松の内の意味を詳しく解説!

松の内の意味を日本一わかりやすく解説します!

「師走は大忙しで、まだ年賀状を出せていないけど、松の内に届けばいいんだよね?」

「あけましておめでとうございますって、お正月の挨拶はいつ頃までなの?」

「そもそも、松の内って何だっけ?」

松の内という言葉は聞いたことがあるけれど、うまく説明できないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、松の内について、その期間や意味などを詳しくご紹介いたします。

松の内とは?

松の内とは?松の内とは、お正月に門松や正月飾りを飾っておく期間のことです。

また、元日から7日までの期間を、松七日と呼ぶこともあります。

松の内は、年神様が滞在する期間で、その間は飾りを付けたままにします。

松を飾っておく間(内)だから、松の内。

……。

幕の内はお弁当です…(笑)

関東では、1月6日の夜か、1月7日の早朝に松飾りを外し、どんど焼きの日に持って行きます。

松の内の期間は?

松の内の期間は?1月7日まで、1月15日までと、地域によって異なる松の内。

関東では1月7日まで、関西では1月15日までとする地域が多いです。

松の内が始まる日はどちらも1月1日(元日)。

東海(中部地方)は、元日から1月7日までと、1月15日までの両方が混在します。

さすがは天下分け目の地方、戦だけでなく、松の内の期間まで分かれるんですね☆

なぜ関東と関西で松の内が異なるの?

関東と関西で松の内が異なるの?関西では松の内を注連(しめ)の内と呼ぶ方もいます。

なぜ、関東と関西では、松の内の期間や呼び方が異なるのでしょうか。

これは、徳川の三代将軍である、徳川家光が関係しています。

松の内と徳川家光

松の内と徳川家光松の内は、江戸時代の初期ころまで、全国1月1日から1月15日までと決まっていました。

15日までは松飾りや鏡餅を飾り、20日に鏡開きで鏡餅を割って食べる流れです。

ところが、徳川家光が4月20日に亡くなったため、毎月20日が月命日に!

関東では、家光公の月命日に鏡開きは良くないということで、鏡開きが1月11日に変更されました。

鏡開きと松の内

鏡開きと松の内しかし、1月11日は松の内で、まだ年神様が鏡餅にいらっしゃいます。

鏡餅は、年神様がお正月に滞在する場所

それを松の内に割る(縁起を担ぎ、割るではなく開く)鏡開きはいかがなものかと異論が出ました。

その後、徳川幕府より、松飾りは1月7日で飾り締めという通知が出されました。

当時は、通知が関西の庶民全体まで伝わらず、松の内は1月15日までという風習が残ったのです。

なので、関東では松の内が1月7日までで、鏡開きは1月11日。

関西では、1月15までが松の内で、鏡開きは1月20日のまま、ということになりました♪

松飾りの意味は?

松飾りの意味は?さて、松飾りとは何でしょうか。

松飾りは、主に門松のことをさします。

つまり、松飾りは門松で、注連飾り(しめかざり)や鏡餅などを含め、総称して正月飾りと呼びます。

ちなみに松飾り(門松)の数え方は、2本で1門(ひとかど)、1揃い(ひとそろい)と数えます。

2枚扉で開閉する場合は、1対(いっつい)と数えます。

なぜ松を飾るの?

なぜ松を飾るの?松は一年中青々とした葉を持つ、常緑樹で長寿の意味を持つ縁起が良い木です。

松竹梅の中でも、一番位が高いのは松ですね♪

また、夫婦愛の象徴としても知られています。

別名として、クロマツは男性、アカマツは女性をさしますが、マツタケが採れるのはアカマツ。

一方、海岸の防風林に使われるのは、クロマツ(男松)で、雄々しく、たくましい感じがします。

正月飾りに松ぼっくりが使われることもありますが、松ぼっくりには松の種子が入っています。

長寿、夫婦愛、子孫繁栄、と松を飾るのは、縁起を好む日本人の自然の流れなのですね☆

海外では、松の葉を使って、天然のサイダーを作る方もいます(驚)

松の内にすること

松の内にすること松の内だから、○○をしなければならないという決まりはありません。

神社やお寺では、行事が多くて、大忙しかもしれませんが…。

年賀状や、お正月の挨拶は松の内まで、という、ぼんやりとしたルールはあります。

師走の忙しさを乗り切った正月こそ、のんびりと体を休めましょう。

七草粥や自己啓発もおすすめ

また、1月7日は春の七草を使った、七草粥(ななくさがゆ)を食べる日。

神社で振る舞われることもありますし、七草を購入して自分で作る方もいます。

ご自宅で七草粥を召し上がる方は、こちらの記事もぜひ参考になさってくださいね♪

今年こそは!と自己啓発を目指す方は、元旦に計画を立て、2日からリズムを整えると◎。

松の内は、昼夜のリズムを崩さず、オン・オフを切り替えながら、過ごしましょう。

松の内が終わったら

松の内が終わったら松の内が終わったら、松飾りやお正月飾りを外し、どんど焼きで燃やしてお炊き上げをします。

筆者もどんど焼きに行ったことがありますが、お汁粉や甘酒が振る舞われ、楽しかったです♪

ただし、2021年は新型コロナの変種も見つかり、外出自粛ムードに。

どんど焼きに行けない方は、お近くの神社などに古札収所や古札受付がないか確認しましょう。

ご自宅で処分する場合は、生ゴミと一緒に出したり、燃やしたりしないように。

半紙や新聞紙で包み、塩でお清めをして、新しいゴミ袋に入れて回収日に出します。

松の内は小正月

松の内は小正月1月15日までは小正月という言葉もあり、松の内は緩やかに正月気分から日常へ戻る期間です。

2021年の正月は、大勢でワイワイできませんが、静かな大人の正月を過ごすのも素敵ですよ。

書き初めや、習い事、読書など、自分の趣味を見つける松の内もおすすめです♪




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. Shrine visit Clothing
    赤ちゃんが無事に生まれてホッとするのは一瞬のこと(*_*)すぐに始まる忙しい育児に追われながら過…
  2. 古民家カフェの人気
    日本で喫茶店が初めてオープンしたのは1735年(享保20年)と言われています。その後、様々な形式…
  3. 旅行に行くなら保険に入ろう
    日本は保険制度や医療が充実し、比較的安心して暮らせる国です。保険の種類も、生命保険、自動車保険、…
  4. gotoイートと地域共通クーポンの違いをわかりやすく
    2020年、新型コロナによって受けた経済ダメージを回復すべく、日本政府が始めた数々の対策。給付金…
  5. クリスマスが終わると、街は一気に大晦日、そしてお正月の雰囲気に変わります。お正月が近づいてくると…
  6. A single journey
    ひとり旅て良いですよね〜。 色んな楽しみがあります^^自分の好きなところに行くのも、好きなペース…
  7. 夏用マスクと通常マスクの違い
    新型コロナウイルスが流行り、世界中でマスク姿が見られるようになりました。日本はマスク着用にはあま…
  8. 戦国時代の食事とは
    国内にいながら、世界各国の料理が食べられる素晴らしい国、日本。このありがたい食文化は、多くの先人…
  9. 漫画
    日本人なら誰しもが漫画を読んだことがあります。ですが、それほど普及した漫画の起源を知っている人は…
  10. 日本には伝統的なおもちゃがいっぱいあります。特にお正月には、凧、かるた、羽根つき、コマ回しなどな…
PAGE TOP