簡単なことを2つだけ!日本食でおもてなしする方法とは?

日本は4つの季節を豊かに感じることができる素敵な国です!

四季を堪能するその心は料理にも現れており、日本食は五感すべてを楽しめます♪

「そんな素晴らしいものを、すぐに演出することができたら…」

けど、堅苦しそうだし…難しくて無理がある(T^T)

そう思っている方はいらっしゃしませんか?

私もそう思っていましたが、意外とできちゃう方法があるんです☆

そこで今回は、ズボラな私でも出来た“日本食の簡単なおもてなし方法”をご紹介したいと思います!

1.第一印象で決まる『器』

今の時代は大変便利な世の中で、調べれば何でもすぐに分かりますよね。

日本食は大変手が掛かるものだというイメージですが、検索すると

「~分で簡単」「失敗知らず」「誰でもできる」

なんてゴロゴロ出てきます(笑)

なので、料理の方法は十分にあるのです。

しかし、料理を考えて満足してしまい、意外と気にならず忘れてしまうのは器。

実は、この器の選択に料理の良し悪しがかかっていると言っても過言ではありません!

なぜならば、味がとても良くとも、器がプラスチックでは…せっかくの日本食イメージが台無しです>_<

「悪そうな人だと思っていたけど、実は良い人だった!」

とても良い展開ですが、それは時間が経って分かることです。

「料理は一瞬一瞬の勝負」そんなことを言っていられません(o_o)

ですから「美味しそうだなぁ、と思って食べたらとても美味しかった♫」

これを目指すために、日本食に合った良い器を使いましょう☆

その器のことを考えるだけで、おもてなしの心は伝わります!

「…そんなこと言ったって…うちには食器ないし買うのも高価でしょ?」

それがあるのです!

セールストークみたいになってしまいましたが、それほどに良い方法があるのでご紹介します♪

【その① 100円ショップ】

100円ショップのお皿コーナーには行ったことありますか?

ここには、ガラスのモノから陶器のモノまで、たくさんの種類、たくさんの色の食器があります。

その中から季節や自分の好み、料理に合うものを購入するのも楽しさのひとつですよね!

見たことのない方は、是非100円ショップに行ってみてください!面白いですよ〜♪ そして、何よりも安いので、お手軽です!

【その②  食器専門店】

今はネットで大概のものは注文できますから、もしかしたら食器屋というものも、ご存知ない方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、一度、実際にお店に入って見てください!勿論高価なお皿もありますが、お店の端の方や店の外に安いお皿が売り出されていることがあります!

こちらは大変お得で、近所の食器専門店は3枚セットで500円など売られています♪

値段は100円ショップよりも掛かるかもしれませんが、掘り出し物があるのでオススメです!

2.飾るだけで華やかに『花や木々』


四季感ある日本食をそれに見合った見た目というのは先ほど書きました。

更にもう一つ効果的で簡単なものをご紹介します。

それはズバリ「お花」です!

これが食べるところにあるだけで、食べる前から場が華やぎ、良い香りがし、しかも四季を感じることが出来ます。そして何より「自分のためにお花を飾ってくれたんだ」という、おもてなし心が伝わります!

何を飾れば良いか分からないと思うので、今までで来客の反応が良かったものをご紹介したいと思います。どれも季節にお花屋さんに売っているもので、簡単に買えますよ!

【四季ごとのオススメ】

☆春
桜、菫、椿、クロッカス

☆夏
紫陽花、向日葵、桔梗、クチナシ

☆秋
金木犀、コスモス、松ぼっくり

☆冬
山茶花、水仙、梅

これらの要素が少し入るだけで、日本食の色が豊かに見えるようになります!

昔の人が、床の間に四季の掛け軸など飾っていたように、お花を飾るだけで空間は変わるものですね☆

これが私流!簡単おもてなし方法

これら2点が私のオススメです。

・料理にあった器
・食卓を飾る花

これと料理だけで、おもてなしの日本食を簡単に出すことができます!

日本食は人の心遣いと五感をフルに感じられる素晴らしい料理です。

簡単な心遣いだけで、きっと日本食が相手との橋渡しをしてくれることでしょう!




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. Zodiac
    血液型や星占い、六星占術に手相、姓名判断などなど… 自分はもちろん、家族や友達の性格を調べるのは…
  2. 恵方巻きと節分
    節分になるとスーパやコンビニに並ぶ「恵方巻き」。昭和の時代には無かった風習です。その年の恵方…
  3. クリスマスが終わると、街は一気に大晦日、そしてお正月の雰囲気に変わります。お正月が近づいてくると…
  4. 夏休み 工作
    子供の頃の夏休みの思い出は、大人になっても覚えているほど楽しいものです。夏休みに家族で旅行した場…
  5. kendama
    日本人なら、誰でも一度は手にしたことがある「けん玉」。日本の昔ながらのおもちゃですよね^^最…
  6. 忍者ショー
    何処からともなく現れ、煙のように消える、神出鬼没の忍者たち。頭巾に顔を隠したミステリアスな姿は、…
  7. 鬼
    日本は世界的にもオカルトな話が盛んな国です。国の成り立ちでさえ神話に基づいている島国であるため、…
  8. もういくつ寝ると、お正月~♪子どもにとってお正月は、お年玉をはじめ、ご馳走や遊びで楽しいイベント…
  9. 断髪式1
    1871年の明治には「断髪令」が出され、一般の人は髷が禁止されました。しかし、明治政府の長官の中…
  10. When is the mountain season of Mt. Fuji
    富士山の山道は通年空いているわけではなく、登れる時期は限られています。もちろん、山開きの時期でな…
PAGE TOP