Graduation ceremony song

卒業式での歌は年代別でどう違う?3つの年代に分けて特徴をご紹介!

梅が咲いて、もう春だなと感じられる3月になると、あちらこちらで卒業式が行われているのを耳にします。

そんな時、自分の卒業式はどんなんだったかなぁ〜と思いだそうとすると、ふと歌の記憶が蘇ってきます。

なぜか知らないけれど、耳に残っている歌があるんですよね。いわゆる卒業ソングです。

そして、そんな卒業ソングは、時代と共にどんどん変わってきています。

そこで今回は、その流れを昔から遡り、それぞれの世代でどのような特徴があるのかをご紹介します☆

王道な合唱曲!50代以降

The royal choral songこの年代は、本当に卒業式で歌う種類が限られています。それが、蛍の光仰げば尊しです。

これ以外に卒業式で歌う曲となると、校歌ぐらいになってしまうのがこの年代です。

随分と少ないですが、今なお歌われているので、普遍的な思いが込められた曲と言えるでしょう。

蛍の光は、友達との別れをうたった曲。仰げば尊しは、恩師への感謝を歌った曲になっています。

ちなみに、どちらも原曲は外国の曲で、それに日本風の歌詞をつけて手を加えたものになっています。

そう、これらは百年以上前、日本が音楽教育を始める際に作られた曲なんです!

それと、どちらも蛍の光に関する表現が出てくるのですが、これは蛍雪の功を意味します。

夏は蛍の光で、冬は雪に反射する光を頼りにするほど苦労して必死に勉強したという意味です。

こんな故事による表現に、時代を感じます。私の場合、冬なのになんで蛍なの?とずっと思ってました。

それでは、意味がわかったところで「蛍の光」を聞いてみると、改めて奥深さを感じます。

種類が急増!30代〜40代

Graduation song正確には50代前半くらいの人からなのですが、卒業式で歌われる曲が一気に増え始めます。

また、卒業をテーマにした楽曲も様々に歌われ始めます。例えば、松任谷由実の卒業写真が有名です。

そして、卒業式で歌われる曲では海援隊の贈る言葉が代表格です。私も小学校で歌った記憶があります。

この時代は、学校が荒れたり、学園ドラマが沢山作られ、それだけ世間の関心も高かったのでしょう。

贈る言葉も、まさに学園ドラマの金字塔である3年B組金八先生の主題歌として歌われました。

それではここで、海援隊の「贈る言葉」を聞いてみましょう♪

他にも、尾崎豊の卒業も有名です。

20代の私からすると、昔はそんなに荒れてたの?と感じてしまいますが…^^:

ただ、この曲は流石に卒業式で歌ったとは聞きません。卒業式が大変な雰囲気になってしますもんね。笑

また、若いアイドルが歌い手としてよく活躍するようになった影響も考えられます。

ともかく様々な理由が相まって、この時代から卒業ソングという一連の括りが生まれてきます。

また、非常に明るい未来を目指す歌も増えてきたのも印象的です^^

例えば、合唱曲の旅立ちの日がそうです卒業式だけど暗くなりすぎない所が良いですね!

多様化したけど…!? 20代

20's Graduation songここが私の年代になるのですが、実感としては卒業式で歌う曲はあまり増えていないように感じます。

確か、小学校の頃は贈る言葉ですし、高校は仰げば尊しでした。中学は忘れました中高一貫だったので…

ネットでは、EXILEの曲を歌ったとか見るのですが、やはりそこまで増えていない気がします。

少なくとも、卒業をテーマにした曲の数に比べて、卒業式で歌う曲の数の増加具合は緩やかです。

この理由としては、曲の普遍性と歌いにくさの2つがあると考えられます。

まず卒業式で歌う曲は、やはり誰もが共感できるという点が重要です。みんなで歌うものですから。

そのため、ある程度普遍的なことを歌わないといけません。これは多様化するほど減ってしまう点です。

それから、みんなで歌うという点で歌い易さも重要です。合唱しやすい曲とも言えます。

なので、合唱曲として作られた曲が根強く歌われているのも、その辺に理由があると思われます。

そんなこんなで、王道な卒業ソングが残りつつ、新しい曲もちらほら歌われるのが現在の状況となります。

卒業ソングは想いを引き出す曲

memories Graduation songどんな年代であっても、学校行事の締めくくりは卒業式ですよね。

人それぞれ思いが交錯する卒業式。

そこで歌った曲を改めて聞いてみると、当時の記憶が次々に呼び起こされます。

情報過多の現代社会。 正直ちょっと疲れちゃいますよね…^^;;

なので、この機会に想い出の曲を聞いて、青春の記憶に浸るのも良いのではないでしょうか?

きっと、心が和み、新たな一歩を踏み出す活力になることでしょう☆




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. 戦国時代をテーマにした漫画
    戦国時代は、まだ日本がひとつにまとまらず、各地で戦が起こっていました。そして、身分が低い者でも、…
  2. Obon Travel
    お盆の時期はどこに行っても大渋滞の大行列(-_-;)その上、旅費も高くなるから旅行になんて行かな…
  3. 祇園街並み
    舞妓さんと芸妓さんの違いはそれほど知られていませんよね。実は、違いは沢山あります!また、芸妓…
  4. Wild plants
    厳しい寒さが和らいで、つくしやふきのとうを見かけると、ホッと一息、春の訪れを感じます♪突然ですが…
  5. 戦国時代の食事とは
    国内にいながら、世界各国の料理が食べられる素晴らしい国、日本。このありがたい食文化は、多くの先人…
  6. 阿波踊り
    日本の代表的な踊りの一つ「阿波踊り」発生は阿波の国、現在の徳島県ですが、今や踊りのサークル、グル…
  7. Kimono bag
    現代日本の一般人には、そう正装する機会なんて無いものですが、そんな一般人にも比較的訪れる正装の機会が…
  8. 妊活中のよもぎ蒸し
    唯一、女性にしかできない「妊娠」。新しい命を宿し、生み育てる、尊い役割です。昭和時代にはベビ…
  9. Where would you like to barbecue in Lake Biwa?
    京都や大阪などの都市部からも近く、湖の開けた場所でバーベーキューを楽しめる、それが琵琶湖です!琵…
  10. 伝統工芸の竹細工ってどんなのがある?
    伝統工芸品には様々な植物由来の材料が使われています。その中でも竹は用途が広く、伝統工芸品の材料に…
PAGE TOP