鏡餅を乗せる台の名は

鏡餅を乗せる台ってなんて名前なの?実は年中使えるものでした!

白くて丸い、お餅の代表格「鏡餅

今は真空パックされた鏡餅の箱が積まれている風景も、年末の風物詩のようです。

その様子を見てふと疑問に思いました。

箱の中に鏡餅を飾る台は同梱されているのか…と。

そこで今回は、鏡餅に欠かせない台についてご紹介したいと思います☆

鏡餅を乗せる台の名は。

三方に乗った鏡餅鏡餅を乗せる台の名は「三方(さんぽう)」といいます。

漢字では三宝と書くこともあります。

四角い形で、正面と左右(三方)に、穴が開いています。

ちなみに、穴のないものを饗(くぎょう)といい、四方に穴が開いたものを四方と呼びます。

そして何と!三方は穴のない方が表なんです!

穴が見える方に葉っぱや四方紅などを飾るので、そちらが表かと勘違いする人多数!

実は穴のない方が表で、神前に向けるというのが正しい配置です。

三方の穴には形と呼び名がある

三方の穴は丸ではない三方に穴が開いているのは、何となくイメージができると思います。

そのイメージした穴はではありませんか?

実は、よく見ると丸ではないんです。

この穴は、刳形(くりかた)と呼び、宝珠(ほうじゅ)の形をしています。

宝珠は、災難を退け、濁った水を清らかにし、願いが叶う珠(たま)を意味します。

下は球体で、上は尖った形をしています。

橋の欄干に玉ねぎのような玉が付いていますね。あれが宝珠です。

仏教では、菩薩様や観音様が持っていらっしゃいます。

鏡餅は神様(神道)のイメージですが、仏様も関係しているんですね☆

三方の使い方と素材

月見団子三方は、鏡餅を乗せる折敷(おしき)と、宝珠を模した穴が開いたを組み合わせて使います。

鏡餅を飾るほか、十五夜のお団子を乗せる台としても知られています。

その他に、桃の節句には菱餅(ひしもち)や白酒を、端午の節句には柏餅を乗せたりします。

また、神棚へ供物をお供えする時にも使います。

素材は(ひのき)などの木材が使われているものが一般的です。

白木のままが一番多く使われていますが、漆を塗ったものや、陶器でできた三方もあります。

三方は絶対に必要なの?

箱入り鏡餅鏡餅は年神様がお正月の間、宿る場所として用意するものです。

また、武家では、お正月に鎧や兜を飾り、その前に鏡餅を飾りました。

三方はその省略形とされているため、本来であれば鏡餅に三方は必要です。

しかし、現代は神棚がなく、鏡餅もお店で購入する家庭が多いこともあり、台がないことも。

そのような背景から、箱に入って販売されている鏡餅には、紙の三方が付属している物もあります。

もし三方が無い場合は、和紙などの白い紙を敷いて、その上に鏡餅を飾ってください。

台(三方)を手作りする

100円ショップを利用して手作り無いなら作ればいいじゃん!と、身近なものを使って三方を作る人もいますよ☆

近年は100円ショップやホームセンターで、ハンドメイド用品がたくさん売られています。

角材の上に和風のお皿を置き、和紙を敷いて鏡餅を飾るのも素敵です。

ホームセンターで木材を購入して作るなら、軽くて加工がしやすいバルサ材がおすすめです。

小さな鏡餅なら画用紙や折り紙で作るという方法もあります。

飾りじゃないのよミカンは♪

ミカンじゃなくて橙台の上に飾るのは、お餅だけではありません。

裏白(うらじろ)や、ゆずり葉と呼ばれる葉っぱや、昆布、干し柿など縁起の良い物を一緒に飾ります。

そして、一番上に乗るのが、ミカン・・・。

ではありませんッ!!!

ゆずでも、かぼすでも、すだちでもありません。

鏡餅の上に鎮座する、あの柑橘類は「橙(だいだい)」です。

代々栄えるようにと意味が込められた大切なもので、ミカンではないのです。

つまり、鏡餅と一緒に台の上に乗っている物は全て、縁起の良い意味を含む物ばかりということです♪

鏡餅の葉っぱに関しては、こちらの記事を参考にしてくださいね。

台(三方)のお手入れ方法

ふきんとバケツ木製や陶器の三方は、年中行事に使えるので、毎回買い換える必要はありません。

お湯で濡らした布をかたく絞り、拭いてから和紙や柔らかい紙で包んでから箱にしまいます。

漆器は湿気を嫌うので、乾いた布で拭いてください。

紙の三方は、どんど焼きに持って行き、お焚き上げをしてもらいましょう。

台(三方)以外のお洒落な飾り方

こんな飾り方もある忙しくて三方まで準備できない、しょっちゅう使うものではないから…と迷ったら、こんな方法もあります♪

台に乗せないと罰が当たるということはありませんので、ご安心ください^^

台の代わりに、赤と白のフエルト布を四角形に切り、互い違いに重ねて飾ると色が映えます。

白のフエルトは赤より1cmほど小さめに切って重ねても素敵です。

また、サイズの異なる空き箱(お菓子などの)に包装紙を貼って、台の代わりにしてもいいですね♪

その他、平たい和皿に飾ればシックで洒落た飾り付けになります。

鏡餅と台は神様への心配り

鏡餅と俵鏡餅は年神様をお迎えする場所として飾るものです。

その鏡餅に、お正月の間、気持ち良く過ごしていただくために台(三方)を用意する訳です。

家にお客様をお迎えするときには、座布団を用意しますよね。

筆者は、三方はそんな心配りではないかと思います。

今年はいつもより少し心配りをして、年神様を迎えましょう!




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. うるう年は忘れがちですが特別な年です。平年が1年365日に対し、うるう年は1年366日になる年で…
  2. 美しい透かしの和紙
    和紙は昔から日本で作られ、日常で使われている身近な存在のはず…。ですが、今や洋紙の方が生活に馴染…
  3. 愛犬と古民家カフェへ
    猫と違い、様々な大きさや種類が居る犬。最近では柴犬や秋田犬などの日本犬の人気が再燃しています。…
  4. Moon and rabbit
    ♪うさぎ うさぎ なにみて はねる 十五夜お月さま みてはねる~♪小さいころからお月見をしている…
  5. 京都観光を終えて、いざ帰路につこうと思ったら、おみやげ買ってないとかありませんか?そうでなくても…
  6. 初詣に行く姿
    日本では、新しい年の初めに、多くの人が初詣に行きます。初詣では、日頃の感謝や、健康、平和、それぞ…
  7. 鏡開きと鏡割りってどう違うの?
    鏡開きと鏡割りって何が違うの、何で餅と酒の2種類の鏡開きがあるの?確かに、同じ言い方で全く違うも…
  8. Castle ranking
    城といったら私の場合、やっぱり石垣だと思うんです。石垣こそが城の防衛の要であり、そこをどのように…
  9. 突然ですが、問題です!笑日本人のソウルフードと言えばお味噌!さて、その味噌はいつから使われていた…
  10. ショッピングモールの初売り
    年が明けると初売りや福袋商戦で賑やかになりますね。初売りと聞くと何だかお得な気がして、ついつい財…
PAGE TOP