着物初心者さん必見!絶対に知っておきたい着物の種類と使い分け

一口に着物と言っても色々な種類がありますよね。

着慣れていないと中々把握できないものだと思います。

洋服と同じように和装にもTPOに合わせた種類があるんです。

チョイスを間違えると場違いで恥かしい思いをするハメに…!

手持ちの着物はどんな場面で着られるの?
結婚式に着て行くならどれが正解?

日本人なら知っておきたい(日本人じゃなくても知って欲しい!)着物の種類と使い分けについてざっくりまとめてみました。

まずは種別が多くて厄介な女性用についてです。男性用は後の方にまとめます。

礼装着(第一礼装)

特別な時や公的な儀式の際に着るものです。

【打掛】

白無垢、色打掛など、花嫁衣裳などで一番上に羽織っている着物です。まさに豪華絢爛!

【黒紋付】

黒一色の無地に五つ紋を入れた着物で、いわゆる「喪服」です。お葬式にしか出番が無さそうですが、実は未既婚を問わない最高礼装です。格式の高い華やかな帯と合わせて慶事に、黒共帯で弔事にと、どちらにも着用することができます。

【黒留袖】

黒地に華やかな裾模様の着物です。既婚女性のお祝い用で、主に結婚式で新郎新婦の母や親族が着用します。

【本振袖】

袖が長く華やかな絵羽模様(縫い目にまたがり続く模様)の着物で、未婚女性が着用します。(袖の長さが114~124センチのものが本振袖となります)成人式や結婚式で着用されます。花嫁衣裳にも。

略礼装着(準礼装着)

礼装着に次ぐ格の着物です。入学式や結婚披露宴、初釜(年初めの茶会)などに着用します。

【色留袖】

黒以外の地色の裾模様の着物です。未既婚を問わず礼装、準礼装として着用します。結婚式では親族や姉妹に、正式なパーティーや初釜など。振袖がキツくなった独身女性はこちら!(笑)

【訪問着】

華やかな絵羽模様の着物です。尤も汎用性がありますが、TPOに応じて色柄を吟味しましょう。結婚式や正式なお茶会には一つ紋が相応しいです。

【振袖】

未婚女性の礼装着です。中振袖、小振袖とありますが、袖が短くなるほどカジュアルになります。茶会や気軽なパーティーに。

【色無地】

地紋のある生地を黒以外に染めた柄の無い着物です。一つ紋を付ければ略礼装ですが、紋が無いと格下の外出着になります。

【江戸小紋の紋付】

白地に細かい柄を染めている着物です。格のある柄で紋が付いていれば略礼装になります。

外出着

お手軽に楽しめる汎用性の高い着物です。着物生活入門にはこちらがオススメ。

【付け下げ】

絵羽付けを簡略化した着物です。柄が全て上向きになっています。縫い目に柄が渡らないので、訪問着より軽い外出着とみなされます。

【小紋】

全体に模様のある型染めの着物です。模様の格によって着用する場面を使い分けます。

【紬(つむぎ)】

普段着ですが、高級なものや絵羽模様を染めたものは外出着とされます。

男性の着物の種類について

男性用は種類が少ないです!(笑)

女性用の様な柄物とか着ないですもんね。

【礼装着】

・黒羽二重五つ紋付
年齢に関係なく、男性の礼装は五つ紋付に羽織・袴です。結婚式の花婿、仲人などが着用します。

・色紋付
黒以外の色で紋を染め抜いた着物で、礼装や略礼装などとして着用します。紋の入っている数や地色、素材によって用途が変わり、結婚式の花婿さんは五つ紋になります。

【略礼装着】

・お召一つ紋付(おめしひとつもんつき)
お召・紬の無地に三つ紋・一つ紋を付けると、女性の色無地紋付・訪問着と同格の略礼装となります。 結婚式等の招待客の場合や、改まった訪問や外出の際に着用します。

【外出着】

・紬
礼装着ではないので紋付でなくてもよく、袴を着ずに着流しでもOKです。改まった場面では袴を着用しましょう。外出の時には羽織を着用します。

・ウール
街着、普段着として気軽に着用できる着物です。手入れが簡単で初心者にもオススメです。

・上布
夏向けの涼しい素材の着物です。

まとめ

代表的な種類について紹介しましたが、上記以外にも様々な種類があります。

なんだかいっぱいあって混乱してしまいそうですね^^

とりあえず礼装と普段着の区別に気を付ければ大丈夫です。

日本文化が見直されている昨今、着物人口も再び増えています。

フォーマルな場面だけでなく、小紋や紬など普段着から着物に親しんでみてはいかがでしょうか。




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. 突然ですが、問題です!笑日本人のソウルフードと言えばお味噌!さて、その味噌はいつから使われていた…
  2. kimono-remake
    祖父母や親から譲り受けたり、若い頃に買ったけどそれっきりだったり、着ない着物ってあったりしますよね!…
  3. juggling bags game
    遠い昔、母がお手玉を披露してくれたことがありました。その時のお手玉の感触は…サクサク? ジャラジ…
  4. Nara tourism
    奈良県といえば「鹿」に「大仏」!「修学旅行で行きました」という方も多いハズ。しかし、奈良の魅力は…
  5. Rock Festival
    夏だ、フェスだ、ロックフェスだ!!!この暑さをスカッと飛ばす、夏フェスの時期ですね☆世界のフ…
  6. hikyaku speed
    江戸時代の飛脚というと、棒の先に箱をくくりつけたものを担いで、すごく速いイメージがあります。しか…
  7. 日帰り温泉だけど、温泉がメインで観光は、それほど考えていないとか、自分は温泉に行きたいけど、家族が乗…
  8. 細かい作業をすることの苦手な私が簡単に作ることの出来た竹とんぼの作り方と遊び方を紹介します!親戚…
  9. 日本には伝統的なおもちゃがいっぱいあります。特にお正月には、凧、かるた、羽根つき、コマ回しなどな…
  10. Where did the etymology of the rainy season come from?
    梅雨の季節になると、ジメジメして嫌な気分になりますよね。では、何故そんな雨の時期を「梅の雨」と書…

カテゴリー

ブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

温泉探し




PAGE TOP