着物のレンタルは買うよりお得?着物を借りる時に気を付けたいあれこれ!

日本の民族衣装である着物ですが、残念ながら現代日本人のほとんどが縁遠いものになてしまっています。

成人式くらいでしか着ない人も多いのではないでしょうか。

いざ着たいと思っても着物を持っていない…。けど買うのも…という時に出番なのがレンタル着物⁉︎

せっかくの晴れ着で失敗しないために、レンタル着物のあれこれをまとめてみました☆

着物レンタルってどうなの?

そう着る機会もないならレンタルでいいじゃない、と思うでしょうが、では着物レンタルってどんなものなんでしょうか?

自分で着物を購入すると新品はお高いですし、買ったはいいけどタンスの肥やしとかよくありますよねw

レンタルならばそんな心配が無用ですし、とりあえず着てみるにもいいでしょう。振袖なんかは特に長い人生の中でほんの一時しか着られませんからね。レンタル着物が繁盛するのも頷けます。

何度も着ないならばレンタルがお得なのは間違いないでしょうね。

最近はネットで頼む宅配のレンタルも多いですね。まずますお手軽になっているようです。

ネットで色々なお店を見比べて選べるのがいいですね。色々見てみてください^^

 ⇨ およばれ衣装レンタル.com

 ⇨ レンタルきもの岡本

お気に入りが見つかるまでとことん探してみましょう!

料金はどのくらい?

実際レンタルするとしたらどのくらいかかるのでしょう?

選ぶお店によっても選ぶ着物によっても変わってくると思うので、一概にはいえないのですが、振袖なら2万~10万円くらいでしょうか。

成人式向けには高めの料金設定になっている事が多いです。

最新のデザインだとか高級品はやっぱりレンタル料金もお高いですョ。

留袖、付け下げなどはもう少し安くなっていますね。

元の着物の値段が下なら料金も安めになっていると思います。

宅配レンタルだともっと安いところもありますね。

実際に手にとって選べないのでなんとも言えませんがお安さなら一番でしょう。

一生にそう何度も着る事もないのならば尚更、デザインも価格もじっくり吟味して決めましょう(`・ω・´)

気を付ける事は?

【サイズに気を付けましょう】

大抵は標準体型に合わせたものになっていますので、標準から大きく離れたサイズだと探すのが大変かもしれません。

できれば試着をして、きちんと体に合うものを選びたいですね。

宅配レンタルだと試着ができないので、特に注意が必要かと思われます。

【どこまでが料金に含まれているのかしっかり把握しましょう】

お店によって変わってくると思います。何が必要かきちんと確認しましょう。

帯揚げ、帯締め、草履等セットに含まれている事もありますが、別料金の所も多いです。

買うと高額なものもありますし、しっかりコーディネートしておきたい所です。

せっかく綺麗な着物でも小物が合ってないとちょっとがっかりですよね!

【肌着を用意しましょう】

肌襦袢や足袋など、直接肌に触れるものは自前で用意しておきましょう。

さすがに肌着までは貸していない所がほとんどのようです。

呉服屋さんで買えますが、そう何度も使うものでないならばネット通販で安いのを探すのもオススメです。

レンタル着物で観光しよう!

レンタル着物で観光古い町並みが売りの観光地では着物をレンタルして観光できるのを知っていますか?

代表的なのは京都でしょうか。古都を着物で散策!いいですね(〃▽〃)

レンタル着物で京都観光を楽しむお嬢様がたの動画を紹介します。

きっと着物で観光したくなりますよ(*’д`*)

たくさんの着物姿の観光客がいますね。

これだけ周りにたくさんいれば着物初心者もトライしやすいですね(o´・ω-)b 

料金はお店によって様々ですが、大体3,000円くらいからでしょうか。

カップル割引なんて事してるお店もあるようですよ!

結構たくさんお店がありますので、行先や目的に見合ったお店を吟味して下さいね。

着物を楽しんで!

個人的には、着物がもっと身近なものになってほしいなって思います。

お気に入りの着物を手にしたらきっと着たくなりますから!

でも着物って手がかかるんですよね。洋服みたいに洗えないから保管から気をつけなきゃですし。

買ってまで着たいと思われなくてもしょうがないかなと思います。

ならばせめて、たまの機会にはお手軽にレンタルで着物体験してみて下さい。

日本の心に目覚めちゃうかも⁉︎

お手軽といってもそれなりの料金がかかりますので、じっくり吟味して、むしろ選ぶことから楽しんじゃってくださいねd(`・д・´。)




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. 日本の文字と言えば『ひらがな』『カタカナ』『漢字』これらを組合わせて私たちは文を作り、コミュニケ…
  2. Hot water bottle Coldness
    ご存知ですか? 日本人の8割以上が冷え性で悩んでいます。女性は8割、男性も意外と多く4割が「自分…
  3. Enrollment celebration Wrapping
    春になり、桜が咲くか散るかの頃になると入学式のシーズンになります。そうなると、子供がいなくても準…
  4. 重陽の節句の食べ物
    旧暦の9月9日は、重陽の節句と呼ばれる日です。重陽の節句は、五節句のひとつで、五節句の最後の節句…
  5. 江戸切子 値段の違い
    江戸切子って良いですよね。万華鏡のようで、どうやって削ったのだろうと考えてしまいます。でも、江戸…
  6. What kind of fireflies are there?
    初夏の夜の風物詩といえば、蛍を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。しかし、一方で蛍が光る虫…
  7. 和紙に印刷したしおり
    和紙のイメージは厚みがあって、表面がデコボコしていて、ゴワゴワ。プリンターには不向きのイメージが…
  8. Worship
    産まれたときのお宮参りに始まり、七五三、初詣、大晦日、お祭などの行事に加え、最近では御朱印巡りやパワ…
  9. 御朱印集め マナー
    御朱印集めは楽しいですよね。でも、たまに思いませんか?「これはマナー違反になるのかな!?」「私は…
  10. かまくらと子どもたち
    冬を連想させる物のひとつに「かまくら」があります。白くて丸くて可愛らしい形をしていて、中に入るこ…
PAGE TOP