梅沢富雄_夢芝居

歌舞伎の女形は美人が多い!女形を見習って女子力を上げよう♪

最近は、バラエティ番組でも人気がある「梅沢富雄」さん。

昔は女形として美しく、大変な人気を博しました。

でも、梅沢さんは歌舞伎役者ではありません。

…って、知っていました?

では、歌舞伎の女形とはどのようなものでしょうか?

今回は歌舞伎の女形にスポットを当ててみましょう!

「女形」何と読む?

歌舞伎の美人「おんながた」と読みたくなりますよね。

間違いではありませんのでご安心を。

「おやま」じゃないの?

これも正解です。

歌舞伎で男性が女性役を演じる人のことを、昔から女形と書いて「おやま」と呼びます。

ただ、現在ではメディアでも「おんながた」と呼ぶ場合もあります。

あ。「じょけい」とは読みませんので、そこはご注意くださいね。

なぜ男性が女性を演じるの?

男性が女形を演じる歌舞伎の世界は男性社会です。

そして世襲制です。

元々、芝居は女性も演じていたのですが、徳川幕府の時代に女性が演じることを禁じたため、男性が演じるものになりました。

とはいえ、物語には娘もお婆さんも、お姫様も出てきます。

誰かが女性を演じないとお話が成り立ちません。

それで、男性が女性を演じるようになり「女形」が誕生したのです。

有名な役者さんは居るの?

坂東玉三郎さん現在の女形トップ(最高位)は、5代目坂東玉三郎さんです。

人間国宝に指定されています。スゴィッ(*゚д゚ノノ

梨園出身ではなく、大変ご苦労されて女形としての地位を確立した人です。

ちなみに屋号は大和屋です。

他にも、中村米吉さんや、市川春猿さん、中村七之助さん、尾上菊之助さん(男方も演じる器用な人)など、多くの人が活躍しています。

どの人も大変女性らしく、美しい所作で見る人を魅了しています。

女形の美人とは?

松川翔也さん歌舞伎で演じられる女形は、顔だけでなく、立ち振る舞いや、ふとした表情の美しさが評価されます。

本物の女性より女性らしく、女性のお手本のような女形。

女性である筆者から見ても、愛らしいなぁと思います。

時代劇でも千両役者として出演するのは、概ね「女形」です。

普段は男らしくても、演技になると女性らしくなるので不思議ですね。

奥ゆかしい、大和撫子と言った言葉が似合う女形が、美人なのだと思います。

メイクに秘密がある?!

歌舞伎のメイク白粉で真っ白なお顔なのに、美しいと感じるのは、メイクにも秘密があるようです。

これは現代のメイクでも言えることですが、肌が美しいと美人に見えます。

コンシーラーなどでシミやソバカスを隠し、毛穴の無い肌美人を目指しますよね。

歌舞伎の女形も艶のある肌を意識し、鼻筋にポイントを置くそうです。

今のメイクで言ったら、ハイライトですね。

次に目元。

歌舞伎では多くが赤い色を用います。

舞台の照明に負けないよう、濃いめにメイクをするので、私たち一般人は濃いめにしてはダメですよ。

ハロウィンだけにしてください。(*>ш<*)

続いて唇。

ぽってりとした小さめの唇になるよう、一度輪郭を白粉で消してから紅を塗ります。

意外と今のメイクに通じるものがありますね。

白粉はたっぷりなので、真似してファンデーションをたっぷり塗らないように…。

女形の衣装

藤娘女形で絢爛豪華な衣装と言えば「花魁」でしょう。

一人で居ても華やかで目立つ存在です。

花魁は庶民には高値の花。

衣装も髪飾りも豪華です。加納姉妹のよう…。(○´艸`)

筆者は町娘の衣装も可憐で好きです。

実は歌舞伎の衣装は役によって色分けのルールがあるんです!

赤系の着物はお姫様や格式の高い人、緑の衣装は田舎娘、それより少し派手な衣装が町娘といったように、衣装の色が決められています。

また、着物の襟が黒襟ならば町人の妻、遊女には遊女の…と役に合わせた衣装があります。

着るのは全て男性ですけどね☆

大切な所作

女形の所作男性が演じる女形が美しく見える理由のひとつに、所作があります。

動作ですね。

例えば、女形を演じる場合は肩を落とします。

なで肩を意識するということですね。

男性アイドルの中にも、なで肩がコンプレックスという人もいますが、なで肩は「女性的」というイメージが持たれているんです。

その他にも、袖で口元を隠すとか、体を少しひねって座る、体を傾けるなどがあります。

ちょっとした仕草で女性らしさを表現している訳です。

確かに現代の女の子でも、首を少し傾げたり、ニットの袖を手の平で握ったりしますよね。

萌え袖と言うんですよ。(p゚∀゚q)

今も昔も女性はカワイイですね♡

歌舞伎の女形を見て女子力を磨こう!

可愛い女形
歌舞伎の女形は男性が苦労や努力を重ねて、より美しい女性を演じられるように研究されています。

その女形を研究して女子力を磨きましょう!

ちょっとした仕草が、もしかしたら意中の人の目に留まり、美人だなと思われるかもしれません☆




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. Spring of hot springs
    温泉の多くは地中深くから掘り出したものです。しかし、中には地上まで勝手に自噴している温泉も中には…
  2. 有給を買い取ってほしい
    昔から日本人は勤勉で、働き者と言われます。働き方改革でパートも有給がもらえるようになりましたが、…
  3. 風物詩
    2021年度の京都薪能は中止になりました。このことを紹介したテレビの出演者が「京都の風物詩ですよ…
  4. 畳の表替えは一体何をするの?
    畳っていいですよね〜♪ 香りを嗅いでいると落ち着きます。ですが、どんな畳でも古くなってしまい、張…
  5. wabisabi
    日本人なら一度は耳にしたことがある「侘び寂び」という言葉。聞いたことはあるけど…意味はよく知らな…
  6. 箸と皿
    世界遺産に登録され、海外の方にも人気の「和食」。慣れない手つきで箸を持ち、掴みにくい豆やネバ…
  7. コロナ禍でぜんそくが急減?
    季節の変わり目はアレルギーが原因で体調を崩す人も少なくありません。特に秋から冬にかけては、ぜんそ…
  8. hot-water-bottle-cover
    昔から寒い冬のお布団に欠かせないものといえば湯たんぽ!近頃では、お湯を沸かさなくてもいいものや便…
  9. おも1
    はやくもオリンピックロスに陥っている筆者です。コロナで大変な状況に陥っている人もいる中で、オリン…
  10. 和傘の女性
    近年、日本の夏はどんどん暑くなり、ついに40度を超えるところも出てきましたね。日本は傘の文化があ…
PAGE TOP