Shichigosan Photo

七五三の記念写真を自然体で撮ろう!出張OK!室内だけの写真撮影はもったいない!?

七五三写真の定番と言えば、フォトスタジオでのちょっとおすましした記念写真。

七五三の本人も、そして一緒に写る家族もみんな緊張気味のよそいき顔。

そんな写真も素敵ですが、少し変わった写真が撮りたいと思っているパパママさん!

プロのカメラマンが出張して、撮りたいところで七五三写真が撮れるって知っていましたか?

この記事では七五三の出張撮影について解説していきます☆

子供の成長をより良く鮮明に残したい親御さんは特に必見です!

何気ない仕草を見逃さないプロの技!

ひと昔前までは、屋外での記念写真といえば海外で作るウェディングフォトくらいだったと思います。

ポーズをとる二人、撮影の合間の何気ない表情もカメラマンは見逃さず、何枚もシャッターを切っていたのが印象的でした。

それが最近では、七五三の写真撮影でもフォトスタジオではなく神社や公園など、自分の好きなところで撮影できる出張カメラマンを選ぶ人も増えてきています。

私も鎌倉の鶴岡八幡宮にお参りに行った時、3歳と7歳の姉妹が、七五三のお参りにきたであろう家族の周りを、“撮影”の腕章をつけたカメラマンが写真を撮っている姿を見たことがあります。

3歳の女の子は慣れない着物に疲れたのか、はじめはパパの肩にぐったり顔をのせて不機嫌そうな表情でしたが、次の瞬間!参道に敷き詰められている玉砂利が気になったのか、パパからするり下りてしゃがみこみ、玉砂利遊びをはじめました!

その様子もかわいらしくて、見守る家族の表情もやわらかく、そんな自然体の家族の笑顔を見逃さずにシャッターを切るプロのカメラマンによる一枚。

屋外ならではのこんな七五三写真も本当に素敵だなと思いました。

プロの技が光る!出張撮影の様子

気になる費用は?

Disengagement effect出張写真の気になる費用は、撮影時期や場所、それぞれの店によっても変わってきますが、おおよその相場でCDでのデータ100カット程度の納品で、

・出張費 (場所により3,000円から10,000円)
・撮影料金 (1時間35,000円から60,000円) 

オプションで、データの中から写真を選びフォトブック等に仕上げると、普通の写真館で撮ったのと同じくらいの費用がかかります。

また、フォトスタジオでの撮影であれば、衣装やお化粧などについてもサービスや割引価格でお支度してもらえるところが多いですが、出張の場合は衣装代はもちろん、家族全員のお仕度、着付けを含む代金もプラスとなります。

着物に…着付けに…お化粧に…カメラマンの出張費…。

「一体いくらかかるの!?」と、主婦としては正直怖くなりますが…^^;

子供の晴れの姿ですからね^^ ここは奮発しちゃいましょう!笑

出張撮影の落とし穴!? ガッカリしないための事前準備

Preparationせっかくの七五三写真。費用をかけてこだわってはみたものの、仕上がり結果があまりにも想像、希望通りでなかった場合、素敵な思い出どころか一気に家族の黒歴史となって闇に葬りたくなります。

そんな悲しい結果にならないよう、事前にチェックしたいポイントをご紹介します☆

【出張カメラマンの選び方】

周りに実際出張撮影を経験した知り合いがいればその人から話を聞いたり、インターネットでの口コミやホームページの情報が明確、的確かどうか確認しましょう。

実際に、問い合わせをメールでなく電話で入れてみると、電話口での応対で会社の雰囲気も伝わってくるので判断材料になりますよ^^

この時、天候不良や子供が体調を崩した際に、撮影日を変更できるかどうかの確認をしておきましょう。

【写真のイメージを伝える】

衣装も細かく撮ってほしい、笑顔だけでなく自然な写真も欲しい、所々で記念写真のような集合写真も欲しいなど、具体的なプランを伝えておくのが良いと思います。そして、撮影当日も積極的にカメラマンとコミュニケーションをとって、希望のカットを入れてもらうようにしましょう^^

【撮影前までの気持ちの盛り上げ】

5歳の男の子は手強いです^^; カメラを向けられるとそっぽを向いたり、手で顔が写らないように邪魔したり、不機嫌そうな顔をしてみたり…。

女の子のようにニコニコ応じてくれなくとも、せめて微笑むくらいはしてほしいのが親心w

事前に撮影にかける意気込み、期待、どうしてほしいか、また、お子さんの性格もしっかり伝えて、全面的に協力してもらいましょう☆

当日は家族みんなで主役です!

Family photo準備が整ったら、当日はママもリラックス(^_-)-☆

しっかりおしゃれしてモデル気分で撮影してもらいましょう♫

子供が生まれるとなかなか撮れなくなるパパとのツーショット写真もぜひこの機会に(^^♪

最高の七五三写真は家族の宝物になると思います!




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. 能楽堂の内装
    能楽堂で楽しむ古典芸能、それが「能」と「狂言」です。でも、能と狂言がどう違うのか、正しく答えられ…
  2. 日本茶の歴史
    お茶って、三度のご飯に飲んだり、おやつのお菓子と一緒に飲んだりと、私たちの生活の中に溶け込み過ぎてて…
  3. 京都観光を終えて、いざ帰路につこうと思ったら、おみやげ買ってないとかありませんか?そうでなくても…
  4. Menko
    子どもの集まり等で昔の遊びのめんこをする事になったのですが、遊ぶには当然ですが遊び方(ルール)を知ら…
  5. 鏡開きと鏡割りってどう違うの?
    鏡開きと鏡割りって何が違うの、何で餅と酒の2種類の鏡開きがあるの?確かに、同じ言い方で全く違うも…
  6. 花火 打ち方
    日本の伝統芸能を支える職人はとても格好良いものです。代々受け継がれている伝統や技術を継承し、その…
  7. 浴衣 下駄 種類
    夏のデートの定番と言えば、なんてったって「花火大会」ですよね(≧▽≦)ドーンと豪快な音が響き渡っ…
  8. Traditional crafts gifts
    伝統工芸品をプレゼントするなら普段から使ってもらいたい!だけど、伝統工芸品って現代生活に今ひとつ合っ…
  9. What is the origin of the flower language with plentiful hydrangea?
    あじさいの花言葉は実に沢山あります。良い意味のものから悪いものまで沢山です。何故こんなにも様々な…
  10. 格言
    「座右の銘」って就職活動の面接や履歴書なんかでよく見かけます。しかし、「座右の銘」について理解で…
PAGE TOP