祝い箸と割り箸の違いって何?

祝い箸と割り箸の違いって何?祝い箸を正しく使って運気もアップしよう!

お正月やお食い初めなど、お祝いのときに欠かせないのが祝い箸。

割り箸でもいいのに、なぜお正月に祝い箸を使うのでしょうか。

今回は、祝い箸と割り箸の違い、祝い箸の由来や呼び名、使い方を徹底紹介いたします☆

祝い箸とはどんな箸?

祝い箸とはどんな箸?祝い箸は、両端(上端と下端)が細くなっている箸で、お正月やお祝いの時に使う箸です。

お食い初めにも使われますね♪

箸袋は、寿の文字が書かれていたり、おめでたい水引が使われていることもあります。

祝い箸のほか、両口箸、柳箸、俵箸、太箸(たいばし)など、様々な呼び名があります。

割り箸はどんな箸?

割り箸とは割り箸は、日本人には馴染み深い箸で、木や竹に割れ目を入れ、使う時に割って使います。

ハレ」と「」を兼ねており、、ハレは晴れ(祝い事や神事)を表します。

ケは、家庭用や日常用という意味があります。

神社などで、七草粥やお汁粉が振る舞われる際に使われることもあります。

ただし、祝い事では、折れない丈夫な箸として、柳の祝い箸を使うのが一般的です。

祝い箸と割り箸の違い

祝い箸と割り箸の違い祝い箸、割り箸、ともにお正月に使う箸ですが、神棚にお供えして使っていただくのが祝い箸。

祝い箸は、家長(家の主人)が大みそかに、箸袋に家族の名前を書いて、神棚にお供えします。

おせち料理を歳神様にお供えしたのち、下げていただく時に祝い箸を使います。

両口箸とも呼ばれる理由は、片方は神様が使い、片方は人間が使うためです。

これは「神人共食(しんじんきょうしょく)」を意味します。

共食いではありません(笑)

神様と人間が同じ箸を使うという、ありがたくもめでたい行事なんです♪

祝い箸は一度で捨てない

祝い箸の袋はどうする?立派な袋に入った祝い箸ですが、一度使って捨てないようにしましょう。

祝い箸は、元日におせち料理やお雑煮をいただき、自分できれいに洗います。

そして、正月三が日(1月1日~1月3日まで)または、松の内(1月7日)まで使います。

箸はよく乾かしてから、自分の名前が書かれた袋にしまうか、専用の箸袋に入れても構いません。

祝い箸を使い終わったら

祝い箸を使い終わったら祝い箸は使い終わったら、どんど焼きに持参し、正月飾りなどと一緒に燃やしてお炊き上げします。

どんど焼きに行けない場合は、箸を塩で清めたのち、白い紙にくるんで可燃物として出します。

生ゴミや汚物と一緒にしないよう注意してくださいね☆

祝い箸の言い伝え

祝い箸の言い伝え祝い箸は、神様と人間がともに使う「神人共食」を意味すると先述しました。

片方は神様が使うので、

あれ?どっち側を使ったっけ?

ということがないように注意しましょう。

また、祝い事に折れることを避けるため、丈夫な柳の木が使われます。

そのほかの呼び名にも、ちゃんと意味がありますよ♪

以下にまとめますね。

・両口箸:神人共食
・柳箸:丈夫で折れにくく、神聖な木。春一番に芽吹く木で、家内喜と書かれることも。
・俵箸:真ん中あたりが太めにできており、五穀豊穣を願って米俵を模している
・太箸(たいばし)、はらみ箸:子孫繁栄を表す
・丸箸:円満

祝い箸はどこで買える?

祝い箸はどこで買える?年末近くなると、百貨店、ネットや100均、ホームセンターなどで、さまざまな種類が販売されます。

祝い箸は、お正月だけでなく、お食い初めや結納などのお祝い時も使われるため、年中見かけます。

高いからいい、安いからだめということはなく、心を込め、正しく使うということが肝心です。

自分の箸の使い方は正しい?

自分の箸の使い方は正しい?箸に関するマナーは意外と多く、知らずにやっている使い方もあると思います。

箸のマナーについてはこちらの記事も参考になさってくださいね☆

祝い箸で特にタブーなのは、両端を使って食事をすることです。

大皿から取り分ける際に、箸の上下をひっくり返して使う方がいますが、これはNG

コロナが流行している昨今では、始めから小皿に盛って出す方が◎。

また、箸袋で箸置きを作る方もいますが、専用の箸置きを準備しましょう。

置き方は、持ち手が右にくるように置きます。

これは、祝い箸に限らず、箸共通のルールです。

箸の中央付近を持ち、箸先から約3cmの部分を使って食べましょう♪

割り箸は環境に悪い?

割り箸は環境に悪い?祝い箸と並び、お正月や来客に使われる割り箸。

近年では環境に配慮し、マイ箸持参や、割り箸を置かないお店もあります。

割り箸が環境に悪いかどうかは、賛否両論分かれています。

ただ、割り箸の原料は、間伐材(木の成長のために間引いた材)を使うことが多いのも事実。

特に杉は成長が早く、森林は枝打ちや間引き、伐採などの手入れが必要です。

手入れをせず放置すると、土砂災害や山火事の原因にもなりかねません。

割り箸が必ずしも環境に悪いわけではありません。

燃やしても有害でないことや、間伐材の活躍に繋がることを知っておきましょう♪

正しい箸の使い方でご利益も便利さもアップ!

正しい箸の使い方でご利益も便利さもアップ!筆者が小学生のとき、学校で箸を使って豆をつかみ、別の皿に移動するという遊びがありました。

乾燥大豆は、丸くて滑りやすく、正しい箸の使い方をしないと、豆が上手につかめません。

逆に、ササッと豆を箸でつかんで、移動する所作は、見ていて美しいものでした。

箸を正しく使えば、ご利益もアップし、何といっても便利です。

盛り付けも楽になり、食事も美味しくいただけるうえ、見た目も美しい…。

今年はぜひ祝い箸で、正しく楽しいお正月を迎えてくださいね♪




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. 畳のアレルギーはなぜ起こるの?
    畳のあるところに入ったら、咳やら湿疹など体調が悪くなってしまった…。そんな場合、畳によるアレルギ…
  2. お年玉とポチ袋
    子どものお正月の一番の関心事といえば「お年玉」。誰から幾ら貰えるか、ワクワクドキドキの行事ですね…
  3. mushroom
    美味しいキノコが採れる、秋!この季節の食卓は、キノコ三昧なんて方もいらっしゃるのではないでしょう…
  4. 伝統工芸の彫金はどんな技法?
    伝統工芸には様々な種類があり、その技法もまた実に多様です!その技法の中の1つに、彫金と呼ばれるも…
  5. 戦国時代をテーマにした漫画
    戦国時代は、まだ日本がひとつにまとまらず、各地で戦が起こっていました。そして、身分が低い者でも、…
  6. 京都観光を終えて、いざ帰路につこうと思ったら、おみやげ買ってないとかありませんか?そうでなくても…
  7. お正月のおせち料理
    お正月の楽しみの一つが、見た目も美しい「おせち料理」。各家庭で入れる中身も違い、作る手間もかかり…
  8. 花火
    あなたの初デートの思い出はどんなデートでしたでしょうか?筆者の初デートは地元の花火大会でした。…
  9. 恵方巻き
    近年、節分の時期になるとコンビニやスーパーなどで販売される「恵方巻き」。バラエティに富んだ具材や…
  10. 生け花で使う基本的な道具をご存じでしょうか?「たくさんの道具がなくちゃ生け花はできないの?」…
PAGE TOP