知らないと恥ずかしい!?着物の種類と使い分け!着物初心者さん必見です!

一口に着物と言っても色々な種類がありますよね。

着慣れていないと中々把握できないものだと思います。

洋服と同じように和装にもTPOに合わせた種類があるんです。

チョイスを間違えると場違いで恥かしい思いをするハメに…!

手持ちの着物はどんな場面で着られるの?
結婚式に着て行くならどれが正解?

日本人なら知っておきたい(日本人じゃなくても知って欲しい!)着物の種類と使い分けについてざっくりまとめてみました。

まずは種別が多くて厄介な女性用についてです。男性用は後の方にまとめます。

礼装着(第一礼装)

特別な時や公的な儀式の際に着るものです。

【打掛】

白無垢、色打掛など、花嫁衣裳などで一番上に羽織っている着物です。まさに豪華絢爛!

【黒紋付】

黒一色の無地に五つ紋を入れた着物で、いわゆる「喪服」です。お葬式にしか出番が無さそうですが、実は未既婚を問わない最高礼装です。格式の高い華やかな帯と合わせて慶事に、黒共帯で弔事にと、どちらにも着用することができます。

【黒留袖】

黒地に華やかな裾模様の着物です。既婚女性のお祝い用で、主に結婚式で新郎新婦の母や親族が着用します。

【本振袖】

袖が長く華やかな絵羽模様(縫い目にまたがり続く模様)の着物で、未婚女性が着用します。(袖の長さが114~124センチのものが本振袖となります)成人式や結婚式で着用されます。花嫁衣裳にも。

略礼装着(準礼装着)

礼装着に次ぐ格の着物です。入学式や結婚披露宴、初釜(年初めの茶会)などに着用します。

【色留袖】

黒以外の地色の裾模様の着物です。未既婚を問わず礼装、準礼装として着用します。結婚式では親族や姉妹に、正式なパーティーや初釜など。振袖がキツくなった独身女性はこちら!(笑)

【訪問着】

華やかな絵羽模様の着物です。尤も汎用性がありますが、TPOに応じて色柄を吟味しましょう。結婚式や正式なお茶会には一つ紋が相応しいです。

【振袖】

未婚女性の礼装着です。中振袖、小振袖とありますが、袖が短くなるほどカジュアルになります。茶会や気軽なパーティーに。

【色無地】

地紋のある生地を黒以外に染めた柄の無い着物です。一つ紋を付ければ略礼装ですが、紋が無いと格下の外出着になります。

【江戸小紋の紋付】

白地に細かい柄を染めている着物です。格のある柄で紋が付いていれば略礼装になります。

外出着

お手軽に楽しめる汎用性の高い着物です。着物生活入門にはこちらがオススメ。

【付け下げ】

絵羽付けを簡略化した着物です。柄が全て上向きになっています。縫い目に柄が渡らないので、訪問着より軽い外出着とみなされます。

【小紋】

全体に模様のある型染めの着物です。模様の格によって着用する場面を使い分けます。

【紬(つむぎ)】

普段着ですが、高級なものや絵羽模様を染めたものは外出着とされます。

男性の着物の種類について

男性用は種類が少ないです!(笑)

女性用の様な柄物とか着ないですもんね。

【礼装着】

・黒羽二重五つ紋付
年齢に関係なく、男性の礼装は五つ紋付に羽織・袴です。結婚式の花婿、仲人などが着用します。

・色紋付
黒以外の色で紋を染め抜いた着物で、礼装や略礼装などとして着用します。紋の入っている数や地色、素材によって用途が変わり、結婚式の花婿さんは五つ紋になります。

【略礼装着】

・お召一つ紋付(おめしひとつもんつき)
お召・紬の無地に三つ紋・一つ紋を付けると、女性の色無地紋付・訪問着と同格の略礼装となります。 結婚式等の招待客の場合や、改まった訪問や外出の際に着用します。

【外出着】

・紬
礼装着ではないので紋付でなくてもよく、袴を着ずに着流しでもOKです。改まった場面では袴を着用しましょう。外出の時には羽織を着用します。

・ウール
街着、普段着として気軽に着用できる着物です。手入れが簡単で初心者にもオススメです。

・上布
夏向けの涼しい素材の着物です。

まとめ

代表的な種類について紹介しましたが、上記以外にも様々な種類があります。

なんだかいっぱいあって混乱してしまいそうですね^^

とりあえず礼装と普段着の区別に気を付ければ大丈夫です。

日本文化が見直されている昨今、着物人口も再び増えています。

フォーマルな場面だけでなく、小紋や紬など普段着から着物に親しんでみてはいかがでしょうか。




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. 終活中のお墓選び
    終活中に悩んでしまう項目のひとつがお墓選び。先祖代々のお墓に入る、自分たちの代のお墓を建てる、中…
  2. アッツーーーイ夏がやってきました。海にかき氷にビールに……そして、何より忘れてはならないのは花火…
  3. hina-matsuri-food
    3月3日は、ひな祭り♡ 女の子の誕生を祝い、その成長と幸せを願う日本の伝統行事の一つです。日本に…
  4. Rechargeable Hot water bottle
    寒~い季節のお布団の中、冷えるオフィス、お子さんの勉強机…あなたは、どのように対処されていますか?エ…
  5. バレー1
    「東洋の魔女」という言葉を聞いて、女子バレーボールを連想する人はそんなに多くないかもしれません。…
  6. Shichigosan Photo
    七五三写真の定番と言えば、フォトスタジオでのちょっとおすましした記念写真。七五三の本人も、そして…
  7. 七福神の石像
    日本は古来より神の国として知られています。全ての物に神が宿るとされる、八百万(やおよろず)の神の…
  8. 日帰り温泉だけど、温泉がメインで観光はそれほど考えていないとか、自分は温泉に行きたいけど、家族が乗り…
  9. 田植え 格好
    農作業を体験できる経験は中々できるものではありません。地域や農作業の種類によるところもありますが…
  10. 最近、何となく寺社仏閣と言っていたことがあって、後から「あれ、神社仏閣の方が良かったっけ?」と思った…
PAGE TOP