Nara fireworks display

奈良県の花火大会を勝手にランキング! 県民おすすめの必見花火大会!

夏です!暑~い夏がやってきました!

周囲を山々に囲まれた奈良の夏は特に蒸し暑い!そんな奈良で、一時の涼と風情を楽しむ花火大会♫

奈良県内で行われる花火大会はさほど多くはありませんが、珍しい花火大会などが毎年行われています。

そこで、奈良県民の私が、地元目線で花火大会を個人的に勝手にランキングしちゃいました^^

どこに行こうか迷っている方、奈良の夏を満喫したい方、ぜひ、参考にしてください☆

第5位 いこまどんどこまつり納涼花火

2017年8月5日(土) 20:00~20:30
打ち上げ数 約700発
混雑度   例年の人出 非公開

奈良県西部、大阪府との県境にある生駒市で開催される人気の花火大会です。

午前中は盆踊りなどのお祭りイベントがあり、フィナーレとして花火が打ち上げられます!打ち上げ数は約700発と多くはありませんが、5号玉やスターマインなどの本格的な花火が打ち上げられます!

花火は高台の生駒市総合公園から打ち上げられるので、生駒市内全域から見ることができます!  

ただし、花火会場内は入場禁止で、周辺にも花火鑑賞をするような観覧席も特に無いので、好きな場所で鑑賞するという感じの花火大会です。

駐車場に車を停めて観覧するのもおススメです。あ、路上駐車はダメですよ〜!

生駒市HP
 ⇨http://www.city.ikoma.lg.jp/

第4位 おんぱら祭奉納花火大会

2017年7月31日(月) 19:30~20:10
打ち上げ数 約2,000発
混雑度   例年の人出 約3万人 

三輪そうめんでも有名な桜井市。

その桜井市にある大神神社と芝運動公園周辺で毎年7月の終わりに行われます。

暑い夏を無病息災に過ごすことを祈るお祓いの神事「おんぱら祭」のフィナーレを飾る奉納花火大会。

祭典名「おんぱら」は「お祓い」が転じたとされます。

午前中の例祭では、古式にのっとり御幣をのせた馬が境内を巡る「神馬引き」などの神事行われます。

沿道には多くの屋台が並び賑わいますが、さほど混雑は気にならないでしょう。

県内でも屈指の花火大会で、色とりどりの大玉やスターマイン、仕掛け花火など約2千発の花火が大和の空を美しく染め上げます。

芝運動公園周辺の田園で打ち上げるため、周囲に視界をさえぎる障害物が無いので、めちゃくちゃ花火は見やすいです!

大神神社HP
 ⇨http://oomiwa.or.jp/

第3位 平維盛の大祭

2017年7月29日(土) 20:00~20:30
打ち上げ数 約3,000発
混雑度   例年の人出 非公開

平維盛(これもり)の終焉の地とされる野迫川村で毎年行うビッグイベントです。

平家の赤旗はためく中、野迫川夜叉太鼓の勇壮な音が響きわたり、御霊祭、燈火会、コンサートなども行われます。ミュージックスターマイン、特殊効果、最大5号玉の花火が打ちあがり迫力満点です!

野迫川村は和歌山県高野山を始め、紀伊山地の山塊に囲まれた秘境と呼ぶに相応しい人口約500人の小さな村です。アクセスには苦労しますが、そこまで行く価値は十分あります♪

一年に一度、ひっそりとした秘境で行われる花火大会!

澄んだ空気と満点の星空に上がる花火は感動すら覚えます。

野迫川村公式HP
 ⇨https://goo.gl/81U3eY

第2位 吉野川祭り 納涼花火大会

2017年8月15日(火) 20:00~21:00
打ち上げ数 約4,000発
混雑度   例年の人出 8万人

古い街並みが残る五條市で、毎年行われる納涼花火大会。

五條市の中心を流れる吉野川畔で行われます。

日本の花火文化の礎となった花火師「鍵屋弥兵衛」は五條市大塔町の出身で、五條新町の火薬工場で腕を磨いて江戸に出たと言います。

弥兵衛が花火造りを始めた吉野川のほとりで、音楽とレーザー光線がコラボした最先端の芸術的花火を見ることができます!

会場には約100店ほどの屋台が出店して、午前中から色々なイベントがあり、みんなが楽しめるお祭りです♫

ゆったり見ることができる有料観覧席がおススメですが、今年は既に受け付けは終了しました。
区画席(最大8名まで):10,000円

ただし、例年かなりの混雑ぶりです。

帰宅する頃にはグッタリなんてことも⁉︎ 早めに着いて場所取り帰宅時間をズラしましょう☆

川向や少し離れた場所からでも十分楽しめます♪

上手く混雑を回避できれば、規模も花火も県下一です!まさに「かぎや~」!!!

五條市観光協会HP
 ⇨http://www.gojo.ne.jp/g-kanko/leisure/03yoshinogawa-maturi.html

第1位 宇陀市はいばら花火大会 全国花火まほろば競技会 

2017年8月6日(日) 19:30~21:00
打ち上げ数 約4,200発
混雑度   例年の人出 3万8000人

宇陀市で60回続く花火大会。周囲を榛原盆地に囲まれたローケションからこだまする音と光が大迫力!!!

奈良県最大の打ち上げ数を誇り、関西唯一の競技花火大会!

全国の花火師がプライドを懸けた新作花火など、始めから終わりまで見どころ満載!

ネットで得点審査に参加できるので、他では味わえない面白さもありますよ☆

ゆっくりとすべての花火が見渡せる有料観覧席がおススメ!

イス席:前売 2,500円/当日 3,000円
区画席:7,000円

早い者勝ちでので、公式サイトでご確認ください。

有料席以外でも宇陀川河畔一帯など割と広範囲からも良く見えますよ!

これだけの規模の割には比較的混雑も気にならず、ゆっくり鑑賞できるのでオススメNo.1で~す! 

宇陀市はいばら花火大会 全国花火まほろば競技会公式HP
 ⇨https://haibara-hanabi.com/

ゆっくり楽しんでね♪ 奈良県花火大会

Enjoy Nara Fireworks第5位 好きな場所で楽しむ 「いこまどんどこまつり納涼花火」
第4位 古式にのっとたお祭り 「おんぱら祭奉納花火大会」
第3位 山塊の夜空を彩る花火「平維盛の大祭」
第2位 音楽 × 花火 × レーザー光線 の夢のコラボ 「吉野川祭り 納涼花火大会」
第1位 県下一の打ち上げ数!珍しい花火が見られる 「宇陀市はいばら花火大会」

この他にも規模は小さいですがまだまだ花火大会はあります。
 ⇨https://yamatoji.nara-kankou.or.jp/003events/ 

県外からお越しの方!奈良県南部は交通アクセスが悪いのが難点です。 

お泊りで来られ、翌日は観光を楽しむという手もあります。

古都奈良の夏を彩る花火!
山々に囲まれた奈良の地にこだまする花火!

ぜひ、いにしえより歴史ある奈良の地で花火を堪能してください☆




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. 歌丸師匠
    長い間、笑点で司会をされていた桂歌丸師匠が、2018年7月2日に永眠されました。81歳でした。病…
  2. Hot water bottle Coldness
    ご存知ですか? 日本人の8割以上が冷え性で悩んでいます。女性は8割、男性も意外と多く4割が「自分は冷…
  3. 紅葉狩りと呼ぶ由来ってなに?
    秋はちょうどいい感じの気温なので、行楽シーズンにピッタリの時期です^^そんな秋の風物詩の代表格に…
  4. Enrollment celebration Wrapping
    春になり、桜が咲くか散るかの頃になると入学式のシーズンになります。そうなると、子供がいなくても準…
  5. Mother's Day
    母の日に赤いカーネションを送ったことはありますか?恥ずかしながら、私自身は気恥ずかしくて送ったこ…
  6. Fuji Mountain Tourism
    富士山のある景色は素晴らしく、日本人にとって美しい山の代表のように扱われてきました。私の地元の滋…
  7. 大喜利
    『おーい、座布団1枚』で知られる、笑点の人気コーナー大喜利。毎度、司会者がお題を出し、噺家が答え…
  8. Drawing water
    最近、入学祝いの包みが多様化してきて、可愛いデザインの封筒のようなタイプが出てきました。そのよう…
  9. Hakone Ekiden
    外は寒いし大抵の場所は混んでいるので、なかなか家から出たくない!そんな私ですので、テレビで箱根駅…
  10. 古民家カフェで一休み
    喫茶店とは一線を画す古民家カフェ。どことなくノスタルジックで落ち着いた空間が人気です。喫茶店…

カテゴリー

ブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

温泉探し




PAGE TOP