菜の花のおひたし

菜の花のおひたしはこの調理法で決まり!苦みをとるか味わうかはあなた次第です笑

ふきのとうやつくしが顔を出し始めると、春が来たなぁと感じます。

そして辺り一面、黄色の絨毯のように美しく咲く菜の花も春を代表する花です。

花として観賞するだけでなく、美味しく食べられる嬉しい菜の花。

今回は菜の花のおひたしのレシピを集めてみました☆

菜の花はどの部分を食べるの?

菜の花畑おひたしや菜の花レシピのご紹介する前に、菜の花には種類があることをご紹介します。

菜の花はアブラナ科の植物で、白菜やブロッコリーなどの花や茎のことです。

ダイコンやカブなどは白い花が咲きますが、こちらも菜の花です。

スーパーなどで販売されている菜の花(和種)は、食用でつぼみ、茎、葉の部分を食します。

一方、油などの材料として栽培されている種類(洋種)や、観賞用として栽培されている種類もあります。

こちらは和種と比べ、少々硬く、食べるのは茎と葉の部分で、柔らかい箇所を選んで食します。

家庭菜園などで採取する場合は、硬くなる前に採取し、柔らかいうちに食べましょう♪

菜の花についてもっと知りたい方は、こちらも記事も参考にしてくださいね☆

おひたしって何?

ほうれん草のおひたしおひたしってよく聞くけど、茹でて醤油を垂らしたおかずでしょ?

それも間違いではありません。

元々おひたしは、出汁に浸した調理法から名づけられましたが、それ以外の調味料も増えてきました。

茹でて出汁をかけたものがおひたしで、出汁で煮て冷やしたものが煮びたしだ、という場合もあります。

簡単に言うと、出汁を始めとする調味料に、茹でた野菜を浸したおかずが「おひたし」です。

菜の花だけでなく、ほうれん草やチンゲンサイ、小松菜なども美味しいですよね♪

定番&簡単!「菜の花のおひたし」の作り方

基本の菜の花のおひたし近年の万能調味料の代表がめんつゆです。

めんつゆには出汁も甘味も塩なども入っているので、さまざまな料理に活用されています。

今回は、簡単に作れるよう、めんつゆを使った菜の花のおひたしをご紹介します。

【材料】

菜の花:1束(100g程)
塩:小さじ1/2
めんつゆ:小さじ2(濃縮4倍タイプ)
お湯:4カップほど
茹で汁:50cc
かつおぶし:お好みの量

【作り方】

①菜の花を水で洗い、半分に切り、つぼみ側と茎側に分けます。
②お湯を沸かし、塩を入れ、先に茎(硬い方)を入れて30秒ほど茹でます。
③続いてつぼみ側を入れ、30秒ほど茹でます。
④菜の花を取り出し、水気を絞ります。
⑤食べやすい大きさに切ります。
⑥ボウルに入れ、めんつゆと茹で汁も入れて和えます。
⑦器に盛り付け、かつおぶしを乗せて完成です♪

【ポイント】

菜の花は独特の苦み(えぐみ)があり、その苦みが好きという方も多いです。

苦みが苦手な方は、しばらく水にさらすと苦みを減らせます。

めんつゆを使わない菜の花のおひたし

だし汁市販のめんつゆが無くても、出汁で簡単に菜の花のおひたしを作ることができますよ♪

【材料】

菜の花:1束
だし汁:200cc
しょうゆ:小さじ1.5
みりん:小さじ1.5
塩:下ゆで用にひとつまみ程度

【作り方】

①菜の花を水で洗い、10分ほど水にさらします。
②半分に切り、つぼみ側と茎側に分けます。
③お湯を沸かし、塩を入れ、先に茎(硬い方)を入れて30秒ほど茹でます。
④続いてつぼみ側を入れ、30秒ほど茹でます。
⑤氷水にとり、水気をギュッと絞ってから食べやすい大きさに切ります。
⑥ボウルにだし汁、みりん、菜の花を入れ、和えてしばらく置きます。
⑦器に盛り付け、かつおぶしを乗せて完成です♪

【ポイント】

茹でた後、氷水にとることで、鮮やかな緑色になります。

水にさらすことで苦みがなくなり、お子さまも食べやすくなります。

オリーブオイルを使った菜の花のおひたし

オリーブオイルオリーブオイルも料理を美味しくする調味料として、近年多くの料理に活用されていますね☆

【材料】

菜の花:1束
オリーブオイル:小さじ1~2(お好みの量)
塩:下ゆで&下味用として適量

【作り方】

①菜の花を水で洗い、半分に切り、つぼみ側と茎側にわけておく。
②塩を入れたお湯を沸かし、茎側を30秒程茹でたあと、つぼみ側も入れて30秒ほど茹でる。
③ざるに上げ、水気を切り、熱いうちに食べやすい大きさに切る。
④器に盛り、オリーブオイルをかけ、暖かいうちにいただく。

【ポイント】

茹で汁に入れた塩が落ちないよう、茹でた後は水にさらしません。

薄味と感じる場合は、岩塩や少々のおしょうゆを垂らしてもいいですね♪

サラダ風菜の花のおひたし

サラダおひたしサラダ風にして、他の食材をプラスすれば、彩りよく、見た目も味もアップしますよ☆

【材料】

菜の花:1束
玉ねぎ:1/2
塩:下ゆで用に少々
ツナ缶:1缶
オリーブオイル:お好みの量
マヨネーズ:お好みの量
塩コショウ:お好みの量

【作り方】

①菜の花を水で洗い、半分に切り、つぼみ側と茎側にわけておく。
②塩を入れたお湯を沸かし、茎側を30秒程茹でたあと、つぼみ側も入れて30秒ほど茹でる。
③水気をギュッと絞ってから食べやすい大きさに切ります。
④玉ねぎを薄くスライスし、5分ほど水にさらしたあと、水気を切ります。
⑤菜の花、ツナ、玉ねぎと調味料を入れて和えます。
⑥塩コショウやマヨネーズで味を調えて完成です♪

【ポイント】

春の新玉ねぎは辛みが少なく、サラダにピッタリです。

玉ねぎを切るときは、繊維に沿って切ると、シャキシャキとして美味しくなります。

お好みでアレンジ自在!春の菜の花を自分流で楽しもう

アレンジして楽しむ菜の花おひたしおひたしは、基本的に塩ゆでし、お好みの調味料で味付けするお手軽な料理です。

急な来客や、お酒のおつまみとしても、サッと作れて、美味しくいただけます。

色々とアレンジして、自分流の菜の花のおひたしを楽しんでくださいね♪




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. 愛犬と古民家カフェへ
    猫と違い、様々な大きさや種類が居る犬。最近では柴犬や秋田犬などの日本犬の人気が再燃しています。…
  2. Traditional crafts gifts
    伝統工芸品をプレゼントするなら普段から使ってもらいたい!だけど、伝統工芸品って現代生活に今ひとつ合っ…
  3. How many deaths are caused by the Nagasaki atomic bomb?
    最近、長崎では潜伏キシリタン関連する遺産群が世界遺産に登録される見通しとなり盛り上がっています。…
  4. 終活中のお墓選び
    終活中に悩んでしまう項目のひとつがお墓選び。先祖代々のお墓に入る、自分たちの代のお墓を建てる、中…
  5. Coloring book
    今、大人のための塗り絵が存在するのをご存知ですか?画力に自信がなかったり、新しく趣味を持つためで…
  6. 落語って地味なイメージがあるかもしれませんが、実際に見てみると、とっても面白いものです。ただ、な…
  7. 節句と言えば端午
    季節の節目を祝う行事である「節句」桃の節句や端午の節句が有名ですね。では、それ以外の節句はい…
  8. 家紋は全部で何種類くらいあるの?
    家紋は、自分の家の歴史を知る手がかりとなる紋様です。しかも、それだけでなく家紋のデザインも優れて…
  9. 日本の文字と言えば『ひらがな』『カタカナ』『漢字』これらを組合わせて私たちは文を作り、コミュニケ…
  10. 楽器を扱える人に憧れを抱くことって時々あります。筆者は全く楽器を触って来なかったので、出し物の演…
PAGE TOP