人力車

人力車の値段っていくらするの?京都・浅草の人力車事情を簡単解説!!

日本の伝統的な街並みは海外から大きな興味を持たれています。

寺社仏閣が立ち並ぶ寺町や城下町は、木造で独特な暖かみや風情を感じさせます。

そんな日本の歴史ある風情をただ歩いて回るだけでは勿体無いのです。

せっかくなら自分達も人力車で伝統的な雰囲気を味わいながら周りたいです。

一方で人力車の値段の相場や選び方ってよく分からないものです。

今回の記事では日本でも最も人気ある伝統街である、浅草・京都の人力車について解説します。

合わせて人力車ならではの魅力についても説明します。

人力車の値段や魅力を知ろう!!

人力車

まずは京都の人力車の値段の相場について解説します。

【京都・人力車値段の相場とは、、、?】

人力車の利用法は主に2つ考えられます。

時間によって料金が決まる方法特定の区間を指定して料金が決まる方法の2つです。

まず時間によって料金が決まる方法の相場について説明します。

1名利用、30分貸切で約6000円〜7000円が相場になります。

一見すると高いように感じますが、一般的に利用人数が増えると1名あたりの値段が下がる傾向にあります。

2名利用、30分貸切で約8000円〜9000円程度が相場になります。

また利用時間も30分、60分、90分で値段が変わり、利用時間が長くなると分あたりの値段も下がります。

次に一定の区間を指定して料金が設定される方法について説明します。

一番短い区間が約10分から12分程度の距離ですが、1名約3000円が相場です。

この利用方法も利用人数が増えれば1名あたりの値段が下がります。

また、この区間についても、人気の観光地を網羅したルートやある程度回る場所を絞ったルートなど、多岐にわたります。

コースごとの値段も細かく設定されているので、自分の要望と料金を照らし合わせて選びましょう。

京都において人力車の人気コースは嵐山エリア東山エリアに多く設定されています。

嵐山エリアについては渡月橋の北側や嵯峨嵐山駅前などが発着点になることが多いです。

東山エリアは銀閣寺、平安神宮、金閣寺付近などの有名寺社の付近が発着地点になります。

【浅草・人力車値段の相場とは、、、?】

次に浅草での人力車の値段の相場について説明します。

浅草においても時間による料金設定、区間による料金設定の二つがあります。

まず時間による料金設定の相場は1名30分利用で約4000円から5000円程度が一般的です。

次に区間による料金設定の相場は10分程度の区間で1名利用、約3000円から4000円程度になります。

どちらの利用法も利用人数・利用時間・利用区間の増加によって割安になります。

京都に比べて浅草の方が観光地がコンパクトにまとまっているため、少ない利用時間で多く観れます。

そのため、浅草での人力車利用の方がお得感を感じることが出来ます。

浅草での人気のコースは雷門付近や浅草寺周辺が主な発着地点になります。

似たコース設定が多いため、他オプションがかなり充実しています。

イケメンの人力車のお兄さんと写真が撮れるオプションもあるようです。

人力車の魅力とは??

人力車最後に人力車が持っている魅力について説明します。

人力車を利用する際の魅力の一つは、観光と移動が同時並行でできる点です。

移動手段としてのみ考えるならバスやタクシーの方がコスパは良いです。

しかし、観光地の情報を聞きながらその場所へ移動できるのは人力車だけです。

また、穴場スポットやグルメの情報についても人力車のお兄さんから仕入れることも可能です。

より深く、その土地を知りながら観光ができるのです。

そして人力車ならではの目線で写真が撮れることも人力車の魅力の一つです。

人力車からの目線は少し高く、また少し混み入った道にも入ります。

人力車自体にも風情があるので、その人力車や風情ある景色を切り取れば、インスタ映え間違いないです。

加えて着物の着付けがオプションで付いているコースもあり、より日本らしい雰囲気で写真を残すことができます。女子同士での旅行の思い出にもピッタリなイベントです。

そして人力車の発着点やコースについても事前に相談すれば、独自に設定することも可能です。

彼女や夫婦の記念日にコースを特別に設定してデートすれば、ロマンチックな時間になります。

妊婦さんや小さなお子さんとの同伴での利用も相談することができます。

筆者の友人も10人以上の団体で人力車を利用し、浅草観光をしたそうです。

このように、色んな要望に合わる臨機応変さも人力車利用の魅力の一つです。

人力車を活用してノスタルジーな体験を!

人力車

ここまで京都・浅草の人力車の料金相場について、人力車の魅力を説明しました。

日本ならではの雰囲気をより高めてくれるのが人力車です。

自分に合わせた設定が出来ることを考えれば、その値段も高すぎるわけではありません。

自分の要望に合わせたルート、オプションを選んで、自分だけの特別体験を演出しましょう。

レトロで伝統的な人力車の利用は、きっと思い出に残るはずです。




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. 作務衣 着方
    日常的に和服を着るって難しいなんて思っていませんか?でも、案外そんな大変なことでもはないんです!…
  2. 日本茶の歴史
    お茶って、三度のご飯に飲んだり、おやつのお菓子と一緒に飲んだりと、私たちの生活の中に溶け込み過ぎてて…
  3. 京都観光を終えて、いざ帰路につこうと思ったら、おみやげ買ってないとかありませんか?そうでなくても…
  4. 刀剣乱舞
    刀剣といえば…男性のイメージでしたが、今は違います!!若い女性が刀剣をもとめて博物館に詰めかける…
  5. こたつ
    冬といえばこたつに入ってみかんを食べるのが醍醐味です。特に一人暮らしや上京している人にとって、実…
  6. 竹馬の歴史
    昭和の高度成長以降、子どもの遊びも随分と様変わりしました。筆者の幼少期は、まだテレビゲームもなく…
  7. 毎年、夏休みも終わりに近づいた頃、慌てて自由工作のテーマを考えるってことないですか?子供が自分の…
  8. 新宿末広亭
    今、密かな人気の「落語」。NHKの朝ドラ「わろてんか」の影響もあるでしょう。寄席は地味なよう…
  9. 日帰り温泉だけど、温泉がメインで観光はそれほど考えていないとか、自分は温泉に行きたいけど、家族が乗り…
  10. What is the origin of making a wish in Tanabata?
    七夕になると、幼稚園児とか小学生ぐらいの子供が笹に願い事をくくり付けます。自分も昔はくくり付けて…
PAGE TOP