浴衣デビューしたいメンズ必読! 粋な浴衣男子になる失敗しない選び方と着こなし方!

夏のお祭りや花火大会では浴衣姿の人が大勢いますね。

やはり女性が多いですが、男性の浴衣もよく見られるようになりました。

浴衣の男子いいですよね! 色気があります(ノω`*)

着てみたいけど、どこで買えばいいの? どうやって着るの?

二の足を踏んでいた男子ももう大丈夫(`・ω・´)b

素敵な浴衣メンズを量産すべく、男の浴衣について色々とまとめてみました☆

浴衣の選び方

選ぶ基準はサイズ色柄です。

仕立てなら体にあわせて作ってくれるので問題はないのですが、既製品を買うならサイズ選びは重要です。

身丈は大体「身長-26.5cm」が基準となります。なかなかピッタリなものはないかもしれませんが、近いサイズを選ぶようにしましょう。

浴衣の丈は踝の真ん中あたりを目安にします。短すぎると子供っぽくなりますし、長すぎるとだらしない感じになります。どうしても合わなければ長めのものを裾上げなどして対応しましょう。

普通体形の方は身丈だけ気にしていれば大体大丈夫ですが、長身の方や横幅の大きい方は注意が必要です。

既製品だと、大きなサイズになると丈も幅も大きくできていることが多いので、長身の人が身長にあわせると、横幅が余ってしまうかもしれません。

あまり横幅が大きすぎても綺麗に着付けられないので、規格外な体形の方はお直しに出すか仕立てるしかないでしょう(´・ω・`)

中には長身向けに仕立てたものもあるので、探してみるといいかも☆

横幅の大きい人はLサイズで、大体腹周り95~100cmまで対応できます。

店舗で探すとそれ以上はなかなか無いかもしれません。

ネットなどで探せばもっと大きいサイズもありますが、やはり数は少ないですね…。

どうしても合わない場合は、もう仕立てちゃいましょう!

セット売りのものなどは難しいかもしれませんが、できればちゃんと試着をして体にフィットする物を選びたいですね。

次に色柄ですが、これはもう好みと言うしかないんですが、あまり奇をてらった柄物などは悪目立ちしますし、女子もドン引きですw

むしろ無難な紺や黒、灰色など渋いデザインが男の色気を倍増させてくれると思います。

特に浴衣初心者は無難な色味を選ぶほうが良いでしょう(o´・ω-)b 

浴衣の下着

本来浴衣は湯上りに着るものですから肌着はいらないんです。

しかし、外出着の浴衣ならばきちんと肌着を着たほうがいいでしょう。大体が夏の暑い時期に着ますしね。汗から浴衣を守るためにも、また汗染みで見た目が残念なことにならないためにも、きちんと着ましょう!

上半身はそれ用の肌襦袢かVネックのTシャツなどを着ましょう。

浴衣メンズの色気の要はVゾーンの露出です。チラ見える鎖骨です。断言します!

そこに下着が見えているとちょっとガッカリです…(◞‸◟ㆀ)

Tシャツならば首元のVが深いものなど用意しましょう(`・ω・´)

下半身はパンツだけでも悪くはないですが、できればステテコを履いた方がいいでしょう。

男性の下半身のチラリズムはあまり好まれません(艸д゚*)

浴衣の着付け

女性に比べて男性の浴衣は着付けがほんと簡単!

ぜひ自分でやってみて下さい! 羽織って撒いておしまいですから( ≧▽≦)b 

男性の浴衣の着付けをわかりやすく説明している動画を紹介します☆

上記の動画では帯を「貝ノ口」にしていましたが、「片ばさみ」「浪人結び」など、他にも色々ありますので、お好みお結び方を探してみてください^^

私的イチオシの浪人結びを紹介しておきますね(*ノзノ*)

着方、帯の結び方を覚えていたほうが、万一着崩れた時などに安心ですよ(´∀`)

小物もコーディネート

どうせなら小物も粋にコーディネートしましょう!

せっかく素敵にキメても、手にしているのが普通のバッグだとちょっと残念です。

【信玄袋】

浴衣に是非あわせて持ってほしいのが「信玄袋」です。

小さな巾着袋なんですけどね。明治中期から流行ったものだそうで、浴衣にはバッチリです!

ここで信玄袋の注意点を二つほど。

まず荷物を入れ過ぎない事!

巾着がパンパンだとカッコワルイです(´;д;`)

お荷物は最小限にしましょう。

もうひとつは、袋のひもは結んで持ちましょう!

だらーっと長いままでは粋じゃありません。

難しい結び方はありませんので、下記の説明など参考にやってみて下さい☆
 ⇨http://dash-dash-dash.jp/archives/1386.html

【履物】

浴衣ならば素足に下駄雪駄になります。

下駄も素敵ですが、履きなれない方や長時間歩く方は雪駄のほうが楽だと思います。

どちらにしても、鼻緒の履物って慣れないと指の股がしんどいんですよね。

日頃から慣らしておければ良いんでしょうが、そうもできない場合には絆創膏を持っておくといいですよ^^

【扇子】

セット売りの浴衣には扇子が付属しているものも結構ありますね。

扇子は手提げにしまわずに、カッコ良く帯に挟んでおきましょう(`・ω・´)b

【さらにトコトンこだわるなら】

お財布は「道中財布」にしてみるとか。

江戸時代から使われる布製のお財布です。カード類がいっぱいな現代では使いにくいかもしれませんが、すっごくお洒落ですよ!

あと、ハンカチを「手拭い」にしてみるのも(・∀・)イイ!!

手拭いは個人的にはとてもオススメです。吸水性もいいですし色々お役立ちですよ☆

浴衣で夏を楽しもう♪

浴衣は本来くつろぎ着です。構えずに気楽に着てみてください♪

とりあえず、セット売りの安価なもので試してみて、そこで日本男児の心に目覚めたら、じっくりお気に入りを探してみるのが良いと思います^^

まずは着てみる! そして楽しむ! 

粋な浴衣メンズになって日本の夏を堪能してください(`・ω・´)ゞ




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. Where did the etymology of the rainy season come from?
    梅雨の季節になると、ジメジメして嫌な気分になりますよね。では、何故そんな雨の時期を「梅の雨」と書…
  2. traditional culture
    伝統芸能というと、能や歌舞伎、文楽などを思い浮かべる方が多いかと思います。伝統芸能を志す人も、そ…
  3. 伝統工芸というと、どのようなイメージを持たれるでしょうか?古臭い、衰退中、あまり景気のいい話は出…
  4. “お盆”と“お彼岸” どちらもその言葉を聞くと思い浮かぶのは、スイカやそうめん、おはぎにぼたもち、す…
  5. koyomi
    毎日何気なく目にしている暦、カレンダー。でも細かく見てみると、月日、曜日を確認することはもちろん…
  6. 成人式で着たっきりの振袖、親や祖父祖母からもらった着物、遺品整理したら出てきた着物、持っていても着な…
  7. hot-water-bottle-cover
    昔から寒い冬のお布団に欠かせないものといえば湯たんぽ!近頃では、お湯を沸かさなくてもいいものや便…
  8. calendar
    カレンダーを見ていると、大安、仏滅、友引…などと小さく書かれていることに気がつきます。これは六曜…
  9. tea ceremony tool
    お茶席に出てくる道具類には実におびただしい種類の道具があります。掛け物や花入れのなど床飾りの道具…
  10. Take dragonfly
    夏休みの自由課題。義務教育を受けていた頃は何をしたら良いかと、私は毎度悩んでいました・・・。夏休…

カテゴリー

ブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

温泉探し




PAGE TOP