盛り塩の捨て方

盛り塩の捨て方とルールについて驚きの実態を解説します!

家の厄除けや、商売繁盛の縁起のために置く盛り塩

風水でも、盛り塩の効果や置く場所などが紹介されますね♪

いざ盛り塩を置いてみたものの、捨て方がわからないという方はいませんか?

今回は盛り塩の捨て方について解説しますので、ぜひ参考になさってください。

盛り塩って捨てていいの?

盛り塩って捨てていいの?盛り塩は、厄除けや、集客万来の縁起物として置くものです。

・バチがあたるのは怖いから、神社に持っていく?
・そもそも盛り塩って捨てていいの?
・自然に還すために、地面に撒いたらいいのかな?

など、人の考え方はまさに十人十色で、盛り塩の捨て方ひとつとっても考えてしまいますね。

盛り塩を捨てるときは、交換するとき。

捨て方の前に、盛り塩の交換タイミングをおさらいしましょう!

なお、「盛り塩って何?」という方は、以下の記事も参考になさってくださいね。

盛り塩の交換タイミングは?

盛り塩の交換タイミングは?盛り塩を交換するタイミングは、一般的に1日15日と言われています。

月に2回ほどですね。

ただし「キッチンに置いた盛り塩が油を吸って汚れた」「お風呂でシケった」

など、汚れたり、黒ずんだり、効果がないと感じたら、新しい盛り塩と交換しましょう。

盛り塩を自宅で捨てる場合

盛り塩を自宅で捨てる場合盛り塩を捨てるときは、盛り塩を置いた場所で処分するのがよいとされています。

とはいえ、トイレに置いた盛り塩をトイレに流すのは気がひけますよね。

お風呂に置いた盛り塩は、掃除やソルトマッサージに使っちゃおう!などと考えたり・・・。

ちょっと待ったーーーっ!!

使用後の盛り塩は、他のことに使用しないよう注意してください。

使用した盛り塩は、見た目の変化がなくても「厄除け」というお役目を果たしています。

悪い気を吸収した盛り塩は、半紙などに包んで感謝をしたあと、ゴミとして捨てましょう。

盛り塩はキッチンに捨てていい?

盛り塩はキッチンに捨てていい?本やメディアによっては「盛り塩はキッチンで洗い流してもOK」と書かれている場合もあります。

・・・が。

塩はサビなどの要因にもなります。

海沿いや雪国の車はサビやすいと聞いたことはありませんか?

これは、海水に含まれる塩分や、融雪剤に含まれる塩分によってサビが発生するんです。

盛り塩に使う塩の量は、料理と比較すると大量ですよね。

できればキッチンに流さず、可燃物として処分しましょう。

盛り塩を他のことに使うのはアリ?

盛り塩を他のことに使うのはアリ?先述したとおり、盛り塩はすでに「悪い気を吸収」し、役目を終えたものです。

悪い気を吸収した塩を、料理やマッサージに使うと体内に悪い気を取り込むことになります。

また、自然に還す意味で外に撒くのもおすすめできません。

自然界に塩害を与えないためです。

捨てずに食べる場合もあるの???

捨てずに食べる場合もあるの???先ほど、悪い気を取り込まないために、交換後の盛り塩は他の利用を控えるようご紹介しました。

実は食べてよい場合もあります。

え???言ってること矛盾してない??

と思われるでしょう。

食してよい盛り塩は「お供え塩」といって、神様にお供えした塩のことです。

仏教の考え方では、盛り塩は厄除け、厄払いの意味があり、交換後は処分します。

一方、神道には「神人共食」という考え方があり、お供えした後でいただくものもあります。

お米やお酒なども神人共食の考えに基づき、下げたあとにいただきますね♪

盛り塩の捨て方に厳密なルールはない

盛り塩の捨て方に厳密なルールはない盛り塩の捨て方に決まったルールはありません。

しかし、目には見えなくても悪い気を吸収し、厄払いをしてくれた塩です。

守ってくれてありがとうという感謝を心の中で言い、紙に包んでゴミとして処分しましょう。

処分に使う紙も、特にルールはありませんが、気になる方は清潔な紙を用意しましょう。


盛り塩の捨て方あれこれ

盛り塩の捨て方あれこれ盛り塩の捨て方に厳密なルールがないので「難しく考えない」が現在の主流です。

ゆえに、

・キッチンやトイレ、お風呂で流す
・生ごみと混ぜて捨てる
・海や川に流す
・土に埋める
・火で燃やす

など、さまざまな方法が紹介されています。

火で燃やすのは、お住いの地域の条例に基づいて行ってください。

海や川に流すのは、生態系に影響を及ぼす可能性もあるので、気になる方は避けましょう。

浄化槽をご利用のご家庭では、キッチンやトイレ、お風呂に流すのはおすすめできません。

土に埋めるのは、塩害により植物の根を枯らしてしまう場合があります。

生ごみに混ぜて捨てるのは、穢れと共に処分できるという説があります。

ご自分に合った方法で、一番手軽にできる捨て方を選択するのがいいですね♪

塩は吸湿効果もある

塩は吸湿効果もある盛り塩を置く場所によっては、水分を吸収し、しっとりとした状態になることも。

塩には吸湿効果があるため、湿気が多い場所に置くと湿った塩になることがあります。

中には器に水がたまるという人もいるほどです。

このような場合は、フライパンで塩を炒って水分を飛ばす方法もあります。

置いたばかりなのに…と諦めず、置く場所を変えたり、湿度計で湿度を計るものおすすめです。

盛り塩を捨てる時は感謝の心で

盛り塩を捨てる時は感謝の心で月に2回とはいえ、あっという間に月日が過ぎると感じる昨今。

現代人はとかく忙しい方が多いです。

一番大切なのは「守ってくれてありがとう」という感謝の心。

日本にはどんなものにも神が宿るという、八百万の神という考え方があります。

盛り塩は、正しい置き方と捨て方を理解して、効果的に使いましょう♪




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. バレー1
    「東洋の魔女」という言葉を聞いて、女子バレーボールを連想する人はそんなに多くないかもしれません。…
  2. ふと疑問に思ったことはありませんか?「生け花(教室)」「華道(部)」「活け花(展)」「花道」「挿…
  3. Nara tourism
    奈良県といえば「鹿」に「大仏」!「修学旅行で行きました」という方も多いハズ。しかし、奈良の魅力は…
  4. 相撲
    相撲といえば、土俵側のせめぎ合いと激しい技の掛け合いが醍醐味です。決着ついた後には館内アナウンス…
  5. traditional culture
    伝統芸能というと、能や歌舞伎、文楽などを思い浮かべる方が多いかと思います。伝統芸能を志す人も、そ…
  6. 登山初心者の靴選びのコツとは?
    キャンプと並び、人気が上昇している登山。今年こそは登山に初挑戦!と楽しみにしている方もいるのでは…
  7. わたあめ、りんご飴、あんず飴、たこやき、焼きそば、ジャガバター、かき氷…お祭りの屋台は子供たちに…
  8. Flower arrangement artist
    華道・生け花が好きで、もう既に習っている方、これから習おうと思っている方、「華道・生け花を仕事にでき…
  9. スポーツ
    あなたは「国技」という言葉を聞いたことがありますか?ニュースなどよく耳にするこの言葉を何となく分…
  10. kendama
    日本人なら、誰でも一度は手にしたことがある「けん玉」。日本の昔ながらのおもちゃですよね^^最…
PAGE TOP