北海道の花火大会見るならココ!私的!北の大地おすすめ花火大会ランキング!

夏といえば海!スイカ!

そして浴衣にうちわに花火大会!(とビール!)ですよね!笑

私の住む北海道でも、夏が短いながらに各地で様々な花火大会が催されています。

どれも素晴らしく甲乙はつけがたい・・・のですが、

ここはあえて、私の超私見な北海道花火ベスト3をご紹介してみます(゚▽゚)b

No.1 道新・UHB花火大会(豊平川花火大会)

札幌の夏といえば豊平川花火大会、正式には道新・UHB花火大会っていうんですね!

2017年で62回目を数える(北海道にしては)歴史の古い花火大会になります。
 ⇨http://dd.hokkaido-np.co.jp/cont/hanabi2017/sapporo.html

打ち上げ数は4000発、例年の人出は非公開だそうですが、毎年この日は豊平川周辺が人で溢れてとんでもない事になります。

一番綺麗に見える場所は、やはり豊平川河川敷になります(゚▽゚)

この花火大会は有料席や予約席などがありませんので、早めに行って場所を確保したほうが良いでしょう。

中島公園などでゆったり見るのもいいカンジですが、低い位置の花火などは見えなくなってしまいます。

道路も地下鉄も人であふれて、通常よりたどり着くのに時間がかかってしまいますから

余裕を持ったタイムスケジュールで動きましょう!(+´゚∀゚`)=b

規模と行きやすさで私的No.1です♫

No.2 勝毎花火大会

十勝川で行われる北海道最大規模の花火大会です。

その打ち上げ数、な、なんと20000発ッ!

毎年20万人が訪れるビッグなイベントとなっております(;’∀’)

どの花火大会でもそうですが、ここもやはり場所が決め手になります。

いい場所から見ないと、やはり低い位置のが見えなくてしょんぼりです。

この花火大会には有料の観覧席があります。もちろん一番いい場所!

料金はマス指定4名までで17280円、ペア席8640円、自由席一人4320円です。

高いか安いかはそれぞれの価値観の問題ですが・・・とりあえず毎年「販売開始10分で売り切れ」になっています!(((;゚д゚)))

現在は抽選になったようですね〜^^

5月下旬に受付がはじまりますので、どうしても手に入れたい方はお早めに公式のホームページなどで確認してくださいね^^
 ⇨http://www.tokachi.co.jp/hanabi/

また、毎年有名旅行会社で観覧席付きツアーなども組まれているようです。

少々お高い気もしますが…往復の足と宿と観覧席まで段取りしてくれますから楽チンでしょうね(゚▽゚)

一番いい場所にもちろん無料のエリアもあります。

しかし、あまりに人気が高く、人が殺到してしまうため、整理券での入場制限があったりします。

申し込み受付は6月、スマホアプリか郵送での申し込みで抽選になるそうです。

こちらも、公式HPを見てしっかり備えましょう。

道外から来られる場合など、ちょっと千歳空港から遠いかもしれませんが、その規模はピカイチです!なので私的No.2で!

No.3 洞爺湖ロングラン花火大会

打ち上げ数450発と、他の花火大会に比べて少し地味な気もしますが・・・

何がすごいって、この花火大会、毎年4月末から10月末まで毎日やってるんですよ!

平日でもやります。ちゃんと毎日やります(`・ω・´)
(もちろん天候によります(;’∀’))

フラっと訪れて湖畔で見ようかなーなんてなっても大丈夫♪

なにせ毎日やってますから、いつもそんなに人だかりにはなりません。

何よりものオススメポイントは、温泉に泊まって部屋や露天風呂から花火が見られる事ですヽ(・∀・)ノ

湖畔に面したお部屋が多いですから、部屋でお酒を飲みながらとか、露天風呂でしっぽりと。。。とか最高ですよ(+´゚∀゚`)=b

温泉にお泊りで行く方も、ドライブがてら見に行く方も、花火の打ち上げ時間はしっかり確認しておきましょうね☆

20:45~21:05 の20分間だけですから! 見逃さないで下さいねー(≧∇≦)

思い立った時に見に行ける事と温泉ながら花火が素敵すぎてNo.3ランクイン!
 ⇨http://www.laketoya.com/event/130.html

冬の花火も楽しんで!

冬になると雪と氷の世界になる北海道ですが、冬のお祭りでも花火が打ち上げられるものがあるんですよ。

けっこう色々あるんですが、いくつかご紹介しますね☆

・層雲峡氷瀑祭り

上川郡の層雲峡で行われる雪と氷のお祭りです。

氷の建造物やオブジェがライトアップされていてとても綺麗なんですよ!

期間中の土日に花火があげられます。

打ち上げ数はそれほど多くはありませんが、キンっと冷え切って澄み切った空にあがる花火と氷のイルミネーションのコラボは一見の価値アリです(o´・ω-)b

・函館海上冬花火

真冬の函館の海上で期間中(5日間)毎日打ち上げられます。打ち上げ数は2000発!

オススメの見学場所は摩周丸近くの岸壁です。

打ち上げ場所との距離が近いため、大迫力間違いなしですよ(*´▽`*)

でっかいどうですから

北海道って広いんです。

県なら3つくらいはいっちゃうくらい広いんです。

なので一口に「北海道」といってもなかなか網羅するのは難しいんですが、夏はカラっと涼しく大人気の観光地ですから、どこかの花火大会を狙って観光、いかがでしょうか?(oゝД・)b

冬はもちろんの事、北海道は夏でも朝晩は冷え込みます。

道外から来られる方は特に、夏でも上着の用意をして下さいね!

北の大地の短い夏に咲き誇る花火、氷点下の澄んだ空に花開く花火。

どうぞご堪能くださいませ〜ヽ(〃v〃)ノ




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. コロナ禍の夏休み旅行
    毎年、夏休み旅行を楽しみに、仕事や勉強を頑張ってきたのに、2020年の夏はコロナ禍で自粛。コロナ…
  2. 恵方巻きと節分
    節分になるとスーパやコンビニに並ぶ「恵方巻き」。昭和の時代には無かった風習です。その年の恵方…
  3. 正月にコタツを囲んで食べるおせちとお雑煮は格別です。そんなお雑煮が周りのお雑煮と少し違うなってい…
  4. Kimono hanger
    様々な日本文化が見直されている昨今、「着物男子」なんて言葉もできるくらい「着物」にチャレンジする人も…
  5. Traditional craft wallet
    財布って、その持ち主の個性をよく表していると思いませんか?大切なお金とか入れるものですから、何か…
  6. 18きっぷで旅に出よう
    筆者は旅が好きで、時々18きっぷを活用して国内旅行に出掛けます。長距離バスやLCCの普及にも負け…
  7. 浴衣 下駄 種類
    夏のデートの定番と言えば、なんてったって「花火大会」ですよね(≧▽≦)ドーンと豪快な音が響き渡っ…
  8. うるうどし
    記念日というのはあなたにとって、思い出のある特別な日です。誕生日や結婚記念日などの個人的な記念日…
  9. 急須 日本茶
    普段何気な~く飲んでいる日本茶。食事の後や、仕事の合間に一息入れる時にいただくことが多いですよね…
  10. 剣道といえばあの剣道着! 袴姿ってカッコイイですよねー!(≧∇≦)しかし、和服離れの著しい現代日…
PAGE TOP