重陽の節句って何?

重陽の節句って何?あまり知られていない雅(みやび)な節句

重陽という漢字を見ると、中国の地名のようなイメージがしますね。

ところが、重陽は地名ではなく、五節句のひとつで、秋の代表的な節句なんです☆

そんな節句、聞いたことないという方もいらっしゃるでしょう(筆者もその一人でした)

そこで今回は、重陽の節句について調べてみました!

重陽(ちょうよう)とは?

重陽(ちょうよう)とは?天気予報や情報番組でもあまり取り上げないので、聞きなれない言葉かもしれません。

重陽(ちょうよう)は、五節句のひとつで、9月9日に行う節句です。

9月9日を重陽と呼ぶのは、陰陽道(おんみょうどう)が由来です。

陰陽では、奇数を陽とする考え方があり、1~9の中で最大数の9が重なる日なので重陽と呼びます。

陽なら明るいイメージがするから、縁起が良い日なのかな?

と思われる方もいると思いますが、実は逆で、元は陽が重なる日は気が強すぎる、不吉な日でした☆

そこで、邪気を払い、長寿を祝う日として節句を行うようになったのです。

のちに、陽が重なる日は吉日と考えるようになり、祝い事の日となりました♪

(真逆の考え方に転ずるのも、なかなか無い歴史ですね)

五節句と重陽

五節句と重陽重陽の節句の歴史は古く、中国では漢の時代(前206頃~8年頃まで)から行われていました。

日本に重陽の節句が伝わったのは平安時代で、ほかの五節句とともに伝わりました。

五節句の中では、桃の節句や端午の節句などが有名ですね♪

五節句とは

五節句は、以下の五つを言います。

①人日(じんじつ):1月7日(七草がゆ)
②上巳(じょうし):3月3日(桃花、よもぎ)
③端午(たんご):5月5日(菖蒲)
④七夕(しちせき):7月7日(笹、瓜)
⑤重陽(ちょうよう):9月9日(菊、栗)

1月7日は、1月1日が元旦にあたるため別格として扱い、1月7日に節句の祝いを行いました。

あれ?奇数なのに11月11日は節句がない…

ですね☆

陰陽道の考え方で、奇数の一番大きな数が9であることから、11月は除外されたと伝えられいます。

五節句については以下の記事も参考になさってくださいね♪

重陽は菊の節句

菊の節句である重陽旧暦では、9月は菊が咲く季節なので、重陽の節句は菊の節句と言います。

菊の花を飾ったり、菊の花びらをお酒に浮かべて祝宴を開いて祝う日です。

菊は食用、除虫、観賞用と、さまざまな種類がありますね。

花も小菊から、大輪の花を咲かせるものまであり、成長を競い合うこともある、人気の花です♪

天皇家の紋章も、十六枚の花びらをあしらった菊の紋章ですね。

日本での重陽の節句

日本での重陽の節句日本では平安時代の初期より、菊や栗を用いたお酒や食事で祝宴を開いていました。

9月に菊や栗は早いのでは…?

と思うなかれ。

これは旧暦の行事で、現代の暦にすると10月中旬にあたります。

色鮮やかな菊の花びらをお酒に浮かべ、焼き栗や栗ごはんで節句を祝います。

日中はススキの穂が風に揺れる風景を眺め、夜はコオロギの美しい音色で穏やかに過ごす…。

秋の訪れを楽しむ光景が目に浮かびますね♪

重陽は大人のひな祭り?

重陽は大人のひな祭り?大人のひな祭りという響きは、ちょっぴりドキッとさせられる言葉ですね☆

重陽の節句の時期は、おひな様を出して湿気などを除去する季節でもあります。

日本の夏は高温多湿で、箱の中や押し入れに仕舞いこんだままだとカビやすくなります。

そのため、重陽の節句の頃に、おひな様を出して、メンテナンスをします。

桃の節句に飾るおひな様は、女児の成長を願う祝いで、大人のひな祭りは保守なんですね☆

子どもの頃の桃の節句を懐かしみながら、おひな様を大切にする大人の女性へと成長した証。

大切な文化として受け継いでいきたいですね♪

重陽の節句のご馳走

重陽の節句のご馳走節句といえばご馳走がつきものです♪

1月7日は七草粥。

春の七草を入れて、薄味に仕立てたお粥は、上品で体に優しい味がします。

3月3日は、甘酒やひなあられで、カラフルかつ可愛らしく。

5月5日は、柏餅やちまき。

7月7日は、あまり知られていませんが、そうめんを食べます!

元々は索餅(さくべい)といって、小麦粉で作られたお菓子を食べていました。

やがて作り方などが変化して、現代では素麺(そうめん)に。

そうめんを天の川に見立て、暑い夏の夜に冷えたそうめんを食べるのは粋ですね☆

七夕に関係なく、偶然そうめんを食べていた人もきっと居ると思いますが…(笑)

9月9日のご馳走は

9月9日の主役は五節句の締めでもある重陽の節句は、菊と栗が主役。

食用の菊の花びらをお酒に浮かべたり、ちらしずしの上に散らしたりして楽しみます。

菊を主役にした生け花を飾るのも素敵ですね♪

栗は、イガ付きが手に入る方は、インテリアとして飾るのもおすすめです。

定番の栗ごはんは、収穫時期に合わせてキビやアワを混ぜた雑穀米にしてみましょう。

デザートは栗の渋皮煮やモンブランケーキなどを堪能すれば、豪華な重陽の節句ができますね♪

重陽の節句を祝おう

重陽の節句も大切に春から夏は、寒い冬を我慢し、迎えた心がワクワクする季節です。

新年を七草粥で迎え、桃や端午の節句で子どもの成長を願い、願い事を書いて七夕を楽しむ…。

それに比べると、秋はこれから寒い時期に向かう、もの寂しさを感じる季節。

華やかな菊や美味しい収穫物でパワーチャージをして、邪気を払い、元気に冬将軍を迎えましょう!




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. Kanji radical
    当たり前の話ですが、日本語は文にして残す時に『漢字』を用います。ひらがなやカタカナも用いますが、…
  2. 菜の花のおひたし
    ふきのとうやつくしが顔を出し始めると、春が来たなぁと感じます。そして辺り一面、黄色の絨毯のように…
  3. Recommendation of Nanbu Iron Pot Frying Pan
    南部鉄器と言えば何を思い浮かべますか?鉄瓶でしょうか?もしくは、炊飯器の方もいるかも知れません。…
  4. コロナキャンプ大丈夫?
    もはや、一年中注意が必要な気配を帯びてきたコロナウイルス。テーマパークや旅行もいろいろと制限され…
  5. Summer gift
    デパートやスーパーなどにお中元コーナーが出てくると“今年は何を贈ろうか!?”と頭を悩ませる方も多いの…
  6. 竜笛
    龍笛は雅楽に用いられる管楽器で、1300年程前に中国から日本に渡ってきました。それから現代に至る…
  7. いわゆる江戸時代末期「幕末」について、あなたはどのくらいの知識をお持ちでしょうか?「大政奉還があ…
  8. 終戦記念日を知らない人現代人
    最近、残念なことに終戦記念日を知らない人が増えていることをよく聞くようになりました…確かに戦後7…
  9. 最近、伝統工芸の職人になりたいという話をちらほら聞くことがあります。かく言う私も、かつて考えたことが…
  10. 九谷焼の招き猫は何処で買える?
    石川県の伝統工芸品である九谷焼には、様々な製品があります。そんな沢山の中から、今回は招き猫とそれ…
PAGE TOP