菜の花のおひたし

菜の花のおひたしはこの調理法で決まり!苦みをとるか味わうかはあなた次第です笑

ふきのとうやつくしが顔を出し始めると、春が来たなぁと感じます。

そして辺り一面、黄色の絨毯のように美しく咲く菜の花も春を代表する花です。

花として観賞するだけでなく、美味しく食べられる嬉しい菜の花。

今回は菜の花のおひたしのレシピを集めてみました☆

菜の花はどの部分を食べるの?

菜の花畑おひたしや菜の花レシピのご紹介する前に、菜の花には種類があることをご紹介します。

菜の花はアブラナ科の植物で、白菜やブロッコリーなどの花や茎のことです。

ダイコンやカブなどは白い花が咲きますが、こちらも菜の花です。

スーパーなどで販売されている菜の花(和種)は、食用でつぼみ、茎、葉の部分を食します。

一方、油などの材料として栽培されている種類(洋種)や、観賞用として栽培されている種類もあります。

こちらは和種と比べ、少々硬く、食べるのは茎と葉の部分で、柔らかい箇所を選んで食します。

家庭菜園などで採取する場合は、硬くなる前に採取し、柔らかいうちに食べましょう♪

菜の花についてもっと知りたい方は、こちらも記事も参考にしてくださいね☆

おひたしって何?

ほうれん草のおひたしおひたしってよく聞くけど、茹でて醤油を垂らしたおかずでしょ?

それも間違いではありません。

元々おひたしは、出汁に浸した調理法から名づけられましたが、それ以外の調味料も増えてきました。

茹でて出汁をかけたものがおひたしで、出汁で煮て冷やしたものが煮びたしだ、という場合もあります。

簡単に言うと、出汁を始めとする調味料に、茹でた野菜を浸したおかずが「おひたし」です。

菜の花だけでなく、ほうれん草やチンゲンサイ、小松菜なども美味しいですよね♪

定番&簡単!「菜の花のおひたし」の作り方

基本の菜の花のおひたし近年の万能調味料の代表がめんつゆです。

めんつゆには出汁も甘味も塩なども入っているので、さまざまな料理に活用されています。

今回は、簡単に作れるよう、めんつゆを使った菜の花のおひたしをご紹介します。

【材料】

菜の花:1束(100g程)
塩:小さじ1/2
めんつゆ:小さじ2(濃縮4倍タイプ)
お湯:4カップほど
茹で汁:50cc
かつおぶし:お好みの量

【作り方】

①菜の花を水で洗い、半分に切り、つぼみ側と茎側に分けます。
②お湯を沸かし、塩を入れ、先に茎(硬い方)を入れて30秒ほど茹でます。
③続いてつぼみ側を入れ、30秒ほど茹でます。
④菜の花を取り出し、水気を絞ります。
⑤食べやすい大きさに切ります。
⑥ボウルに入れ、めんつゆと茹で汁も入れて和えます。
⑦器に盛り付け、かつおぶしを乗せて完成です♪

【ポイント】

菜の花は独特の苦み(えぐみ)があり、その苦みが好きという方も多いです。

苦みが苦手な方は、しばらく水にさらすと苦みを減らせます。

めんつゆを使わない菜の花のおひたし

だし汁市販のめんつゆが無くても、出汁で簡単に菜の花のおひたしを作ることができますよ♪

【材料】

菜の花:1束
だし汁:200cc
しょうゆ:小さじ1.5
みりん:小さじ1.5
塩:下ゆで用にひとつまみ程度

【作り方】

①菜の花を水で洗い、10分ほど水にさらします。
②半分に切り、つぼみ側と茎側に分けます。
③お湯を沸かし、塩を入れ、先に茎(硬い方)を入れて30秒ほど茹でます。
④続いてつぼみ側を入れ、30秒ほど茹でます。
⑤氷水にとり、水気をギュッと絞ってから食べやすい大きさに切ります。
⑥ボウルにだし汁、みりん、菜の花を入れ、和えてしばらく置きます。
⑦器に盛り付け、かつおぶしを乗せて完成です♪

【ポイント】

茹でた後、氷水にとることで、鮮やかな緑色になります。

水にさらすことで苦みがなくなり、お子さまも食べやすくなります。

オリーブオイルを使った菜の花のおひたし

オリーブオイルオリーブオイルも料理を美味しくする調味料として、近年多くの料理に活用されていますね☆

【材料】

菜の花:1束
オリーブオイル:小さじ1~2(お好みの量)
塩:下ゆで&下味用として適量

【作り方】

①菜の花を水で洗い、半分に切り、つぼみ側と茎側にわけておく。
②塩を入れたお湯を沸かし、茎側を30秒程茹でたあと、つぼみ側も入れて30秒ほど茹でる。
③ざるに上げ、水気を切り、熱いうちに食べやすい大きさに切る。
④器に盛り、オリーブオイルをかけ、暖かいうちにいただく。

【ポイント】

茹で汁に入れた塩が落ちないよう、茹でた後は水にさらしません。

薄味と感じる場合は、岩塩や少々のおしょうゆを垂らしてもいいですね♪

サラダ風菜の花のおひたし

サラダおひたしサラダ風にして、他の食材をプラスすれば、彩りよく、見た目も味もアップしますよ☆

【材料】

菜の花:1束
玉ねぎ:1/2
塩:下ゆで用に少々
ツナ缶:1缶
オリーブオイル:お好みの量
マヨネーズ:お好みの量
塩コショウ:お好みの量

【作り方】

①菜の花を水で洗い、半分に切り、つぼみ側と茎側にわけておく。
②塩を入れたお湯を沸かし、茎側を30秒程茹でたあと、つぼみ側も入れて30秒ほど茹でる。
③水気をギュッと絞ってから食べやすい大きさに切ります。
④玉ねぎを薄くスライスし、5分ほど水にさらしたあと、水気を切ります。
⑤菜の花、ツナ、玉ねぎと調味料を入れて和えます。
⑥塩コショウやマヨネーズで味を調えて完成です♪

【ポイント】

春の新玉ねぎは辛みが少なく、サラダにピッタリです。

玉ねぎを切るときは、繊維に沿って切ると、シャキシャキとして美味しくなります。

お好みでアレンジ自在!春の菜の花を自分流で楽しもう

アレンジして楽しむ菜の花おひたしおひたしは、基本的に塩ゆでし、お好みの調味料で味付けするお手軽な料理です。

急な来客や、お酒のおつまみとしても、サッと作れて、美味しくいただけます。

色々とアレンジして、自分流の菜の花のおひたしを楽しんでくださいね♪




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. さくら
    日本を象徴する花といえば「桜」でしょう。日本の桜は日本を象徴するものとして様々な日本の物に描かれ…
  2. 「海外にも温泉ってあるの?」そんな疑問をお持ちの方もいるかと思います。でも、実はたくさんあるんで…
  3. 東京国立博物館
    博物館や美術館の展示を取り仕切っているのが学芸員です。学芸員は動く辞書といえる各分野の専門家であ…
  4. 天下太平の世に様々な文化が花開いた江戸時代。時代劇なんかで賑やかに華やかに描かれていますよね(゚…
  5. Edo sex
    援助交際なんて言葉が問題視されるようになって早幾年、性の乱れが社会問題になってたりしますよね。「…
  6. Zodiac
    血液型や星占い、六星占術に手相、姓名判断などなど… 自分はもちろん、家族や友達の性格を調べるのは…
  7. 日本舞踊 歴史
    日本舞踊というと『良い所のお嬢さんの習い事』というイメージがあり、少し敷居が高いというのが個人的な日…
  8. What do you do if you write a hot summer greeting like a superior person?
    暑い時期って、何かと疲れたりして体調を崩したりしますよね。そんな時期に送り合う暑中見舞いは、互い…
  9. Hiragana
    最近はインターネット発展によりメールやSNS文化で、実際に字を書くことが少なくなりました。しかし…
  10. 落語という言葉は知ってるけど、生の落語は見たことも聞いたこともないという人は、日本人の中にも結構いら…
PAGE TOP