大喜利

大喜利のお題の作り方と人々に愛され続けてるその理由を徹底解説!

『おーい、座布団1枚』で知られる、笑点の人気コーナー大喜利。

毎度、司会者がお題を出し、噺家が答える定番のスタイルです。

お題も答えも簡単そうに楽しくやっているように見えますが、実際にやってみると意外と難しいんです。

今回はそんな大喜利とお題について解説しちゃいましょう!

そもそも大喜利とは?

漫才大喜利というのは、講談、落語、寄席、漫才などの演芸の余興として考えられたものです。

今は、テレビやメディアなどで独自に発展し、大喜利だけで、観客を招いて大きなイベントとしても行われています。余興というより、メインになっているのが今の大喜利なんですね。

昔は寄席に出演する人、大トリを飾る人がいない場合に、それに代わるサービスとして大喜利が行われていました。

寄席の複数の出演者が再び登場し、観客からお題をもらって、出演者がお互いに競いあって、観客を楽しませた訳です。

今の大喜利を知られるようになったのは、笑点の初代司会者、立川談志師匠によって確立されてからです。

大喜利という漢字

歌舞伎歌舞伎の世界では、幕ごとの最後の場面を切(きり)と呼びます。

笑いの大喜利は、歌舞伎の大切(おおぎり)にちなんだ名ですが、こちらの喜利は、観客も喜び演出者も利を得るという当て字なんです。

落語は縁起の良い言葉が大好き。

例えば「スリ」という言葉は、お金を擦られる、興行を擦るなどを連想させ、縁起が悪いので使いません。

スルメの事はアタリメと言いますし、すりこぎは、あたり棒と呼び名が変わるんです。

だから「切り」ではなく「喜利」と洒落てるんですな^^

大喜利のお題の種類

笑点 大喜利大喜利って、笑点で見るあのスタイルでしょ?

いえ、実は他にもスタイルがあるんです。

【謎かけ】

ねずっちこれが一番有名かもしれません。

「○○とかけて××と解く。その心は?」ってやつです。

芸人のねずっちさんが謎かけを得意としていましたね。「整いました!」って。

【川柳】

サラリーマン川柳意外かもしれませんが、川柳も大喜利の一つです。

五、七、五の音で作られる詩ですが、サラリーマン川柳などが有名ですね☆

風刺や駄洒落を愉しむ、日本の遊びです。

ちなみに「お〜いお茶」に印刷されるのは俳句ですよ^^

この他にも短歌や無理問答(「○○なのに××とはこれいかに」という一休さんでやっている形式)、都々逸なども大喜利に含まれます。

都々逸は、例えばこんな感じです。

「禿げ頭 抱いて寝てみりゃ可愛いものよ どこが尻やら頭やら」

大喜利のお題の作り方

お題のつくりかたさて、大喜利のお題ですが、何でもいい訳ではありません。

回答者が答えに困るようなお題では、大喜利がスムーズに進行しません。

また、回答者が慣れている人なのか、素人なのかも考慮する必要があります。

ボケやすい(笑いを取りやすい)、回答しやすいお題を出すのが楽しむコツです。

◯マニアックなお題を出さない

マニアの集まりで行う大喜利なら良いですが、元ネタが分からないと、せっかく面白く答えても伝わらないということになりかねません。

出来るだけ、大勢の人が理解できるお題を出しましょう。

◯セリフの回答を求めるお題

誰々がこう言いました。何と言った?

このようなお題は、答えの範囲が広がり回答者が答えやすくなります。

(例)林修先生が言わなそうなセリフを答えてください。
(答えの例)「あ!プリキュア録画してくるの忘れた!」

◯場面やありえない事を考えさせる

シチュエーションや誰もが思いこんでいる事に対して、意表を突くような答えを求めるお題も面白いです。

(例)誰にも言えないアンパンマンの秘密を答えてください。
(答えの例)「実は中身が白あん」。「賞味期限が切れている」など。

◯写真やイラストを使う

これは笑点でもたまにやっていますね。

写真やイラストを使った大喜利は、実はネット上でも楽しまれています。

吹き出しを作って、その中に合うセリフをいれてもらう形式です。

(例)黒船のペリーのイラストを見せて、ペリーが何と言ったか答えてください。
(答えの例)「この船、黒じゃないよ。茶色だよ!」

日本は言葉遊びが上手

判じ絵日本人は識字率が高いと海外の人から驚かれる程、日本人は言葉の扱いが上手です。

江戸の人は文字が読めない町人も居ましたが、「判じ絵」と呼ばれる、イラストを使ったなぞなぞのようなもので遊んでいました。

お題を作る側も答える側も、頭を捻って是非楽しんでみてくださいね☆

あ、ちなみに上の画像の判じ絵は、歯とネコが逆さにひっくり返っているのでコネとなり、答えは「はこね」となります。分かりましたか?笑




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. 温泉って良いですよね! 最近、増えている外人の方にもぜひ行ってもらいたいものです。ですが、近頃の…
  2. 作務衣 デニム
    作務衣ってなんか古臭いイメージが有るなんて思ってませんか?そんな方におすすめなのが、デニム生地で…
  3. 「大学で伝統工芸を学んでみたい」と思っていても、どういった感じか分からなかったりしませんか?実は…
  4. Bamboo basket
    古くから日本のみならず世界中で愛されている竹製品。日用品やインテリアなどにも竹が使われ、外観だけ…
  5. 鏡餅に使う葉っぱの正体
    年末が近づくと、そろそろお餅の準備をしなくちゃという気になりますね♪お雑煮などで食べるお餅のほか…
  6. 能の意味
    落語や講談の他にも、日本が誇る古典芸能があります。それが「能」「狂言」「歌舞伎」「文楽」です。…
  7. 天下太平の世に様々な文化が花開いた江戸時代。時代劇なんかで賑やかに華やかに描かれていますよね(゚…
  8. 七夕で願い事が叶う方法
    七夕に短冊を書いて願い事をする、日本の夏における代表的な風物詩です!どうせなら、一行事として済ま…
  9. お正月のおせち料理
    お正月の楽しみの一つが、見た目も美しい「おせち料理」。各家庭で入れる中身も違い、作る手間もかかり…
  10. 年越しそばの由来
    毎年、年末になるとおそば屋さんは大忙し。店では朝から麺を打ち、そばつゆを仕込み、お客様をもてなし…
PAGE TOP