おしゃれ女子に聞いた! 夏祭りや花火大会で男性にしてほしいファッション3選!

夏と言えば…花火大会や夏祭り!!!

彼女や友達と、遊びに行って仲を深めるチャンスですね☆

せっかくだからカッコよく見られたい!だけど、なにを着てって行ったら分からない…

そんなあなたに朗報です!!!

なんと、おしゃれ女子はみんな、してほしい格好がほとんど同じだということが判明!!!

その結果をあなただけに教えちゃいます♪

この機会を逃したらいつ着るの?男は黙って浴衣!

Men's Yukataお人形さんみたいな顔とスタイルなのに、サバサバとした性格のA子ちゃん筆頭に、お祭りを楽しみたい女子がオススメするのは、やっぱり浴衣♪

普段見ることない格好をしていたら、思わずキュンとしちゃいます♡

ギャップってめちゃくちゃ大事なんです!(マヂで)

みんな格好良く見えちゃいます!

でも、女子が一致する注意事項が一つ。

・女の子が浴衣を着てくると分かっている時に着て行くこと

これは、女子みんな共通でした…

「え、あなたの方が目立ちたいの?」
「わざわざ着てこなくてよかったのに」

空気読めない行動として見られてしまいます(-。-;

なので是非、会う前に「祭りはなに着るの?」や「花火大会、一緒に浴衣着ようよ」と誘ってみてください。その時点で好感度高いですよ〜☆

派手すぎず、こだわりすぎず!シンプルがカッコいい!ジーパン&綺麗めシャツ

Jeans & beautiful shirt女の子に「浴衣、今回はちょっと…」と言われた時、困りますよね!

普段の感じって言っても、本当に普通の感じでいいのか、夏祭りや花火大会なら何かこだわった方がいいのか…。グダグダ考える前にこちらのファッションを参考にしてください!

ジーパン&シャツの黄金コンビ!!!

なんと、おしゃれ女子たちは満場一致で『清潔感ある』ファッションが、夏祭りや花火大会で浴衣以外で着てほしいという結果が出ました!

お嬢様系のBさん曰く

「白Tシャツにダメージジーンズ、上にジャケット羽織っているだけでイイんです」とのこと。

一番無難で一番シンプル、一番あなたを格好良く見せる手段です!!!

女子から言えば、張り切った結果ダサい格好されることが、一番微妙です。

「褒めるに褒められないし…せっかく楽しい場で、ダサいなんて言えないし…」

(「なら言ってくれよ!」って男性陣に言われそうですが、大事に思えば思っている人ほど、言いにくいものなのですょ。。。)

ジーパンはなんでも合うのでシャツの種類はなんでも良いですが、一つだけ!

タイトルに書いた通り、シャツは綺麗めで!クタクタはNGです(o_o)

これさえ守れば間違いありません!

少しの違いでおしゃれ度アップ!ポロシャツ&ハーフパンツ

Polo shirt & half pantsやっぱりおしゃれ女子に人気なものは『清潔感』『さっぱり』のファッション♪

「ジーパンを穿いて行くのは、ちょっとなあ」と、思う方は是非この組み合わせ、ポロシャツ&ハーフパンツで行きましょう!

そこでのお悩みは「色どうしよう?」ということだと思うのですが、簡単に解決!

夏祭りや花火大会など、夏のファッションで困ったら、『青、白、紺、グレー』このあたりを中心にファッションを考えれば、問題なしです☆

しかも、今年は『アビスブルー』が流行っています!!!

ポロシャツをその色で、ハーフパンツを白やグレーにするだけで、おしゃれ度がぐんとアップします(o^^o)

持ってるハーフパンツやポロシャツの色を基準にして、組み合わせを考えるとまとまりやすいですよ!

あ、ここでも1つだけ注意点が…

ジーパンもそうなのですが、パンツはきちっと穿いてください!!!

そのファッションスタイルが好きな女子は別として、下着が見えちゃっている系男子、たくさんの人がいる夏祭りや花火大会などで横を歩けませんよ…(´o`;

キーワードは清潔感!

Cleanliness fashion女性が思う夏祭りで男性にしてほしいファッションをまとめると、

・夏らしい色
・きちっと着る
・シンプルな組み合わせ

これらに重きを置いていたら、失敗はないです!

「なんか芸がないなあ」そんなことはありません。

『夏祭りや花火大会を彼女や仲間たちと楽しく過ごす。』

これが目的ですから、身の丈に合わない無理をせず、クールに決めちゃってください。

それが一番カッコいいですよ(*・∀-)☆




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. Cutting picture
    子供の頃、切り絵を楽しんだこがある人はいると思います。私も子供の頃、切り絵をしたことがありました…
  2. 鏡餅を乗せる台の名は
    白くて丸い、お餅の代表格「鏡餅」今は真空パックされた鏡餅の箱が積まれている風景も、年末の風物詩の…
  3. Toshizo Hijikata
    新選組をご存じでしょうか。有名ですから名前くらいは聞いたことがありますよね。日本の転換期、幕末か…
  4. 歌舞伎のチケットの取り方
    歌舞伎は今や人気の古典芸能の一つとなり、演目や出演者によってはチケットが取れない事もあります。落…
  5. Censer burner
    お寺や昔からあるお仏壇、葬祭会場などのお線香立てには、既にたくさんの灰が入っていて、当たり前のように…
  6. 畳のアレルギーはなぜ起こるの?
    畳のあるところに入ったら、咳やら湿疹など体調が悪くなってしまった…。そんな場合、畳によるアレルギ…
  7. スポーツ
    あなたは「国技」という言葉を聞いたことがありますか?ニュースなどよく耳にするこの言葉を何となく分…
  8. Shrine visit Clothing
    赤ちゃんが無事に生まれてホッとするのは一瞬のこと(*_*)すぐに始まる忙しい育児に追われながら過…
  9. さくら
    日本を象徴する花といえば「桜」でしょう。日本の桜は日本を象徴するものとして様々な日本の物に描かれ…
  10. 御朱印とその意味
    縁結びやパワースポット巡りの場所として人気が高い神社仏閣巡り。ガイドブックやテレビなどで参拝の手…
PAGE TOP