終活の準備はいつから始めるといい?

終活の準備を始める時期とタイミングはいつ頃がベスト?

これまで「しゅうかつ」といえば、就職活動を差す略語が一般的でした。

近年、しゅうかつは、終活という、人生の終わりを迎えるための活動という意味も登場しました。

とはいえ、就活は若い人たち、終活は高年齢層…ということではありません。

今回は、全世代の人を対象に、終活の大切さをご紹介したいと思います☆

終活に年齢は関係ない

終活に年齢は関係ない自分はまだ若いから、終活を考えるのは早いよね。

人生の終わりを考えるのは、なんだか縁起が悪そう…。

いえいえ。

終活の準備を始めるのに、年齢は関係ありません

誰しも、いずれは人生を終える時がやってきます。

その「」は、自分では選べません。

あとで、あぁしておけばよかった…という後悔をしないために、終活をするのです!

捨てておけばよかった、仲直りしておけばよかった…などは、早く解決した方がいい問題ですね♪

あそこに隠しておいたんだよなぁ…と、思うものなど、ありませんか?

終活の準備はいつから始めればいい?

終活の準備はいつから始めればいい?思い立ったが吉日という言葉があります。

物事を始めるには、思い立った時が始め時という意味です。

年齢に関係なく、人生の節目や、今必要と思うタイミングで終活をしてみましょう。

おひとり様も、ご夫婦の方も、それぞれ自分のタイミングで大丈夫。

あれも、これもと難しく考える必要はありません。

例えば、進学や一人暮らしを機に、ランドセルの処分方法を考える、撮りためた写真の整理をするなど。

これも終活の一種です。

人生は続くのですから☆

ライフプランを書き出してみよう

ライフプランを書き出してみよう具体的には考えられない…という方は、自分が理想とするライフプランを書き出してみましょう。

まずは大まかに、○歳の時に入学、○歳で就職、○歳に結婚…といった具合に、予定を書き出します。

ここでのポイントは、大まかに書きだすことです。

○歳頃にこんなイベントがあるなぁと把握することが目的なので、大まかで大丈夫♪

自分の理想のライフプランを書き出すことは、頭の中を整理する上でも役立ちますよ。

問題を考える時期を書き足す

問題を考える時期を書き足すその後、書きだしたライフプランに、必要になるものや、不要になりそうなものを書き足します。

重要なのは、○歳の頃に、この項目について考える、ということを書き足すことです。

進学や就職の時期は、生活に何が必要で、費用はどのくらいかかるか。

結婚や育児中は、保険やマイカー、住宅など。

働き盛りから定年までは、趣味や仕事に必要なものと、不要なもの。

定年後は、健康や財産、不要なものの見直しなど。

人生の節目となる時期に、考えるべき項目を書いておくと終活がスムーズになります♪

具体的に終活はどんなことをするの?

具体的に終活はどんなことをするの?終活で最も多いのが断捨離です。

親や知人から譲り受けたものや、使わなくなったものを自分の代で処分する人が増えています。

不用品を処分して、お金を得られたらもっと嬉しいですね♪

そのほか、財産分与、遺言、お墓、持家などについて考える方も多いです。

やっぱり高齢者向きの内容か…と思うなかれ。

若い世代でも、車や写真、思い出の品や趣味の用品などを手放す方も多いですよ☆

終戦後~昭和時代は、物を保有することに憧れる時代でした。

終活などはネガティブ思考だった時代です。

それが、突如訪れた新型コロナの影響で、おうち時間が増え、物の保有を見直す人が増えました。

物品であれ、家や車であれ、必要不必要は、当人にしか分からないものです。

早めに要不要を見極めることは、悪い事でもネガティブな事でもありません。

ポジティブな考え方で終活を捉える

ポジティブな考え方で終活を捉える終活は自分がいつでも心おきなく旅立てるための準備。

また、遺された人たちへの優しさでもあります。

自分がいない場所で揉めないように、処分にこまらないように、と指針を残すことで安心が得られます♪

何より、不要なものが減ることで家の中がスッキリとし、気持ちも楽になります。

人生を振り返りながら、未来の設計図を描くためにも役立つと、ポジティブに捉えて行動してみましょう。

日記を書くような気持ちで、自分のエンディングノートを描いてみてください。

人生の終止符が、自分の理想に近い状態になるなら素敵ですよね♪

専門家に相談するという手も

専門家に相談するという手も自分では考えることが難しいという方は、終活コンサルタントや司法書士などに相談する手もあります。

エンディングノートや、遺言書などの書き方を学ぶことができますよ☆

コンサルタントは、終活の考え方から、すべきこと、人生設計のアドバイスなどをしてくれます。

費用はかかりますが、悩んだりモヤモヤするよりは、思い切って相談してみるのも一計です。

人生は誰しも終わりがある

人生は誰しも終わりがある人だけでなく、可愛がっているペットや大切に育てている植物も、いつかは終わりがやってきます。

これは誰しも避けられない事実。

ならば、若くて体力があるうちから、ポジティブに終活の準備を始めましょう!

自分の人生に向き合うことで、より素晴らしい未来が待っているかもしれません♪




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. キッチンペーパー
    吸水性、吸油性に優れ、料理やお掃除などに使いやすいキッチンペーパー。今では台所に欠かせないアイテ…
  2. 二人羽織
    忘年会、新年会、新歓コンパや歓迎会などに欠かせない宴会芸。歌や踊り、漫才など、何をするか、考える…
  3. 妊婦は甘酒を飲んでもいいか
    ほんのり甘くて、老若男女問わず飲める「甘酒」その歴史は古く、なんと古墳時代までさかのぼります。…
  4. 5月5日はこどもの日! 祝日法では、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝す…
  5. マスクの洗濯方法
    不織布マスクが店頭から姿を消し、なかなか入手できない方もいると思います。原料の値段が高騰している…
  6. フォトジェニックな古都の風景
    日本の古き良き文化が残る古都。歴史も風情もあり、観光地としての魅力が盛りだくさんです。SNS…
  7. Kimono clock
    日本の民族衣装である着物が見直されている昨今、着物でお出かけしようという方も増えています。しかし…
  8. Menko
    子どもの集まり等で昔の遊びのめんこをする事になったのですが、遊ぶには当然ですが遊び方(ルール)を知ら…
  9. 蚊取り線香とダニ
    寝ているときに、なぜか耳元にプゥ~ンと寄ってくる蚊。知らない内に血を吸って、置き土産のように痒み…
  10. 能の意味
    落語や講談の他にも、日本が誇る古典芸能があります。それが「能」「狂言」「歌舞伎」「文楽」です。…
PAGE TOP