California Roll

カリフォルニアロール発祥の秘密!カリフォルニアロールを作ったのは実は〇〇だった!?

突然ですが、あなたはカルフォルニアロールは好きですか???

お寿司屋さん以外でも販売されており、新たな巻物の種類として人気を呼んでいますよね☆

ところで、寿司なのになぜ『カルフォルニアロール』と、横文字なのか…?

美味しいからすっかり気にしていませんでしたが、謎の巻き寿司ですよね!?笑

この記事では、そんなカルフォルニアロールの謎に追っていきたいと思います!

いつ頃、どこで作られたの…?

Originated from California Rollカルファルニアロールは名前の通り、アメリカのカルフォルニア州ロサンゼルスのリトル・トーキョーが発祥地のようです!他にも、カナダや他地域の説もありますが、『カルフォルニアロール』という名の通り、カルフォルニア発祥が有力ですね☆

1960年頃、日本人移民のために日本食の海外進出が進み、『寿司』も1960年代後半からお店が徐々に増えていきます。今ではネットの普及により、日本食のイメージはある程度普及していますが、その当時は全く知られていませんでした。

寿司を見て外国人は、

「なんだこの黒い気味悪いものは!!!(海苔)」
「魚を生で!?…しかも米と一緒に食べるのか??」

と、驚かれながら認知が広まりました。びっくり故って感じですかね…^^;

確かに、そんな衝撃的なカルチャーショックを、現地ですぐに受け入れられる訳がありません(汗)

そこで「なんとか現地の人にも寿司を食べてもらえないか?」と考えたスシ・バーの日本人が、カルフォルニアロールを作りました☆

最初の中身は…?

California roll contentsところで、現地の人が受け入れられるように作られたカルフォルニアロール、当初はどんなものだったのでしょうか?

最初のカルフォルニアロールは意外とシンプルで、タラバガニの身とアボカドをマヨネーズであえて、巻き寿司にしたものでした。

その後、見た目も受け入れられるように、裏巻き(海苔が内側になる巻き方)になったのです☆ よく考えてありますね!

現在では他にも、キュウリを入れたり、ツナを入れたり、たくさんのアレンジがされています!

お店や職人さんによってもまちまちですが、どこのお店もカルフォルニアロールと言えば、マヨネーズがどこかしら入っているということと、海苔が裏巻きになっているのは変わりないようですね♪

まさかの逆輸入…!

California roll reverse import1980年代にアメリカでスシブームが起こり、カルフォルニアロールは勿論の事、生魚と米の組み合わせが注目されました!

そこで、実際の日本で食べられている寿司というより、向こうの人が食べやすいものがネタとして多く使われます。例えば、サーモンなんて日本だと生で食べる機会はあまりなかったのですが、アメリカでよく獲れて馴染みのあるということから、いつの間にか『サーモンの寿司』ができていました(笑)

おや?なんだか日本の寿司文化が注目されてるぞ、向こうでは『寿司』を不思議なアレンジをしているぞ!

という事で、日本でも多くの海外の文化が入ってくる中、カルフォルニアロールも入ってきました!俗にいう逆輸入ですね☆

その後、日本でも普及していったカルフォルニアロールは、今ではお寿司屋さんのメニューに入っているくらい浸透し、人気になりました♪

みんな大好きカルフォルニアロール…!!!

I love California roll日本人の私としては、『え、これが寿司?』と、最初に知ったときは思いましたが、食べてみたら美味しい!今ではメニューにあれば注文しちゃいます(笑)

こうやって見ると、日本の歴史が海外に渡り、アレンジされてまた新しい文化が生まれていることが分かりました☆きっと文化や歴史の融合が、素敵な文化を誕生させるきっかけになるんですね〜♪

ぜひ、今夜のメニューに迷われているようでしたら、たまには趣向を変えて、カリフォルニアロールを食べてみてはいかがでしょう?

こういった歴史を知って食べると、また味わい深いものがありますよ^^

 




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. 江戸時代ってずいぶん昔な気がしますが、実はほんの150年前まで江戸時代だったんですよ〜!…って、…
  2. Start writing
    書き初めといえば、私はどうしても冬休みの宿題のイメージが強いです!そういえば遠い昔にやったなぁ~と懐…
  3. 除夜の鐘
    除夜の鐘をなぜ鳴らすのか、その意味について知っている大人はいると思います。そう108の煩悩(ぼん…
  4. ナルトだってばよ
    忍者は身のこなしが軽く、水中に隠れていたり、煙幕で姿を眩ましたりと、神出鬼没な存在です。その不思…
  5. 伝統工芸の弟子入り
    伝統工芸の職人になりたいと思っても、何をすれば良いのか全く分からないというのが普通でしょう。私と…
  6. 赤ちゃんが生まれると、1歳までの間は様々なお祝いの行事が目白押し!お七夜、お宮参り、お食い初め、…
  7. Traditional craft wallet
    財布って、その持ち主の個性をよく表していると思いませんか?大切なお金とか入れるものですから、何か…
  8. 金華山のリス村
    岐阜城は金華山(稲葉山)の頂上にそびえ立つ歴史ある山城です。かつては、斎藤道三や織田信長らが城主…
  9. 年越しそばの由来
    毎年、年末になるとおそば屋さんは大忙し。店では朝から麺を打ち、そばつゆを仕込み、お客様をもてなし…
  10. Carp streamers Senior citizens
    デイサービスなどで行う5月のレクリエーションとして、鯉のぼり制作をする所も多いです。鯉のぼり制作…
PAGE TOP