恵方巻きと節分

恵方巻きとお座敷遊びのちょっとHな黒い噂。切っちゃダメよ!? 恵方巻きの都市伝説を解説します!

節分になるとスーパやコンビニに並ぶ「恵方巻き」。

昭和の時代には無かった風習です。

その年の恵方(吉とされる方角)を向いて、願掛けをしながら黙って食べると願いが叶うとされています。

この縁起物ですが、実は誠しやかな噂があることをご存知でしょうか?

本日は恵方巻きの、とある都市伝説についてご紹介したいと思います。

あ!小さいお子様が寝てからお読みくださいね☆笑

元々は丸かぶり寿司

丸かぶり寿司恵方巻きと呼ばれるようになり、人気が定着しましたが、この呼び名は、大手コンビニのセブンイレブンが名付け親です。

元々は関西発祥で、丸かぶり寿司と呼ばれていました。

丸かぶりは「かぶり付く=頬張りつく」という感じを想像してください。

黒い大きな太巻きを、先端から大きな口であ~ん♡と。

そして「切ってはいけない」決まりになっています。

この辺りでピンっ!ときた人も居るのではないでしょうか笑

着物と遊女と太巻きと

芸妓さん「あれぇ~!お戯れを」

悪い代官やお殿様が、若い娘を手籠にする時に、着物の帯をクルクルと剥がします。

これは時代劇に限ったことではなく、芸者や遊女と遊ぶ時も同様です。

太巻きの中身は、色彩鮮やかな具材が入っていますね。

これは着物の柄を表しているのか、さりとて襦袢の色なのか・・・。

太巻きは男性のアレレ?

ベルギーの小便小僧丸かぶり寿司(太巻き)は関西が発祥だとご説明しました。

もう少し詳しく言うと、大阪船場の花街が発祥だと言う噂があります。

この花街の花魁に、太巻きをかぶり付かせ(頬ばらせ)るという遊びが流行ったのです。

それを見てお金持ちの旦那衆がニヤニヤと、何やら想像しながら楽しんだ訳です。

でも、太巻きが男性の○○を象徴するのだとすれば、細巻きでは男性が恥ずかしいのかも!?

豆まきも?!

大豆都市伝説化している話ですが、節分の「豆まき」も、隠語だという噂があります。

豆まき=豆遊びと解すると、女性を象徴する流れになり・・・。

「豆遊び」と「丸かぶり」な訳です。

だから(邪魔な)鬼は外!!なんでしょうか?笑

実は販促の戦略

とらとらところが、この噂、デマだと言う人も居るんです。

節分に、商売繁盛や無病息災を祈願したというのは事実です。

丸かぶり寿司が節分に登場した理由は諸説あります。

1.船場の花街で働いていた女中が、願掛けをしながら食べたら願いが叶った説
2.商売繁盛を願う巻き寿司なので、女中にも食べさせた説
3.遊女に頬ばらせて楽しんだ説(有力)

この「丸かぶり寿司」を流行らせて、商売繁盛を狙った商人が販促を行ったとされています。

どうやら関東までは販促が行き届かなかったようです(笑)

筆者の記憶と推測

鬼の面と豆筆者の記憶では、昭和の終わり頃、節分の時に「お寿司セット」を販売していたお店があったと思います。

鬼の面を蓋にした、子ども向けのパッケージです。

節分に寿司

握り寿司より、巻き寿司の方が売りやすい。

そうだ!大阪には節分に巻き寿司を食べる文化がある!

この辺りからセブンイレブンが、節分に巻き寿司を販売し始める。

という流れがあっても不思議ではありません。

お稲荷の立場は?

稲荷ずしもうひとつ、助六の中にも入っているお寿司「お稲荷」さん。

こちらも商売繁盛の稲荷神社と、深い関係がありますね。

同じ寿司で、商売繁盛を祈願するものなので、一緒に販売されても良さそうです。

ただでさえ、太巻きが男性の○○をイメージさせているのに、お稲荷まで付けるなんて!

ということでしょうか(笑)

販促活動と食料品

ウナギのかば焼き今も昔も、商売繁盛やご当地PRなど、販促活動には多くの飲食物が使われています。

その代表格が「土用のウナギ」と「バレンタインデー」です。

土用の丑にウナギを食べようと言いだしたのは、江戸時代の発明家「平賀源内」です。

この平賀源内は、日本のダ・ヴィンチとも呼ばれていて、地質学、蘭学、医学、戯作者など博学な人。

夏場のウナギの売れ行きが芳しくないので、とあるウナギ屋が平賀源内に相談しました。

すると源内は「本日は丑の日」という張り紙を店に貼れば良い、とアドバイスしたんです。

人間の心理って不思議ですね。

これだけで土用の日はウナギを食べなければ!という気持ちになるんですから^^

食にまつわる行事が増えている

カボチャの煮物バレンタインデーが日本に定着した後、いつの間にか3月4日はホワイトデーになってしまいました。

日本人はイベントが好きなのかもしれません。

ハロウィンも近年盛り上がりを見せていますし、一年を通して見ると「食」に関する行事が結構あります。

春の七草粥、端午の節句の柏餅、十五夜の月見団子、冬至のゆず湯や、かぼちゃの煮物などなど。

恵方巻きもそのひとつです。

花街が起源かどうか、信じるか信じないかはあなた次第です(笑)




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. クリスマスが終わると、街は一気に大晦日、そしてお正月の雰囲気に変わります。お正月が近づいてくると…
  2. Summer gift
    デパートやスーパーなどにお中元コーナーが出てくると“今年は何を贈ろうか!?”と頭を悩ませる方も多いの…
  3. すこーし肌寒くなると、秋がやってきた気がしますよね!この時期になると食べたくなるのが、そう。栗!…
  4. 江戸時代の将軍とは?
    日本で将軍と言ったら、江戸幕府における徳川家のことを思い浮かべる人が多いと思います。しかし、有名…
  5. 18きっぷで旅に出よう
    筆者は旅が好きで、時々18きっぷを活用して国内旅行に出掛けます。長距離バスやLCCの普及にも負け…
  6. 旧盆の意味
    実は旧盆の意味を正確に答えられる人って、案外少なかったりするんですよね。なんというか、いろいろゴ…
  7. Biwa Lake Fishing
    琵琶湖近くに住んでいるのでその辺りを散歩したりするのですが、よく釣りをしている人に出会います。休日は…
  8. 年金手帳
    「私たちが歳をとる頃は、年金なんて貰えないんでしょ?」「自分が貰えないのに、年金なんて払いたくな…
  9. 日本には伝統的なおもちゃがいっぱいあります。特にお正月には、凧、かるた、羽根つき、コマ回しなどな…
  10. 秋の七草
    春の七草は聞いたことがあっても、秋の七草は知らないなんてことも多いかと思います…そこで、今回は秋…

カテゴリー




PAGE TOP