Kimono cleaning

着物のクリーニングってどうすればいいの? 和服を綺麗に保つために知っておきたい知識

着物を着ている時に、「醤油がはねちゃった!」とか、「暑かったから汗っぽくなっちゃった!」とかあると思います。

そのままにしておけませんね!

大前提ですが、着物は自分で洗ってはいけません。(洗える着物や浴衣は別ですよ)

色落ち、型崩れ等、悲しい結末が待っています。。。

洋服だと自分で洗えないものは気軽にクリーニングに出しますよね!?

じゃ〜着物の場合ってどうすればいいんでしょう?

「近所の馴染みのお店じゃ駄目?」
「料金ってどのくらいかかるの?」

今回は意外とわからない着物のクリーニングについてまとめてみました☆

着物のクリーニングはどこに出す?

Kimono Cleaning Shopまず、どこのお店にクリーニングに出したら良いのか!?

とりあえず、ご近所の普通のクリーニング店に安易に持ち込むのは避けましょう!

着物って洋服と違ってとってもデリケートなんです。

専門知識を持ったプロに任せないと、悲惨なボロ布になって返ってくる可能性があります(´;д;`)ウッ・・

軽い汚れ程度ならドライクリーニングだけで綺麗になるかもしれませんが、汚れの具合などによっては「洗い張り」といっていったん縫い目を全部ほどいて洗い上げる必要が出たりもします。

必ず、着物の専門技術のあるお店に依頼してくださいね。

地元に専門業者がいるかわからない場合は呉服店に相談してみるのもいいです。

ネットで検索すればたくさんのお店がヒットしますし、宅配で受け付けている所もたくさんあります。

ものずごく激安なお店などもありますが、値段をとるか安心をとるか。

大切な着物なら尚更にしっかりお店選びしてくださいね☆

料金はどのくらい?

Rate quoteいわゆるピンキリってやつで、激安店の宣伝なんか見ると惹かれてしまいますが、着物のクリーニングには確かな技術とそれなりの手間が必要です。

値段だけで決める前に、どんな方法でクリーニングするのか確認してからお願いしましょうね。

おおよそ平均的(?)な価格をあげておきます。

・留袖   10,000円 ~ 13,000円
・振袖   10,000円 ~ 17,000円
・訪問着    7,000円 ~ 10,000円
・浴衣     3.000円 ~

あくまで目安ですよ!

また、洋服と違って、着物のクリーニングはとっても時間がかかります。

出来上がりまで1ヶ月以上とかザラです。そこは覚悟してくださいね。

急な入用で「特急仕上げを!」とか無理ですから(ヾノ’д’o)

いつクリーニングに出せばいい?

Kimono Cleaning When一度でも着たら出す!という方もいるし、シーズンごとに出すという方もいます。

どんな風に着物を着るかにもよるんだと思います。

礼装など、次にいつ着るかわからないような場合は、クリーニングに出して綺麗にしてから保管するほうがいいでしょう。

外出着や普段着等、何度も着る場合などは毎回出してられませんよね。

日頃のお手入れをきちんとしていれば、毎回洗う必要はありません。生地も傷みますしね。

脱いだ後すぐにたたまずに、一晩程度風を通してからしまう様にしましょう☆

乾いた清潔なタオルなどでやさしく埃などを落としてあげます。

衣替えなど、季節の変わり目に仕舞い込む前にクリーニングに出すようにするといいと思います。

クリーニングしてから仕舞ったからといって、仕舞いっぱなしはダメですよ!

いざ着ようと思ったら、カビや変色で泣きを見ることになるかも(;゚Д゚)

年に1度~数度は虫干ししてあげましょう。

汚れ具合如何に関わらず、シミがついた場合などはすぐに専門のシミ抜きに出しましょう。素人がさわっちゃダメです!

シミや汚れは古くなればなるほど落としにくくなるものです。

気が付いたらすぐに出すほうがいいと思います(+´゚∀゚`)=b

手間暇かけて永く楽しんで♪

Enjoy Kimono着物って手間暇お金がかかりますよね~・・・

でも、それだけ掛ける味わいってものがあると思います。

普段着にそんな手間かけられるかー!って方は、洗える着物がオススメです。

ポリエステル製で自分で洗えるんです。けっこうお安いのもあるんですよ(゚▽゚)

きちんと保管していれば、親から子、孫へと受け継いでいけるのが着物です。

きちんと取り扱って末永く可愛がってあげてください(o´・ω-)b ネッ




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. loincloth
    大型店の下着売り場や下着専門店などに行くと、色とりどりの実に華やかな下着がこれでもかと並んでいます。…
  2. When is the mountain season of Mt. Fuji
    富士山の山道は通年空いているわけではなく、登れる時期は限られています。もちろん、山開きの時期でな…
  3. Hiragana
    最近はインターネット発展によりメールやSNS文化で、実際に字を書くことが少なくなりました。しかし…
  4. 国歌
    スポーツの国際試合でよく国歌斉唱の場面があります。胸に手を当てて、国を思い、大きな声で歌っていま…
  5. 相撲
    あなたは相撲を見たことがあるでしょうか。裸一つで激しく土俵上をぶつかり合う姿は迫力満点です。…
  6. kendama
    日本人なら、誰でも一度は手にしたことがある「けん玉」。日本の昔ながらのおもちゃですよね^^最…
  7. Sanma Salt-grilled
    天候が少し秋らしくなってきたなぁと思ったら、早くも秋刀魚の焼く香りがしてきましたねッ!早速美味し…
  8. Nanbu Ironware
    日本はもちろん海外でも人気急上昇中の南部鉄器!急須でお茶を飲む日本人のたしなみ、ジャパニーズスタ…
  9. 2018年紅白歌合戦の応募方法は?
    日本の年越しイベントの代表格といえば、紅白歌合戦!そんな恒例行事なら、やはり実際に行って見てみた…
  10. 仏具
    普段、私達が何となく目にし使っている物にも、深い意味や文化があったりする事があります。その代表的…
PAGE TOP