California Roll

カリフォルニアロール発祥の秘密!カリフォルニアロールを作ったのは実は〇〇だった!?

突然ですが、あなたはカルフォルニアロールは好きですか???

お寿司屋さん以外でも販売されており、新たな巻物の種類として人気を呼んでいますよね☆

ところで、寿司なのになぜ『カルフォルニアロール』と、横文字なのか…?

美味しいからすっかり気にしていませんでしたが、謎の巻き寿司ですよね!?笑

この記事では、そんなカルフォルニアロールの謎に追っていきたいと思います!

いつ頃、どこで作られたの…?

Originated from California Rollカルファルニアロールは名前の通り、アメリカのカルフォルニア州ロサンゼルスのリトル・トーキョーが発祥地のようです!他にも、カナダや他地域の説もありますが、『カルフォルニアロール』という名の通り、カルフォルニア発祥が有力ですね☆

1960年頃、日本人移民のために日本食の海外進出が進み、『寿司』も1960年代後半からお店が徐々に増えていきます。今ではネットの普及により、日本食のイメージはある程度普及していますが、その当時は全く知られていませんでした。

寿司を見て外国人は、

「なんだこの黒い気味悪いものは!!!(海苔)」
「魚を生で!?…しかも米と一緒に食べるのか??」

と、驚かれながら認知が広まりました。びっくり故って感じですかね…^^;

確かに、そんな衝撃的なカルチャーショックを、現地ですぐに受け入れられる訳がありません(汗)

そこで「なんとか現地の人にも寿司を食べてもらえないか?」と考えたスシ・バーの日本人が、カルフォルニアロールを作りました☆

最初の中身は…?

California roll contentsところで、現地の人が受け入れられるように作られたカルフォルニアロール、当初はどんなものだったのでしょうか?

最初のカルフォルニアロールは意外とシンプルで、タラバガニの身とアボカドをマヨネーズであえて、巻き寿司にしたものでした。

その後、見た目も受け入れられるように、裏巻き(海苔が内側になる巻き方)になったのです☆ よく考えてありますね!

現在では他にも、キュウリを入れたり、ツナを入れたり、たくさんのアレンジがされています!

お店や職人さんによってもまちまちですが、どこのお店もカルフォルニアロールと言えば、マヨネーズがどこかしら入っているということと、海苔が裏巻きになっているのは変わりないようですね♪

まさかの逆輸入…!

California roll reverse import1980年代にアメリカでスシブームが起こり、カルフォルニアロールは勿論の事、生魚と米の組み合わせが注目されました!

そこで、実際の日本で食べられている寿司というより、向こうの人が食べやすいものがネタとして多く使われます。例えば、サーモンなんて日本だと生で食べる機会はあまりなかったのですが、アメリカでよく獲れて馴染みのあるということから、いつの間にか『サーモンの寿司』ができていました(笑)

おや?なんだか日本の寿司文化が注目されてるぞ、向こうでは『寿司』を不思議なアレンジをしているぞ!

という事で、日本でも多くの海外の文化が入ってくる中、カルフォルニアロールも入ってきました!俗にいう逆輸入ですね☆

その後、日本でも普及していったカルフォルニアロールは、今ではお寿司屋さんのメニューに入っているくらい浸透し、人気になりました♪

みんな大好きカルフォルニアロール…!!!

I love California roll日本人の私としては、『え、これが寿司?』と、最初に知ったときは思いましたが、食べてみたら美味しい!今ではメニューにあれば注文しちゃいます(笑)

こうやって見ると、日本の歴史が海外に渡り、アレンジされてまた新しい文化が生まれていることが分かりました☆きっと文化や歴史の融合が、素敵な文化を誕生させるきっかけになるんですね〜♪

ぜひ、今夜のメニューに迷われているようでしたら、たまには趣向を変えて、カリフォルニアロールを食べてみてはいかがでしょう?

こういった歴史を知って食べると、また味わい深いものがありますよ^^

 




道案内


人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. 「将来は住職さん・神職さんになりたい!」 「巫女さんの装束を着てみたい!」 「とにかくお寺・…
  2. 日本は4つの季節を豊かに感じることができる素敵な国です!四季を堪能するその心は料理にも現れており…
  3. Summer solstice winter solstice
    夏至は昼の時間が一番長い日、冬至は一番短い日。これを夏至と冬至の説明でよく聞くかと思います。しか…
  4. 講談師 一龍斎貞鏡
    落語同様、日本の話芸として受け継がれ続けている講談。落語は笑点を始め、寄席でも多く高座で演じられ…
  5. 名取 費用
    日本舞踊を習っているけどいつになったら「名取り」にしてくれるんだろう?一つの区切りとしてやっぱり…
  6. 毎年、夏休みも終わりに近づいた頃、慌てて自由工作のテーマを考えるってことないですか?子供が自分の…
  7. 花火大会等の時、街には浴衣姿の人が溢れかえります。若い女の子達の華やかな装いが実に目に楽しい!…
  8. Drawing water
    最近、入学祝いの包みが多様化してきて、可愛いデザインの封筒のようなタイプが出てきました。そのよう…
  9. Censer burner
    お寺や昔からあるお仏壇、葬祭会場などのお線香立てには、既にたくさんの灰が入っていて、当たり前のように…
  10. 雪合戦をする女子
    雪遊びの定番と言えば、かまくらと雪だるま、そして「雪合戦」。少ない積雪量でも雪玉を作ることができ…

カテゴリー

ブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

温泉探し



PAGE TOP