年女と厄年と出産はどう関係する

年女と厄年と出産はどう関係する?年男・年女と厄年の違いも解説します!

12年に一度巡ってくる、自分の生まれ年の干支

年末年始には「今年の年男・年女は・・・」というニュースや記事が流れます。

特に女性は、結婚や出産が厄年年女の時期と関わりがあるのか、気になりますよね。

年女は自分の生まれた年の干支だから分かりやすいけど、女性の厄年っていつだっけ?

という方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、年女と厄年、出産や縁起などについて詳しく調べてみました☆

年男・年女とは?

年男・年女とは?年女(としおんな)は、生まれた年と同じ干支を迎える女性のことをいいます。

男性は年男、女性は年女と呼ばれます。

例えば生まれた年の干支が「トラ」であれば、12年ごとの寅年が年男、年女になります。

12年ごとなので、12歳、24歳、36歳・・・と覚えやすいのが年男、年女です。

年男・年女については以下の記事でより詳しく解説しているので、ぜひ参考になさってくださいね☆

年男・年女と厄年は違うの?

年男・年女と厄年は違うの?12年ごとに回ってくる年男・年女と異なり、年齢が決まっているのが「厄年」です。

男性と女性で厄年の年齢も変わります。

【男性の厄年(数え年)】

・25歳
・42歳
・61歳

【女性の厄年(数え年)】

・19歳
・33歳
・37歳
・61歳

数え年は、生まれた年を1歳と数えるもので、満年齢+1歳のことです。

厄年は前厄(まえやく)と後厄(あとやく)もあります。

本厄の前後合わせて3年間は、厄災に注意しましょうという年なんです。

中でも男性は42歳、女性は33歳の本厄を大厄といい、特に注意が必要な年といわれます。

年女と厄年が重なるのは36歳

年女と厄年が重なるのは36歳昔と比べ、出産年齢が30歳を超えることも増えてきました。

女性の社会進出や、医療の発展などにより、30歳を過ぎての初産も珍しくありません。

30歳を過ぎて結婚し、2~3年後に子どもに恵まれる女性も多くいます。

そこで気になってくるのが「女性の本厄=33歳」です!

出産が本厄と重なっちゃったけど、どうしよう・・・なんて心配になります。

また、年女と厄年が重なるという人も。

満年齢36歳の女性は、年女と後厄が重なることもありますよね☆

年女と出産の関係

年女と出産の関係では、年女や厄年の出産は控えたほうがいいのかというと、そうとはいえません。

女性の厄年は数え年32歳(満年齢31歳)から、後厄38歳(満年齢37歳)までと30代に多いです。

つまり、現代の女性の結婚・出産時期と重なりやすいんです。

医療技術が今ほど発達していなかった時代、出産はまさに命がけでした。

栄養や衛生面も十分でない環境では、30歳代は体調を崩しやすくなるお年頃だったのです。

もちろん注意するに越したことはありませんので、厄払いをするのも◎。

厄年の出産は縁起がいい?

厄年の出産は縁起がいい?地域によっても異なりますが、厄年の出産は縁起が良いといわれています。

特に男の子を出産すると「厄落としになる」とも!

昔の考え方では、男の子は家を守る大黒柱になるから・・・だそうです。

逆に女の子の場合は「厄がうつる」などという不名誉な言い伝えもあります(驚)

なんと厄を落とすために「捨て子の儀式」を行う地域があるんです!!

捨て子の儀式?!

捨て子の儀式?!ご安心ください。

本当に捨てるわけではありません(犯罪、ダメ絶対)

捨てるフリをして、あらかじめ決めていた人に拾ってもらうという形式的な儀式です。

これは厄年の女性が女の子を生んだときと、父親が41歳の時に生まれた男の子の場合。

あれ?男の子は厄落としになるんじゃないの?

と思われた方もいるでしょう。

実は「四十二の二つ子」という言葉があるんです。

四十二の二つ子とは?!

四十二の二つ子とは?!42に2を足すと44になります。

日本人は4(し)=死を連想するため、昔から4は縁起がよくないともいわれます。

「四十二の二つ子」は、足して44歳になることから、親を食い殺すと伝わっているんです!

もはや、語呂合わせと連想の極みですね( ゚д゚)

とはいっても、地域や年齢によっては聞いたことがないという人もいるでしょう。

筆者も初めて知りました。

4を「よん」と読めば問題ないのでは?という気もしますが・・・。笑

丙午(ひのえうま)年の女性

丙午(ひのえうま)年の女性午年が年女になるという女性の中に丙午(ひのえうま)年生まれの方もいますね。

丙午生まれの女性は

・気性が荒い
・夫の寿命を縮める
・男を食い殺す

など、不名誉極まりない言葉が伝わっています。

これは、丙午の年には火災が多いという背景が生んだ言葉です。

江戸時代は火災が多く、ケンカと火事は江戸の華といわれたほどです。

そして江戸の大火で有名な「八百屋お七」が、丙午年生まれということと結びついたのです。

八百屋お七の物語

八百屋お七の物語江戸の八百屋の娘「お七」は、ある大火でお寺に避難した際、ある寺小姓と恋に落ちました。

家の修繕が済み、家に戻ったお七は身分の違いから、恋人に合うこともできません。

もう一度火事になれば、愛しい人に会える・・・!」

恋人に会いたい一心で、放火という大罪を犯してしまったお七。

火あぶりの刑に処されたという、悲恋の物語です。

現代でも、歌舞伎や浄瑠璃、落語などで演目としてあがる有名なお話☆

前田敦子さん主演の「あさきゆめみし~八百屋お七異聞」というドラマもおすすめです!

年女の出産、厄年の出産は考え方次第

年女の出産、厄年の出産は考え方次第厄年だの年女だの、迷信よね。

という方もいれば、気になって不安で仕方がないという人もいることでしょう。

ひとつ言えるのは、昔と今は時代が異なるということ。

生活水準も医療技術も発展した現代ですが、それでも気になるという方は、厄払いに行きましょう!

まずはご自宅の周辺の神社・寺院から参拝を始めてみませんか?




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. Menko
    子どもの集まり等で昔の遊びのめんこをする事になったのですが、遊ぶには当然ですが遊び方(ルール)を知ら…
  2. 恵方巻きと節分
    節分になるとスーパやコンビニに並ぶ「恵方巻き」。昭和の時代には無かった風習です。その年の恵方…
  3. 人力車
    バイトは人生において多大な影響を与えるものです。働くことによって給料を得て、自分の生活を豊かにす…
  4. Shinsengumi
    新選組のドラマって見た事ありあすか?結構数多くのテレビドラマが作られていますが、古いものが多いん…
  5. 一度でいいから高級料亭で和食を食べてみたいものです。伝統ある格式高い日本建築で、美しい日本庭園を…
  6. ホワイトデーにやってはいけないこと
    ホワイトデーは、バレンタインデーにチョコレートをもらった男性がお返しをする日です。お返しは、恋の…
  7. Worship
    産まれたときのお宮参りに始まり、七五三、初詣、大晦日、お祭などの行事に加え、最近では御朱印巡りやパワ…
  8. 畳の表替えは一体何をするの?
    畳っていいですよね〜♪ 香りを嗅いでいると落ち着きます。ですが、どんな畳でも古くなってしまい、張…
  9. 舞妓さん 幻想
    舞妓さんの世界って憧れます。遠く離れて手が届かないけれど、どこか心惹かれる。そんな舞妓さんの…
  10. 花嫁と花婿
    結婚式っていいですよね!私も友人たちの結婚式は心に残っています。さて、結婚式の主役と言えば、…
PAGE TOP