Kendo armor

剣道の防具ってカッコイイ! その歴史から臭い対策までご紹介しちゃいます☆

日本といえばサムライが世界的に有名ですが、その侍の剣術から生まれた剣道って見た事ありますか?

剣道といえばとっても象徴的なのが、あの独特の防具ですよね。

いかにも日本!って感じしますよね。カッコイイですよね〜(‘∀’*)

そんな剣道の「防具」について、いろいろザックリまとめてみました☆

剣道の歴史と防具

Kendo history剣道というのは日本刀の出現によって生まれました。平安時代の事です。

以来、武士に使われ、室町後期応仁の乱から戦国時代にかけて世が乱れ戦が続いたことから、剣術が深められ流派が生まれました。

江戸時代に入り世の中が平和になると、実戦向きだった「人を殺す」剣術が武士の心を鍛える「活人剣」へとかわります。

甲冑を装備した状態で行う戦向けの形から、平時に対応した剣術になり、それぞれの流派で華麗な型や技がつくられました。

江戸中期になると「防具」をつけて「竹刀」で打ち合う「打ち込み稽古」が確立します。

それまでは木刀での組太刀や型稽古が主流でした。

木刀でそのまま打ち合ったら怪我しちゃいますもんね(´゚∀゚`;)

そこから徐々に進化、発展して今の防具になりました。

防具ってどんなの?

Kendo armor type一口に「防具」といってもどんなものがあるのでしょう?

実際に使ってる人じゃないと、まず知らないですよね!?(゚▽゚) ほんとにざっくりですけど説明します。

剣道防具は「面(めん)」「籠手(こて)」「胴(どう)」「垂(たれ)」の4種から成ります。

「面」は剣道の象徴的な顔に被ってるアレです。頭部と喉を保護する防具です。

顔の部分は特に頑丈に金属などで作られています。

「籠手」は手から腕にかけて保護する防具です。

防御性能を持ちつつ、竹刀をうまく捌けるように作られています。

「胴」は胴体を保護します。一番堅そうなヤツです。

元来は竹に漆塗りでつくられていましたが、今はグラスファイバーなどもあるんです。

「垂」は腰と局部を保護する防具です。大事な所ですもんね(´゚Д゚`)

中央の「大垂」に名前と所属を記した「垂ネーム」をつけます。

また、面や籠手の布部分のことを「布団」といい、綿などの芯材を布や革で挟んで縫い上げたものなんですが、この布団を手刺ししたか機械で刺したかで違いがあるんだそうですよ。

機械刺しだと綺麗に仕上がりますが手刺しより弾力性が劣ります。

しかし、やはり手刺しよりお値段はお安くなってます(゚▽゚)

手刺しはその名の通り一針一針職人さんが丹精込めて縫い上げますから、風合いが良いそうです。熟練の技で強弱をつけながら縫うので耐久性も高いとか。

手間暇かけた手作りですから、お値段もそれなりに高額になります。

説明がざっくりすぎてさっぱりわからん!という方はここ見てみてください。
 ⇨https://goo.gl/jth2XA

とってもこまかく丁寧に説明されてますよ( ´∀`)b

あのニオイの原因と対策

Kendo arrival smell剣道といえば続いて「臭い」というワードがでてくるほど、剣道防具の臭い問題は切実です(`・ω・´)

もちろん個人差はあると思いますが、結構強烈なんです。

臭いのモトなんなのかといえば、汗や角質、皮脂が防具にしみ込みそれを栄養として雑菌が繁殖するのがあの臭いの原因だったりします。

つ・ま・り!(`・д・´)9m 

雑菌を繁殖させなければ臭わないのです!そのハズなんです!

大事な防具を臭わせないために、できる対策をいくつか紹介します☆

・使い終わったら拭く

籠手の内側や面の中など肌と触れ合う部分を綺麗に拭いてあげます。固く絞った布なので拭くのが一般的ですが、除菌シートで拭くとなお効果アリだそうですよ。時間がたってしまうとそれだけ染み込むし菌も繁殖しますから、できるだけ早く拭いてくださいね。

・きちんと乾燥

汗を吸ったまま仕舞い込んでしまえばそりゃ臭くなるってもんです。風通しのよい日陰においてしっかり乾燥させてあげましょう。

・消臭スプレーを使ってみる

よくCMでやってる除菌消臭スプレーを使ってる人も多いようですし、武具店などでは専用の強力なモノも売っていたりします。臭いの程度と好みでいろいろ探してみてはいかがでしょう。アレルギーなどある人は体と相談して注意して使ってくださいね。

・稽古前に手と顔を洗う

防具をつける前に体表の皮脂と角質を除去しておくのです。これが結構効果的なんですよ!そして、石鹸で腕までしっかり洗いましょう。籠手用手袋を使うのも効果的です。

…それでも臭ってしまったらどうしましょう?(´・ω・`)

丸洗いできれば一番いいんですけど、型崩れの心配もあるし大がかりになりそうです。

そんな時は専門のクリーニングにだしちゃいましょう!一式送料込みで1万円ほどでできます。たまには防具もリフレッシュしてあげましょう(+´゚∀゚`)=b

子供用や練習用などでクリーニングに出すのもなぁ・・・って場合は自分で洗っちゃってもいいでしょう。ぬるま湯につけてじゃぶじゃぶ洗って乾かしましょう♫

世界にも広がる日本の武道

World Kendoスポーツといえば野球やサッカーやバレーボールなど、外来のものがメジャーになっていますよね。

日本発祥のものはスポーツというより武術でしょうか。

なかなか脚光を浴びない気もしますが、とてもストイックでカッコイイんですよ!

剣道などもじわじわと海外にも広がっているようです。

一度見てみて下さい!大迫力に圧倒されてハマってしまいますよ(o´・ω-)b




道案内


人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. Shichigosan kimono
    かわいい娘や孫の七五三。3歳の女の子は体も小さく、お腹のところで帯を締めるのは苦しくて大変なので…
  2. Origami corsage
    突然ですか、上記の写真のコサージュって何で出来ていると思いますか?実は、「折り紙」なんです♪…
  3. Shrine visit
    初めての妊娠・出産を乗り越えて、かわいいわが子とご対面♪安堵と達成感と感動にひたる間もなくスター…
  4. 日本のお手玉
    お手玉は昔から日本に伝わる伝統的な遊び。ころんとして可愛い形ですよね♡でも最近はお手玉自体を…
  5. 一口に着物と言っても色々な種類がありますよね。着慣れていないと中々把握できないものだと思います。…
  6. 日本刀 値段
    日本刀って、その青く澄んだ輝きに吸い込まれるというか、何だかわからないですが日本人のDNAに訴えかけ…
  7. 落語家大川亭さくら
    日本では対象物によって数え方が変わりますね。英語ならワン、ツー、スリーで済むのに、日本の場合はそ…
  8. Cutting picture
    子供の頃、切り絵を楽しんだこがある人はいると思います。私も子供の頃、切り絵をしたことがありました…

カテゴリー

ブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

温泉探し







PAGE TOP