温泉の歴史には欠かせない!? 温泉につかる動物の元祖は〇〇だった!?

温泉に浸かる動物って可愛いですよね。私はあの人間臭い感じがとても好きです。

ところで、温泉につかる動物といえば何を想像しますか? おそらく、猿とかカピバラ辺りですかね。

ですが、実は日本の温泉の歴史を見ると、そのどちらよりも多く登場する動物がいるんです!

そんな、温泉の歴史に最多出演する動物をご紹介していきたいと思います。

これを知ると、温泉の歴史を知るのが楽しくなりますよ!

開湯伝説に登場する多くの動物達

日本の温泉の中で歴史ある温泉というものには、大体、開湯伝説なるものがあります。これがその温泉の歴史を知る上で、1つの手がかりになるんです。

もちろん、伝説ですから純然たる事実ではありません。ただ、その伝説が記された文献の書かれた時期や、文献に記された発見したとされる時期などは、ある程度参考になります。

ちなみに、こんな伝説が語られる背景ですが、温泉が神聖視されていたり、その効能に説得力を持たせるためだったりするそうです。

そんなわけで、開湯伝説には、様々な偉人、聖人、神様が出てきます。

さらに、白い動物なんかも出てきます。これ、別にアルビノとかそういう訳ではありません。神様の使いなど、神秘性を持たせるために白の動物というのはよく使われたんです。

それでどんな動物が出てくるかというと、猿はもちろん、鹿や狼なんかもいます。

そして、そんな中で私が知る限り最も登場する動物が、実は!?サギなんです!

もはや温泉鳥?サギが出てくる開湯伝説

早速、サギが出てくる開湯伝説をご紹介しましょう。

おそらく、その中で最も有名な温泉、道後温泉の例です。

その伝説によると、足に怪我を負った、一羽の白鷺が毎日、岩の間から湧き出てきていた泉に、やって来て浸かっていたそうです。すると、ある日傷が完全に治ったようで、すっかり元気になって飛び立ったとか。

そして、それを見た人々が試しにつかったところ、疲れがとれたり病が治ったりしたことから、それが温泉として広まったという伝説です。

なので、例えば、道後温泉の中心である道後温泉本館には、振鷺閣(しんろかく)といって象徴的な部分があるのですが、そこに飾られる鳥はサギなんです。

そして、この怪我を負ったサギというのが典型的な伝説になります。他にも、例えば、山中温泉下呂温泉などにサギの伝説があります。

なので、逆に「サギ 温泉」などと検索すると、歴史ある温泉に巡り合うことも出来ますよ。

ちなみに、動物がつかれる温泉というのは、つまり自噴しているということなんです。動物たちは自分で穴掘って温泉を掘り当てたりしませんからね。

というわけで、自噴している、割と早い時期に見つけられた温泉にのみ、この手の開湯伝説は残っているという訳なんです。

そもそも、なんでサギ?

猿とかカピバラに、もし「なんで、温泉に入るの?」と聞いたら「温泉って、暖かくて気持ち良いから!」と答えるかもしれません。私には彼らがそう感じているようにしか見えません。

それに対し、サギに聞いたら、彼らは「そこに水があるから」と答えるのではないでしょうか。なぜなら、彼らは水鳥なんですから、聞く方が野暮ってもんでしょう。

つまり、猿やカピバラなんかは学習して温泉に入るのに対し、サギは習性だから入るのです。なので、サギの方が、たまたま温泉に入る可能性が高くなるのでしょう。

ちなみに、サギが怪我をしたから、温泉につかるということは無いとされています。

さらにサギは、水辺でじっと佇んでいたりします。おそらく、この格好を見た、昔の人は、そこが温泉だった場合、つかっているんだと考えたのかもしれません。

実際、コウノトリやツルなどの二本足ですっと立っている鳥にも、この手の伝説はあるのですが、水に浮かんでいるような水鳥の伝説を私は知りません。

そんなわけで、昔の人は親しみも込めて、普段、身近にいるサギなどの動物を伝説に登場させていたのでしょう。そう考えると温泉は、人と自然をつなぐ社交場であったといえるかもしれません。

温泉のもう一つの楽しみ方

・歴史ある温泉には開湯伝説があり、そこには動物が登場することがある。
・登場する動物の中で多いのがサギ。理由はサギの習性と容姿にあった!

今回このようなことをご紹介しましたが、日本には更に多くの温泉にまつわる話があります。

もし、今度、温泉に行かれたら、そういうお話を探すのも良いかもしれません。

意外な動物がその温泉につかったかもしれませんよ?




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. 梅沢富雄_夢芝居
    最近は、バラエティ番組でも人気がある「梅沢富雄」さん。昔は女形として美しく、大変な人気を博しまし…
  2. 竜笛
    龍笛は雅楽に用いられる管楽器で、1300年程前に中国から日本に渡ってきました。それから現代に至る…
  3. exorcism
    何か嫌なことが続いたりすると言われている“厄年”。この年齢になると、普段は全く気にもしなかったの…
  4. Hiroshima bomb
    原爆は大量破壊兵器であり、使われることが二度と有ってはなりません。しかし、その核兵器が、なぜ非人…
  5. 結婚式
    友人や親せきの結婚の日が迫って来て、お呼ばれのドレスやスーツの準備はバッチリ!でも、ご祝儀の準備…
  6. 格言
    「座右の銘」って就職活動の面接や履歴書なんかでよく見かけます。しかし、「座右の銘」について理解で…
  7. 笑い上戸に類語はある?
    日本には、笑う門には福きたるという言葉があります。笑うという動作は、周囲を明るい雰囲気にし、自分…
  8. Ancient writing
    現代の日本語と大きく異なる古典・古文は、「勉強法がわからない…」「何から勉強したら良いのかわ…
  9. Edo clan
    日本のお城って綺麗ですよね。上の画像は福島県の鶴ヶ城です。美しいですね!(゚▽゚)鶴ヶ城といえば…
  10. A plausible plan
    富士山というと、浮世絵だとか色んな所で日本らしいものとして象徴的に描かれることが多い山です。では…
PAGE TOP