太鼓の種類によって変わる音色が奥深い!日本の伝統的な和楽器「和太鼓」あれこれ!!

楽器を扱える人に憧れを抱くことって時々あります。

筆者は全く楽器を触って来なかったので、出し物の演目を考えるとかなり苦しみます。

そんな時に「ピアノができます」や「サックスをやります」などの特技はとても羨ましいものでした。

実際に演奏している姿も普段とのギャップがあって、とても良いものです。

楽器というと、日本には日本独自の楽器も数多く存在します。

津軽三味線やお琴、尺八など、独特の音色で人々を魅了する楽器が多いです。

これらの和楽器を扱えると聞くと、どことなく気品のある、文化的な印象が付きます。

そんな日本の和楽器の中でも最も馴染み深い楽器が和太鼓です。

和太鼓は日本文化の象徴的な行事や儀式によく演奏されます。

その影響で海外でも「Taiko」としてその音色や存在感が人気を誇っています。

そんな「Taiko」のはじまりや種類について説明します。

日本の代表的な「Taiko」について知ろう!!

和太鼓

まずは日本の和太鼓がどのように始まったかについて分かりやすく説明します。

【和太鼓のはじまり】

日本では縄文時代ごろから和太鼓の文化が存在していたと言われています。

中国から上陸した人伝てに音楽文化が流入したことにより、日本でも楽器を作ろうとします。

その際の最も原始的で基本的な楽器こそが和太鼓のはじまりです。

この頃に作られた古墳や住居跡から発掘された埴輪には、和太鼓のような楽器を手に持った埴輪も出土しています。ちなみに、縄文時代の音楽文化は祭礼としての意味合いが強く、和太鼓も儀式や祭り事の際に使用されたようです。

和太鼓はその音色で地域の信仰神や神様への発信やメッセージを伝える手段として使われました。

儀式や祭り事の際に和太鼓を用いる文化は、現代に至るまで継承されています。

ニュース等で有名な「福男」を決める西宮神社開門神事でも。大きな和太鼓が鳴らされています。

また田楽や猿楽、盆踊りといった各地域のお祭りにおいても和太鼓は使われました。

地域のお祭り会場で子ども用に和太鼓が開放され、よく子どもたちが叩いています。

こうして厳かな寺社仏閣で行われる神事や馴染み深い各地域のお祭りにおいて和太鼓は欠かせないものとして残っていきます。

和太鼓の種類

 
この「和太鼓」という言葉の意味について改めて確認します。

「和太鼓」というのは、打楽器で、複数ある日本の伝統的な太鼓の総称のことです。

つまり和太鼓は数多くの種類を持っています。

太鼓自体の大きさや使われる材料によって音色も大きく異なります。

そんな和太鼓は大きく分けて、3つに分類することができます。

長胴太鼓】

わだ

まず一つ目は長胴太鼓(ながどうだいこ)です。

宮太鼓とも呼ばれるこの長胴太鼓は主に寺社仏閣で使用されます。

寺社仏閣などで行われる儀礼や神事の際に頻繁に使用される太鼓です。

一方で、一般の和太鼓演奏団体などでもよく見かける最もポピュラーな和太鼓と言えます。

この長胴太鼓の材質は、胴の部分は木材や硬質プラスチック、叩く部分は牛皮を主に使用します。

胴の部分が硬い材質の方が音が響きやすく、特に欅の木材が最高級品とされています。

形は「長胴」の言葉通り、胴が長い、縦長の和太鼓です。

この胴の長さも様々で30cmから200cmまであり、音色の大きさが異なります。

【締め太鼓】

和太鼓

次に二つ目は締め太鼓です。

この締め太鼓は長胴太鼓に比べて、高音が印象的な和太鼓です。

また胴の周りの締め縄の締め具合を調整することで、高音の高さを調整できます。

より強く締めるほど、より高い音が出ます。

この高音で細かくリズムをとるため、歌舞伎や能などで出てくる祭り囃子によく使われます。

なにより締め太鼓は締め縄が一種の装飾となり、見た目も伝統的で華やかです。

そのため、舞台上での演奏もとても映えます。

締め太鼓の胴と叩く部分の材質は基本的には長胴太鼓と同じになります。

しかし、大きさは長胴太鼓に比べて小さなものが一般的です。

桶太鼓】

和太鼓

最後の3つ目は桶太鼓(おけだいこ)です。

一見すると締め太鼓と同じように皮を周りの締め縄で止めた和太鼓のように見えます。

しかし、胴体部分が大きく異なります。

長胴太鼓や締め太鼓は、胴の部分を木材をくり抜いて作ります。

一方で桶太鼓は細かく小さな木材を組み合わせて胴の部分を作っています。

そのため、ほかの二つの和太鼓に比べて比較的安価になります。

そして多くの桶太鼓が紐を肩にかけて、移動しながら演奏できる仕様になっています。

なので阿波踊りやよさこいなど、街中を移動しながら踊るような時には桶太鼓が最適です。

この桶太鼓も締め縄によって音色の調整が可能です。

桶太鼓に使用されている材質は檜や杉、叩く部分は牛皮や馬皮など比較的安価です。

日本の「Taiko」は誇らしい文化です!!

和太鼓

ここまで和太鼓のはじまりや種類について説明しました。

ここで紹介した和太鼓もほんの一部に過ぎません。

地域によっては全く違う和太鼓が使用されている場合もあります。

そんな数多くの種類の和太鼓が、各地域の数多くの行事やお祭りを盛り上げています。

自分の地域のお祭りで和太鼓に注目するのも興味深いです。




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. 重陽の節句って何?
    重陽という漢字を見ると、中国の地名のようなイメージがしますね。ところが、重陽は地名ではなく、五節…
  2. California Roll
    突然ですが、あなたはカルフォルニアロールは好きですか???お寿司屋さん以外でも販売されており、新…
  3. Kendo rule
    剣道の試合って見た事ありますか?結構激しいんですよ・・・!そしてカッコいいんです!しかし、素…
  4. 柿
    暑い夏が終わると秋が来ます。秋は梨やブドウ、そして「柿」の旬でもあります。柿は剥かないと食べ…
  5. What time is the firefly flying?
    蛍は知っていても、実際には見たことがない人も最近では多いでしょう。実際、蛍は条件を整えないと見る…
  6. ドレスか着物か
    毎年ニュースでも報道される「成人式」。誰にでも一度だけ訪れる、大人になった証の記念日です。男…
  7. Shichigosan kimono
    かわいい娘や孫の七五三。3歳の女の子は体も小さく、お腹のところで帯を締めるのは苦しくて大変なので…
  8. Menko
    子どもの集まり等で昔の遊びのめんこをする事になったのですが、遊ぶには当然ですが遊び方(ルール)を知ら…
  9. 神棚の位置は何処がいいの?
    近頃、神道に興味をもつ方が増えてきて、家に神棚を設置しようかと考えている方も多くなっています!そ…
  10. 格言
    「座右の銘」って就職活動の面接や履歴書なんかでよく見かけます。しかし、「座右の銘」について理解で…
PAGE TOP