢離(しおごり)」といいます。

古来より塩は身を清め、難を逃れるものとして使われていたのですね。

現代でも葬儀など、悲しみの場を訪れた際は、お清めの塩を使います。

盛り塩は、家を清め、魔が寄らないようにするための儀式なんですね☆

盛り塩って効果あるの?

盛り塩って効果あるの?盛り塩の効果は、SNSやWebなどの口コミでも多く調べられています。

本当に効果があるのか、どう置けば効果があるのか、知りたいですよね♪

筆者が調べた情報の平均値は、「正しく置けば効果あり」でした。

とはいえ、盛り塩の効果は目に見えるものではないので証明は難しいですが(笑)

人によっては、なんと「塩が黒ずんだ」という方もいましたよ!

正しい盛り塩の手順

正しい盛り塩の手順盛り塩をご自分で試したい方は、まず材料を用意しましょう。

【用意するもの】

・塩(岩塩や粗塩など固まりやすいもの)
・塩固め器(円錐や八角錐など種類があります)
・ヘラ
・盛り塩の器

初めての方はセットになったものを購入するのもおすすめです。

【盛り塩の作り方】

1)塩固め器に塩を半分ほど入れ、指やヘラで押し固めます。
2)押し固めながら、塩固め器に塩を入れ、最後にヘラですり切ります。
3)盛り塩の器をかぶせて、ひっくり返し、静かに型を外します。

崩れてしまった場合は、作り直してもOK。

霧吹きがある方は、少し水分を含ませると形成しやすくなります。

【盛り塩の交換と処分方法】

盛り塩を交換するタイミングは、毎月1日と15日といわれますが、厳密なルールはありません。

古くなった塩は悪い気や穢れを呼び込んでしまうので、1~2週間を目安に交換しましょう。

処分するときは、白い紙などに包んで燃えるゴミとして出します。

もったいないから・・・と、料理に使うのは避けましょう☆

盛り塩を置く場所は?

盛り塩置く場所は、家の中心から見て、東西南北北北東(表鬼門)、南南西(裏鬼門)が良いといわれます。

方角で言われてもわからない・・・。

その場合は、まず玄関に置きます。

玄関は家に悪い気を入れないように、左右に置きます。

そのほか、トイレ、キッチン、お風呂などの水回りも、おすすめです。

寝室やクローゼットなども◎。

ただし、たくさん置きすぎると交換が大変になるかも?

盛り塩に使う塩の種類

盛り塩に使う塩の種類特にルールはありませんが、岩塩粗塩を選ぶ方が多いです。

化学調味料や不純物を含まないものを選びましょう。

また、サラサラした塩は固まりにくく、形成が難しいです。

淡いピンク色の岩塩を使っても素敵ですね♪

塩にまつわるエピソード

塩にまつわるエピソード塩の種類で、筆者の知人に起きたエピソードをご紹介します♪

ある日、筆者は見えざるものが見える子を助手席に乗せ、2台の車でドライブをしていました。

そして助手席の彼女は「あの前の車、中古車でしょ。お祓いしたほうがいいよ」と呟いたのです。

ドライブを終えて、そのことを知人に伝えると「なんで中古って分かったの??」とビックリ。

知人と彼女は初対面で、ほとんど話もしていなかったのですが・・・。

怖がりな知人は、神社にお祓いに行くまでの間、何とかしなければと思ったそうです。

台所を探し、見つけたのが「あじ塩」。

とりあえず塩なら清められるだろうと、なんと車全体に振りかけたのです!!

(サビの心配は頭に浮かばなかったらしいです)

後日、残念ながらその車は事故に遭い、大破しました。

とはいえ、知人は無傷だったので、あじ塩でも多少の効果はあった?のかもしれません。

盛り塩でハッピーな日々を

盛り塩でハッピーな日々を近年では、盛り塩をインテリアとして飾る方も増えてきました。

トイレやキッチンなど、毎日目に入る場所に置くことから始めても。

盛り塩を入れる器の色を変えて、効果を楽しむ方法もありますよ♪

手軽に始められる開運の盛り塩で、ハッピーな日々を迎えましょう!




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. 花瓶
    高校時代に華道部だった経験をもとに、「華道部あるある」をまとめてみました。この「華道部あるある」…
  2. 伝統工芸の特集などをテレビなどで見かけると、そこに出てくる職人さん達って、結構な頻度でご高齢者の方が…
  3. お年玉とポチ袋
    子どものお正月の一番の関心事といえば「お年玉」。誰から幾ら貰えるか、ワクワクドキドキの行事ですね…
  4. 箱根
    浮世絵といえば歌川広重、葛飾北斎などがとても有名ですよね!!筆者は特に歌川広重「東海道五十三次」…
  5. 着物姿で卒業式
    卒業式の日が近くなると、特に女子大生の方は何を着ようか悩みますよね…( ;´Д`)着物にしようか…
  6. hikyaku speed
    江戸時代の飛脚というと、棒の先に箱をくくりつけたものを担いで、すごく速いイメージがあります。しか…
  7. 城というと天守閣を思い浮かべるかもしれません。でも、それは日本における城の歴史を考えた時、最後の…
  8. 2021年の東京オリンピックで初めて競技として追加された空手ですが、あなたが空手に持っているイメージ…
  9. Kimono clock
    日本の民族衣装である着物が見直されている昨今、着物でお出かけしようという方も増えています。しかし…
  10. お餅
    お正月によく食べられる食べ物といえばお餅です。お雑煮に入れて食べるお餅も美味しいですし、焼いた餅…
PAGE TOP