伝統工芸を体験したらもっと面白くなる!京都おすすめ3選!

最近、観光客が増えに増えている京都。そのせいで、せっかく行ったのに、人に揉まれて終わり、なんてことになることも。

なので、京都に来たら、ぜひ伝統工芸を体験されることをお勧めします。なぜなら、予約さえ取れれば、人に煩わされること無く、京都の文化を堪能できるからです。

今回、京都で中、高、大と青春を駆け抜けた私が、手軽に、誰でも楽しむことができる伝統工芸の体験を3つご紹介します。

土をこねこね 京焼・清水焼

京都に焼き物なんてあったの?なんて思われるかもしれません。でも、例えば、京セラは何を隠そう、この清水焼に縁のある企業なのです。セラミックも、昔は特殊磁器なんて呼ばれ、ざっくりいうと、焼き物を発展させたものなのです。

そんな感じで、小規模ながら、すごい発展を遂げたりもしている、京焼・清水焼ですが、もちろん普通の焼き物も、今なお作り続けています。

さて、焼き物の体験ですが、絵付けだとか、ろくろなどがあったりします。私はどちらも苦手です。

なにせ、絵心はあまりないし、一度失敗するとやり直しが効かなそうな絵付けは、なんだか大変そうだし、ろくろに至っては、失敗して現代芸術みたいになりそうです。

なので、ぜひ手捻りをお勧めします。土をこねて、紐状にして、重ねて作ってと粘土遊びみたいで楽しいです。ストレスフリーです。むしろ、ストレス解消になります。

何より、例え形が多少歪になっても、それが味になるのがいいです。手捻りは、そんな手でこねた跡などを楽しむものですから。なので、個性的なものを作ることが出来ます。

ぼかしがきれいな京友禅

ですが、今回、紹介するのは型友禅と呼ばれる技法の体験です。これ、結構簡単で、しかも、色々な種類の小物から選んで好きなように、デザインすることができるのです。

型友禅とは、その名の通り型を使って小物に染色する方法です。型を布に当てて、刷毛で染めてゆきます。この時、ぼかして色の濃淡を付けて染めるのですが、これが結構きれいに仕上がります。

さらに型紙は体験する工房によって数は違うかもしれませんが、とても多くの種類があり、どれを選ぼうか、どう組み合わせようか迷ってしまいます。そうやって自分だけの物ができるのがとても楽しいです。また、染める小物の種類も色々あるので、染めたくなるような小物がある工房を探すと良いかもしれません。

なるほど!と思わせてくれる和菓子作り

京で和菓子作りと検索すれば、八ツ橋づくりなど色々出てきます。そんな中で紹介したいのは、上生菓子という和菓子の体験です。

名前は聞いたことはあまり無いかもしれません。でも、茶道をイメージした時に出て来る色とりどりの季節をモチーフにした和菓子といえば、何となく想像できるかと思います。

「あれ、どうやって作っているのだろう?」とか思ったことありませんか?複雑な形をしていたり、細やかな造形がなされていたりと、私はすごく気になったりします。

というより、和菓子作りの体験をすることでより気になるようになりました。体験では、「なるほど、こんな風にして作っていたのか!」と思わせてくれます。そうすると、次にまた、出会った時に、これはこう作っているのではと想像してしまうのです。

さらに、工房によっては、和菓子作りのあとに、抹茶も出してくれたりします。自分で作った和菓子と抹茶、なかなか良いですよ。小腹も満たされます。

まとめ

1. 手捻りで自分だけの器を作る京焼・清水焼
2. 自分だけのオリジナルな小物をデザインする京友禅
3. 頭の体操にも、小腹も満たされる和菓子作り

京都に来たら、この3つを是非、体験してみてください。

京都をより深く味わえ、自分へのお土産も出来ます。

そして、また京都に行ってみたいなと思えるはずです。

ちなみに、これら3つは、京都市内で楽しめるのでアクセスも便利ですよ!




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. 遠い昔、私が子供の頃、母にお手玉を教えてもらったことがあります。飛びながらクルクル回るお手玉が面…
  2. Traditional Craft Experience
    古都、奈良には、歴史と共に受け継がれてきた伝統文化があります。日本のみならず、海外でも絶大な人気…
  3. Traditional crafts mail order
    最近では、伝統工芸品も通販で買えるようになってきました。それによって、より伝統工芸品を買いやすく…
  4. 祇園街並み
    舞妓さんと芸妓さんの違いはそれほど知られていませんよね。実は、違いは沢山あります!また、芸妓…
  5. What is the origin of the flower language with plentiful hydrangea?
    あじさいの花言葉は実に沢山あります。良い意味のものから悪いものまで沢山です。何故こんなにも様々な…
  6. 御朱印 ご利益
    御朱印集めをしながら、ふと、こんな事を考えたことがありませんか?「御朱印って、ご利益あるの?」…
  7. 日本猫の歴史
    犬と並びペットとして人気のある猫。犬と比べ、猫は手がかからず飼いやすいと言われています。犬の…
  8. 旧盆の意味
    実は旧盆の意味を正確に答えられる人って、案外少なかったりするんですよね。なんというか、いろいろゴ…
  9. Solar term
    立春や春分、秋分の日など、日本では暦の上でも季節の変化を感じることができます。でも、そんな節目は…
  10. What kind of fireflies are there?
    初夏の夜の風物詩といえば、蛍を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。しかし、一方で蛍が光る虫…
PAGE TOP