Carp streamers Senior citizens

鯉のぼり制作で高齢者向けなのは?手軽に楽しめる3つをご紹介!

デイサービスなどで行う5月のレクリエーションとして、鯉のぼり制作をする所も多いです。

鯉のぼり制作は、手先の運動になり、表現するものなので感性も刺激するのです。また、季節を感じる昔からの行事なので、昔のことを思い出したりも出来るでしょう!

そこで今回は、鯉のぼり制作の方法の中で気軽に楽しめそうだなと思ったものを3つご紹介します☆

動画付きでご紹介するので、手順が分かりやすいですよ♪

折り紙で作る!

材料は、のりと折り紙、竿の部分になる割り箸やストロー、あとはサインペンなど模様が描けるものです。

ほとんどまとめて売っているものなので、数を揃えるのに手間があまりかからないのがいいですね!

あと、鯉のぼりの折り方自体も簡単そうなものをチョイスしてみました^^

動画では風車部分の紹介もあるので、より鯉のぼりらしい仕上がりにできます。

また、目の書き方を工夫したり、鱗の書き方を工夫することで個性的な鯉のぼりも出来るでしょう。例えば、目を可愛くしてみたり、黒以外の色を使っても良いかもしれません。

さらに、折り紙を柄物に変えれば、もっと面白い鯉のぼりも作れます!特に、和風の柄なんかはよく似合うかもしれません。でも、あえて洋風にするのもありでしょう♪

トイレットペーパーの芯で作る!

材料は、トイレットペーパーの芯、のりと色紙。あとは、ハサミが必要になります。

飾り方は動画では紹介していないのですが、棒につける以外にも工夫次第でいろいろ考えられます。例えば、糸を通して吊るしたり、画用紙に貼り付けたりするのも良いでしょう!

画用紙に貼り付ける方法だと、たくさん作れば沢山の鯉のぼりが泳いで楽しい感じになります♪

ただ、そうするとトイレットペーパーの芯を集めるのが大変なので、事前準備が欠かせません。

でも、本来捨てるはずのトイレットペーパーの芯が再利用できるのはエコですね^^

この方法だと色紙の切り方次第で、非常に様々な模様を作ることができます。なので、いろんな模様を考えながら、楽しく鯉のぼりを作れます。

例えば、単純に波模様だけではなく、動画の最後にあるように花柄も面白くてかわいいです♪

さらに、色紙自体も様々な柄や、ぼかしが入ったようなものなどを使うともっと楽しくなりますよ^^

ちりめんで作る!

材料は、各種ちりめん、型紙に使う紙、両面テープ、縁取りに使う紐になります。

あとは、道具としてはハサミがだけです。つまり、縫わなくても良いんです!

上の2つよりかは少し難しくなりますが、縫わないので割りかし簡単にできるでしょう。

やはり布でできていることも有って、完成度が高いものが出来上がります。ちりめんを使って作っていることもあり、和風の感じがよく出るのです。布を工夫すれば様々な柄の鯉のぼりが出来るでしょう!

鱗っぽくない柄でも、ちりめん自体しわしわした生地なので上手く馴染みます。

やはりちりめんの素材感が、この鯉のぼり小物の特徴を決める大事なポイントです。

フェルトなんかで作っても、もこもこした可愛らしい鯉のぼりになるでしょう♪

つまり、布のチョイス次第で個性を光らせられる鯉のぼりになります^^

個人的に、ちりめんやフェルトなど、厚めで質感が特徴的な布が良いかと思います。

いちばん大切なことは?

このようなものに作る時に大切なのは、自分なりに表現しようとすることです。

様々な創意工夫をしたり、遊び心を持ったり、そうしたことが表現することには大切になります!

今回紹介した、折り紙やトイレットペーパーの芯、ちりめんは、いずれも創意工夫ができます。また、遊び心を加えればより面白い鯉のぼりを作ることも可能です。

ただ、そんなに難しく考える必要はありません。つまるところ、楽しめればよいのです♪^^

そうやって楽しい思い出になったほうが、より昔の楽しい記憶も蘇りやすくなるでしょう。

ぜひ気軽に楽しみながら、鯉のぼり制作をしてみてください♪




道案内


人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. edo-period-map
    江戸時代の地図って、今と比べるとずいぶんと適当で不正確に感じられます。では、そんな地図しか無い中…
  2. National treasure
    天守閣が国宝の城は、やはり魅力的なところが多々あります。なにせ当時のもので残っているものが、結構…
  3. 夏のお祭りや花火大会では浴衣姿の人が大勢いますね。やはり女性が多いですが、男性の浴衣もよく見られ…
  4. Hot water bottle Coldness
    ご存知ですか? 日本人の8割以上が冷え性で悩んでいます。女性は8割、男性も意外と多く4割が「自分は冷…
  5. What is the origin of the flower language with plentiful hydrangea?
    あじさいの花言葉は実に沢山あります。良い意味のものから悪いものまで沢山です。何故こんなにも様々な…
  6. 夏といえばアウトドア、子供たちとたくさんの思い出を作りたいですよね^^また暑いので、涼める川辺な…
  7. 歌舞伎のチケットの取り方
    歌舞伎は今や人気の古典芸能の一つとなり、演目や出演者によってはチケットが取れない事もあります。落…
  8. 日舞 演目 人気
    日本舞踊を見てみたい♪って思っても、日舞に縁もゆかりもない人にとっては何処から何を観ればいいんだか分…
  9. かまくらと子どもたち
    冬を連想させる物のひとつに「かまくら」があります。白くて丸くて可愛らしい形をしていて、中に入るこ…
  10. 伝統工芸の彫金はどんな技法?
    伝統工芸には様々な種類があり、その技法もまた実に多様です!その技法の中の1つに、彫金と呼ばれるも…

カテゴリー

ブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

温泉探し



PAGE TOP