蝉時雨とは?

蝉時雨の意味って知ってる?その前に時雨ってどう読むの?そんな素朴な疑問を解決します!

ミーンミーン。

ジージー。

ツクツクホーシ、ツクツクホーシ。

カナカナカナ・・・。

朝から蝉の鳴き声が聞こえると、今日も暑くなるかなぁと気温を気にする昨今。

蝉はカブトムシやクワガタに並ぶ、虫取り少年たちに人気の昆虫です。

蝉時雨は大人にとっては少々うるさく感じるかもしれませんが、蝉にとっては大事な音。

おや? 蝉時雨って何?
時雨って、なんと読むの?

という方もいらっしゃいますね☆

では、今回は、蝉時雨の意味や読み方などをご紹介しましょう!

虫が苦手な方のために、なるべくイラストでご紹介しますね。

時雨って何?

時雨って何?時雨と書いて「しぐれ」と読みます。

時雨(しぐれ)は、秋から冬にかけてパラパラと降る通り雨のことを言います。

地域によっては天気雨と呼ぶことも。

そのほか、涙ぐむ、涙を落とすという意味にも用いられます。

料理には「時雨煮」という言葉がありますが、これには

・時雨が降る時期にハマグリが美味しくなる

・さまざまな味が口の中に広がる様子を、一時的に降る時雨にみたてた

が由来といわれています。

ハマグリの時雨煮が有名ですが、アサリやシジミなど、貝類を使った時雨煮もありますよ。

また、大根おろしや紅葉卸(人参をすりおろしたもの)を入れる「しぐれ鍋」もあります。

こちらは時雨という言葉より「みぞれ」という言葉がよく使われますね。

蝉時雨とは?

蝉時雨の意味って知っていますか蝉時雨(せみしぐれ)は夏の季語で、蝉が一斉に鳴く様子を表しています。

筆者も蝉時雨に遭遇した体験がありますが、耳をつんざくほどの大音量でした!

樹木が並ぶ駐車場で、車を降りた瞬間、蝉がミンミン鳴く音がして思わず耳を塞ぎました。

まさに蝉の鳴き声が、雨のしずくのように降り注ぐイメージです。

蝉時雨には種類がある?

蝉時雨には種類がある?蝉は種類によって、活動の時間が異なります。

ツクツクホウシとアブラゼミは、朝方と午後。クマゼミとニイニイゼミは午前中。ヒグラシは朝方か夕方といった具合です。

炎天下にミーンミーンと激しく主張するのは、鳴き声のとおり「ミンミンゼミ」です。

一匹でも近くにいると、大音量に感じる鳴き声なので、蝉時雨の激しさはゲリラ豪雨並み。

アブラゼミにミンミンゼミが混ざると、もはや蝉時雨というより蝉みぞれかも。

暑い一日が終わりを迎える夕刻になると、ヒグラシのカナカナカナ・・・という鳴き声が聞こえてきます。

蝉時雨を構成する蝉の種類

蝉時雨を構成する蝉の種類蝉時雨といってもヒグラシの優しい鳴き声と、日中にミンミン、ジージー鳴く声では差がありますね☆

具体的には、どんな蝉が時雨を構成しているのかご紹介しますね。

・ミンミンゼミ・・・ミーン、ミンミンミーィ

・ツクツクボウシ・・・ツクツクホーシ、ツクツクホーシ

・アブラゼミ・・・ジー、ジリジリジー

・クマゼミ・・・シャンシャンシャンシャン

・ニイニイゼミ・・・チー

・ヒグラシ・・・カナカナカナ

1週間ほどのわずかな期間、精一杯の力を振り絞って鳴く蝉たち。

ヒグラシの鳴く声は、夏の夕方に聞くと何となく涼を感じることがあります。

暑い夏も蝉時雨を聞いて楽しく過ごせたらいいですね。

こちらのサイトでは、蝉の鳴き声と姿を確認できますよ☆

ただし、大音量にはご注意を!

 → 蝉の画像と鳴き声

時雨を使った言葉

時雨を使った言葉蝉以外に、時雨という言葉がつくものを調べたところ、料理以外に「虫時雨(むししぐれ)」があります。

多くの虫が一斉に鳴く様子を、雨音に例えた言葉です。

虫時雨は秋の季語で、鈴虫やコオロギの大合唱をイメージさせます。

京都にある「鈴虫寺」では、多くの鈴虫を飼育しており、通年多くの参拝者で賑わいます。

お茶とお菓子をいただきながら、説法を聞きつつ、鈴虫の虫時雨も体験できる場所です。

カエルは虫時雨とは言わない

虫時雨は秋の季語なので、カエルの大合唱は、虫時雨とは呼ばないようです。

カエルが合唱をするのは、梅雨時期。

でも、「蛙時雨」と漢字で書くと、辞典に載っていそうな気がしますね(笑)

鳥時雨もない

同じように、大合唱を奏でるカラスやムクドリの群れ。

しかし、鳥類もまた時雨とは言いません。

時雨が「秋」の通り雨を表す言葉なので、通年鳴いているものは対象外かもしれませんね。

時雨をタイトルに持つ歌は多い

時雨をタイトルに持つ歌は多い時雨という言葉を魅力的に感じるアーティストは多いようです。

一例をご紹介しますと、

・夏時雨・・・THE ALFEE

・凛として時雨・・・TK(TV 東京喰種-トーキョーグール- OP「unravel」)

・桜時雨・・・都 はるみ

演歌は他にも「しぐれ舟」「しぐれ坂」「しぐれの酒場」「面影しぐれ」「片時雨」・・・。

時雨と名の付く作品は多いので、ぜひ探してみてくださいね♪

ちなみに映画では「時雨の記」という作品がありますよ。

蝉時雨と秋の訪れ

蝉時雨と秋の訪れいつまでも暑いなあと思っても、9月に入ると少しずつ肌寒さを感じ始める地域も。

蝉時雨から虫時雨にバトンタッチされる頃には、長袖の準備が必要になります。

○○時雨と名づけるところも、日本らしい文化ですね。

蝉時雨、虫時雨に気づいたら、ぜひ耳を傾けてみてください☆




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. 格言
    「座右の銘」って就職活動の面接や履歴書なんかでよく見かけます。しかし、「座右の銘」について理解で…
  2. 千歳飴と草履
    千歳飴と金太郎飴の違いって何でしょう?よく考えるとわかるようなわからないような。そこで今回は…
  3. hana1
    最近、お花を誰かからも貰ったり、自分で購入したりしましたか?私自身、お花を貰ったのは友達の結婚式…
  4. 日帰り温泉だけど、温泉がメインで観光はそれほど考えていないとか、自分は温泉に行きたいけど、家族が乗り…
  5. Bamboo basket
    古くから日本のみならず世界中で愛されている竹製品。日用品やインテリアなどにも竹が使われ、外観だけ…
  6. 今や、アニメや家電、料理にいたるまで、海外では日本文化が大人気!日本に来られた外国人は、こぞって…
  7. おしるこ
    寒い時には暖かい「おしるこ」が飲みたくなりますよね。自販機にて買う、あったかい「おしるこ」はエネ…
  8. 紙幣に人物が描かれるようになった時期と理由
    ある日、筆者が行きつけの喫茶店で、支払いをした時のお話です。「旧一万円札はご利用できません」とい…
  9. Kimono bag
    現代日本の一般人には、そう正装する機会なんて無いものですが、そんな一般人にも比較的訪れる正装の機会が…
  10. What is the manner and necessity of reply of hot summer greetings?
    自分は出していない相手から暑中見舞いが届いたら焦りますよね^^;返事はどうすればよいとか、いつま…
PAGE TOP