梅沢富雄_夢芝居

歌舞伎の女形は美人が多い!女形を見習って女子力を上げよう♪

最近は、バラエティ番組でも人気がある「梅沢富雄」さん。

昔は女形として美しく、大変な人気を博しました。

でも、梅沢さんは歌舞伎役者ではありません。

…って、知っていました? Σ(゜゜)

では、歌舞伎の女形とはどのようなものでしょうか?

今回は歌舞伎の女形にスポットを当ててみましょう!

「女形」何と読む?

歌舞伎の美人「おんながた」と読みたくなりますよね。

間違いではありませんのでご安心を。

「おやま」じゃないの?

これも正解です。

歌舞伎で男性が女性役を演じる人のことを、昔から女形と書いて「おやま」と呼びます。

ただ、現在ではメディアでも「おんながた」と呼ぶ場合もあります。

あ。「じょけい」とは読みませんので、そこはご注意くださいね。

なぜ男性が女性を演じるの?

男性が女形を演じる歌舞伎の世界は男性社会です。

そして世襲制です。

元々、芝居は女性も演じていたのですが、徳川幕府の時代に女性が演じることを禁じたため、男性が演じるものになりました。

とはいえ、物語には娘もお婆さんも、お姫様も出てきます。

誰かが女性を演じないとお話が成り立ちません。

それで、男性が女性を演じるようになり「女形」が誕生したのです。

有名な役者さんは居るの?

坂東玉三郎さん現在の女形トップ(最高位)は、5代目坂東玉三郎さんです。

人間国宝に指定されています。スゴィッ(*゚д゚ノノ

梨園出身ではなく、大変ご苦労されて女形としての地位を確立した人です。

ちなみに屋号は大和屋です。

他にも、中村米吉さんや、市川春猿さん、中村七之助さん、尾上菊之助さん(男方も演じる器用な人)など、多くの人が活躍しています。

どの人も大変女性らしく、美しい所作で見る人を魅了しています。

女形の美人とは?

松川翔也さん歌舞伎で演じられる女形は、顔だけでなく、立ち振る舞いや、ふとした表情の美しさが評価されます。

本物の女性より女性らしく、女性のお手本のような女形。

女性である筆者から見ても、愛らしいなぁと思います。

時代劇でも千両役者として出演するのは、概ね「女形」です。

普段は男らしくても、演技になると女性らしくなるので不思議ですね。

奥ゆかしい、大和撫子と言った言葉が似合う女形が、美人なのだと思います。

メイクに秘密がある?!

歌舞伎のメイク白粉で真っ白なお顔なのに、美しいと感じるのは、メイクにも秘密があるようです。

これは現代のメイクでも言えることですが、肌が美しいと美人に見えます。

コンシーラーなどでシミやソバカスを隠し、毛穴の無い肌美人を目指しますよね。

歌舞伎の女形も艶のある肌を意識し、鼻筋にポイントを置くそうです。

今のメイクで言ったら、ハイライトですね。

次に目元。

歌舞伎では多くが赤い色を用います。

舞台の照明に負けないよう、濃いめにメイクをするので、私たち一般人は濃いめにしてはダメですよ。

ハロウィンだけにしてください。(*>ш<*)

続いて唇。

ぽってりとした小さめの唇になるよう、一度輪郭を白粉で消してから紅を塗ります。

意外と今のメイクに通じるものがありますね。

白粉はたっぷりなので、真似してファンデーションをたっぷり塗らないように…。

女形の衣装

藤娘女形で絢爛豪華な衣装と言えば「花魁」でしょう。

一人で居ても華やかで目立つ存在です。

花魁は庶民には高値の花。

衣装も髪飾りも豪華です。加納姉妹のよう…。(○´艸`)

筆者は町娘の衣装も可憐で好きです。

実は歌舞伎の衣装は役によって色分けのルールがあるんです!

赤系の着物はお姫様や格式の高い人、緑の衣装は田舎娘、それより少し派手な衣装が町娘といったように、衣装の色が決められています。

また、着物の襟が黒襟ならば町人の妻、遊女には遊女の…と役に合わせた衣装があります。

着るのは全て男性ですけどね☆

大切な所作

女形の所作男性が演じる女形が美しく見える理由のひとつに、所作があります。

動作ですね。

例えば、女形を演じる場合は肩を落とします。

なで肩を意識するということですね。

男性アイドルの中にも、なで肩がコンプレックスという人もいますが、なで肩は「女性的」というイメージが持たれているんです。

その他にも、袖で口元を隠すとか、体を少しひねって座る、体を傾けるなどがあります。

ちょっとした仕草で女性らしさを表現している訳です。

確かに現代の女の子でも、首を少し傾げたり、ニットの袖を手の平で握ったりしますよね。

萌え袖と言うんですよ。(p゚∀゚q)

今も昔も女性はカワイイですね♡

歌舞伎の女形を見て女子力を磨こう!

可愛い女形
歌舞伎の女形は男性が苦労や努力を重ねて、より美しい女性を演じられるように研究されています。

その女形を研究して女子力を磨きましょう!

ちょっとした仕草が、もしかしたら意中の人の目に留まり、美人だなと思われるかもしれません☆




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. 落語家大川亭さくら
    日本では対象物によって数え方が変わりますね。英語ならワン、ツー、スリーで済むのに、日本の場合はそ…
  2. 「将来は住職さん・神職さんになりたい!」 「巫女さんの装束を着てみたい!」 「とにかくお寺・…
  3. koyomi
    毎日何気なく目にしている暦、カレンダー。でも細かく見てみると、月日、曜日を確認することはもちろん…
  4. 有名な歌舞伎役者さんが登場すると、客席から響く「合いの手」。合いの手が入ると、人気者のご登場!と…
  5. 精巧な雪像
    降雪量が多い地域では、雪まつりや雪像まつりが開催され、ニュースでも話題になりますね。その年に話題…
  6. stilts
    突然ですが、あなたは竹馬に乗れますか?最近の幼稚園では、運動会で竹馬競争があるところもあります。…
  7. carp streamer childre
    5月の行事として端午の節句は代表的で、それにちなんだ行事が色々行われます。そんな中で子供の鯉のぼ…
  8. Father's Day gift for health food
    自分の父親には、長く健康でいて欲しいものです。そこで、父の日にお酒などではなく、健康食品を選ぶの…
  9. 家紋は全部で何種類くらいあるの?
    家紋は、自分の家の歴史を知る手がかりとなる紋様です。しかも、それだけでなく家紋のデザインも優れて…
  10. 日本は4つの季節を豊かに感じることができる素敵な国です!四季を堪能するその心は料理にも現れており…

カテゴリー




PAGE TOP