関東の代表的なお雑煮

お雑煮は関東と関西ではかなり違う!?お雑煮天下分け目の大合戦!

お正月になると食べたくなる物の一つがお雑煮

昔から愛されている、お正月のご馳走です。

新米で作った餅はたまらなく美味しいですね♪

しかし、日本は細長い国。

各地でお雑煮に入れる具や味が異なります。

なので今回は、お雑煮の関東と関西の違いを調べてみました!

関東と関西の線引きは?

関東と関西の境目はどこその前に、関東と関西の線引きは何処なのかを知る必要があります。

静岡は関東?

長野…も関東?

岐阜は…??

岐阜って何処?という人もいるかもしれません(^^;)

【関東と関西の分かれ目】

関市の宣言その答えは漢字にありました。

関という漢字に、東と西です。そう!天下分け目の関ヶ原の合戦です!

そして、関所の関でもあります。

なんと!関市が平成4年に堂々と宣言を出していました!

ちなみに関市がある県が岐阜県です。

関東と関西の食の違い

きつねそば有名なのは落語の演目「時蕎麦」です。

関東では時蕎麦ですが、関西に行くと「時うどん」に変わります。

きつね蕎麦もそうです。

関東は蕎麦の上に油揚げが乗りますね。

関西には、きつね蕎麦は存在しません

お醤油も関東は濃い口で、関西は薄口。

ちなみに岐阜は、きつね蕎麦に油揚げが乗ります。

お醤油は薄口、濃い口どちらもあります。

「きつね」「たぬき」論争はややこしいので、またいずれお届けしますね☆

餅は焼く?

餅を焼くか焼かないかさて、お雑煮に話を戻します。

お雑煮に入れる具の代表格が

この餅を、焼くか焼かないか、四角いのか丸いのか。

調べたら、こんな結果になりました。

❍関東

・角餅を使用
・餅は焼く
・味は醤油のすまし汁

❍関西

・丸餅を使用
・餅は焼かない
・味は白みそ仕立て

全く別物です(笑)

ところが、元は関東も味噌仕立てだったという説があります。

ただ、武士は味噌が付く(味噌を付ける)ことを嫌ったため、お醤油に変わったとされています。

武士は縁起を担ぎますね~。

ウナギも切腹をイメージさせるからって、背開きですもんね☆

ちなみに愛知県は味噌大好き県(赤味噌)ですが、お雑煮は醤油味です。

中に入れる物は?

関西の里芋入り雑煮

そうなると他の具も気になります。

大根やニンジンなどが入るのは同じですが、違う具も多々あります。

代表的なのは、関東のお雑煮には鶏肉や小松菜が入り、関西のお雑煮には里芋が入ることでしょう。

関東の人から見れば、お雑煮に里芋~っ?って感じでしょうか。

岐阜も里芋は入れませんね。

関東は三つ葉やナルトが入ります。

なると~?(忍者は入りませんよ笑)

ちなみに愛知や岐阜では、小松菜ではなく、餅菜を入れます。

【鶏肉と小松菜】

鶏肉=取り、菜っ葉=名ということで、敵の大将の首を取り名を上げるという縁起を担いでいます。

【小松菜の由来】

元々、小松菜は名前が付いて無く、一般的に冬菜と呼ばれていました。

ある時、小松川地区に鷹狩りをするため将軍・徳川吉宗が訪れました。

そこで冬菜を食べた吉宗は、美味しい!天晴れと喜び、地名を取って小松菜と命名しました。

【里芋】

子芋が沢山付くことから、子孫繁栄を意味するようになりました。

丸餅と角餅の境目

角餅切り餅調べてみると、関東は角餅が多く、関西は丸餅が多いことが分かりました。

角餅は切り餅とも呼ばれ、切り餅は小判の包みとしての隠喩もあります。

(切り餅2つ=100両)

元々関東も丸餅だったのですが、江戸時代になると人口も増え、手間がかからない切り餅になったとか。

また、敵をのすという縁起を担ぎ、のし餅(角餅)になったという説もあります。

やっぱり武士の縁起が由来ですね☆

九州や北海道のお雑煮は?

北海道の鮭とイクラの雑煮さて、関東と関西の違いは何となく分かりました。

でも北海道を関東、九州を関西に含めても良いのかという疑問が湧きました。

そこで調べてみました。

❍北海道のお雑煮

何と北海道には、お雑煮に関する定義が無いそうです!

何故なら、元々北海道にお雑煮が無かったから。

開拓地ですからね~☆

ただ、餅は角餅を使用します。

具は鮭やイクラを使った豪華なお雑煮があります。

味付けは醤油ベースなので、関東寄りですね。

❍九州のお雑煮

九州は、上の方と、下の方でも違いがあるようです。

福岡の博多などは出汁に焼きあご(とびうお)を使います。

鹿児島まで行くと出汁はエビに変わります。

里芋が入ったり、丸餅を使用するあたりは関西寄りですね。

狭いようで広いのが日本です(笑)

食べ比べてみたいお雑煮

目出度い雑煮まだまだ、色々な種類があるお雑煮。

中には小豆が入るお雑煮や、汁が無いお雑煮もあるんです。

食べ方も色々ありそうですね。

焼いた餅は煮ても型崩れしなさそうですが、筆者は溶けかけた餅が好きなので焼きません♪

あなたの住んでいる所は関東味、関西味のどちらでしょうか?

お嫁に行かれた人は、郷里のお雑煮が食べたくなるかもしれませんね☆




道案内


人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. 日本には、数多い季節の行事や風習がありますよね!?今どきの保育園や学校では、そういった季節の行事…
  2. 最近、伝統工芸の職人になりたいという話をちらほら聞くことがあります。かく言う私も、かつて考えたことが…
  3. 秋分の日の意味と由来
    カレンダーをめくると9月には2回も祝日があります♪その年によっては、休日の並びが良いと5月のゴー…
  4. 日本には伝統的なおもちゃがいっぱいあります。特にお正月には、凧、かるた、羽根つき、コマ回しなどな…
  5. 博物館
    博物館の縁の下の力持ちである「学芸員」の仕事内容と収入に注目してみました。学芸員資格をもつ、筆者…
  6. 書道師範
    「師範」って聞くとどの世界でもそうですが、長年、師匠の元で手取り足取り上達するように教えてもらったり…
  7. 着物を着る時ってどんな髪型をするのがいいでしょう?ストレートの長い髪をそのままも可愛いし、ハーフ…
  8. chestnut
    今年の夏は不思議な気候や気温が多かったですが、いつの間にか秋の気候になっちゃいましたね(*_*)…
  9. Shrine visit
    初めての妊娠・出産を乗り越えて、かわいいわが子とご対面♪安堵と達成感と感動にひたる間もなくスター…
  10. 土用の丑の日
    【土用の丑の日】って聞くと、夏の初めの熱い日にウナギの蒲焼を食べて精を付ける(^^♪なんてイメージし…

カテゴリー

ブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

温泉探し



PAGE TOP