囃子方

能の楽器ってなんか独特…あの「ヨーッ、ポンッ!」について調べてみました!

「能って、よくわかんないけど『ヨーッ、ポンッ』みたいな感じのやつでしょ?」

「そうそう、そんな感じのやつです。」

こんな会話をしたことがあります。

能をあまり知らない人にとっても、能の楽器の音と、掛け声は印象的だったのだと思います。

そういえば、楽器演奏の最中に掛け声をかけるなんてあまりないですよね。

しかも、前で演劇をしている最中にすごく大きな声で。

それから、「ポンッ」っていう太鼓の音もいかにも日本的なアクセントって感じで耳に残ります。

今回は、そんな印象的な能の楽器や音楽について、調べてみました。

能で使われている楽器は4つ

能の楽器能は総合芸術と言われます。

舞踊と音楽と演劇が合わさって表現される舞台だからです。

その中で、能の音楽のことは、囃子(はやし)といいます。

演奏する人のことは、囃子方(はやしかた)です。

囃子方の楽器は

・笛
・小鼓(こつづみ)
・大鼓(おおつづみ)
・太鼓(たいこ)

の四種類です。

太鼓が入らない曲もありますが、この4つの楽器以外は能では使いません。

(ごく稀に特殊な演出として、能のストーリーの中に楽器を登場させることはあります。)

それでは、それぞれの楽器を見てみましょう。

能管能で使われる笛は能管(のうかん)と言います。

能管は雅楽の竜笛を元にして作られた笛です。

なので、見た目は竜笛ととてもよく似ています。

竜笛について詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

 

しかし、能管の中には竜笛にはないとても不思議な細工がされています。

能管は製作段階で、笛の本体の中に短い竹の管が差し込まれます。
(この管のことを喉(のど)と言います)

それによって、音律を狂わせているんです。

楽器の音をわざと狂わせて作るんですよ?!

能の他の楽器は打楽器です。

だから、笛が唯一旋律を奏でる楽器なのに、なんで、わざわざそんなことを…。

 

能管はこのような作りになっているので、一管一管全て、微妙に音律が異なってしまいます。

それで、大丈夫なのかな…、と思ったのですが、能の舞台に能管は一人しかいません。

また笛の他に旋律を奏でる楽器が一緒に出ることもありませんので、大丈夫なようです。

 

能管はどうして、こんな不思議な作りになったのでしょうか。

その理由は諸説ありますが、分かっていません。

能の舞台を表現する為に、音律を正すよりも、もっと大切なものがあったのかもしれません。

例えば、能管にはヒシギという音があります。

「ヒィー!」という高い音で、鋭く、空間を貫くような非常に緊張感のある音です。

音楽というよりも、気配そのものという感じです。

ヒシギは、人ならぬものが登場する際などに吹かれたりします。人を超えた何者かの気配なんて、このように不思議な作りの能管の響きでなければ、表現出来ないのかもしれません。

小鼓

小鼓冒頭の友人が「ヨーッ、ポンッみたいな感じのやつ」と言っていた「ポンッ」のところは、小鼓(こつづみ)の音です。右肩に小鼓を担ぎ、左手で調べ緒を握って、右手を下から上に振り上げて打つ姿が、とても凛々しい打楽器です。

ちなみに、振り上げる動作で打つ打楽器は、世界的に見ても小鼓しかありません。

確かに、重力がありますから、振り下ろす動作になるのが自然です。

能の世界は世界的にも珍しいものばかりですね。

 

小鼓は、調べ緒を持つ左手を開いたり握ったりして、音色を変えながら演奏します。

また、皮の中央を打つか、端を打つか、5本指で打つか、1本の指か、2本の指か、によっても音を変えます。

非常に豊かな表現ができる打楽器です。

小鼓特有の「ポンッ」という音は、張っている皮の弾力から生まれます。

その為、皮には湿り気が必要になります。

小鼓の奏者は、皮に湿度を与えるために、演奏中でも皮面に息を吹きかけて湿度を与えています。

能の舞台で、小鼓の奏者が小鼓を顔に近づけていたら、それは、息を吹きかけているのです。

大鼓

大皮大鼓(おおつづみ)大皮(おおかわ)とも言います。

小鼓が「ポンッ」といった柔らかく潤いのある音だとしたら、大鼓は「カーン!」という高く乾いた音を出します。この音は、演奏前に皮を焙じて乾燥させてから、調べ緒できつく締めて作り出します。

また、演奏者は指に指革というカバーをして、強く指を打ち付けます。

このように、大鼓は小鼓とは全く逆の打楽器です。

小鼓と大鼓はペアで演奏されることがほとんどです。

小鼓の豊かできらびやかな音と大鼓の鋭い音が混ざりあって、能の世界を表現していきます。

太鼓

締太鼓太鼓は欅をくりぬいて牛の革を張って調べ緒で締めた打楽器です。

演奏するときは台に載せて床に置き、両手に持った2本の撥を交互に打ちます。

能の演目によっては太鼓が入らないものもありますが、神や鬼など人ではないものの登場の場面で多く用いられます。

能のあの掛け声って何なの?

囃子方2冒頭の友人が言っていた通り、能では、打楽器の奏者が「イョー」「ホー」「イャー」といった掛け声を掛けながら演奏します。

掛け声は、4つの楽器同士や舞台上で演技をしている人が、意思疎通をするために掛けています。

 

西洋のオーケストラには指揮者がいます。演奏者はみんな指揮者の方を向き、全員が指揮者に合わせて合奏していきます。しかし、能には指揮者がいません。

そこで、掛け声を掛けて意思疎通をするのですが、指揮者のように誰か一人がリーダーになってみんながそれに合わせる、というわけではありません。

それぞれの楽器の囃子方と演じている人、みんなが対等の立場なんです。

リーダーがいるわけではないので、その瞬間瞬間でお互いに確認しあって舞台を進行させていきます。

その為に演奏の途中の掛け声が必要なのです。

能囃子を聴きに行こう

能 楽器能は、ライブでみんなで作り上げていく感じがすごくて、掛け声だけでなく気のぶつかり合いというか、ものすごく張り詰めた空気を感じることがあります。

この感じは、ライブでなければ体験できないと思います。

機会がありましたら、ぜひ能楽堂へ能囃子を聴きに足を運んでみてくださいね。




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. 日本には数々の伝統的な行事がありますね。お正月に始まり、雛祭り、お彼岸、子供の日などなど。そ…
  2. 丑三つ時の意味って知ってる?
    草木も眠る、丑三つ時(うしみつどき)。丑三つ時は、幽霊が出る時間、怪異がおこる時間といわれます。…
  3. 秋の七草
    春の七草は聞いたことがあっても、秋の七草は知らないなんてことも多いかと思います…そこで、今回は秋…
  4. hikyaku speed
    江戸時代の飛脚というと、棒の先に箱をくくりつけたものを担いで、すごく速いイメージがあります。しか…
  5. すごろくは知育に効果的
    今でも進化を遂げ続けている玩具に「人生ゲーム」があります。自分のコマを決めて、ルーレットを回し、…
  6. 終活の準備はいつから始めるといい?
    これまで「しゅうかつ」といえば、就職活動を差す略語が一般的でした。近年、しゅうかつは、終活という…
  7. 戦国時代の食事とは
    国内にいながら、世界各国の料理が食べられる素晴らしい国、日本。このありがたい食文化は、多くの先人…
  8. 森の中でキャンプを楽しもう
    アウトドアブームの勢いが止まらない昨今。特にキャンプの人気が急上昇し、関連雑誌やグッズの売り上げ…
  9. 京都にはたくさんの寺社があります。やはり、観光といったら、そこを回ることを考えるかもしれません。…
  10. 天下太平の世に様々な文化が花開いた江戸時代。時代劇なんかで賑やかに華やかに描かれていますよね(゚…
PAGE TOP