感染症の歴史と人物

感染症の歴史 感染症を研究・尽力した人物を大調査!

インフルエンザに、新型コロナウイルスに、ノロウイルス。

いずれも感染すると辛い症状を起こす怖い感染症ですね。

新しい感染症が発生する度、人はあらゆる手を講じ感染症と闘ってきました。

今回は、感染症の歴史において活躍した人物をご紹介いたします。

日本で大流行した感染症

ウイルスに悩む人人物をご紹介する前に、日本ではどのような感染症が流行したのかをご紹介しますね。

1)天然痘(てんねんとう)

天然痘ウイルスは、紀元前から存在する、長い歴史を持つウイルスです。

感染力、致死率ともに高く、治療薬が開発されるまで、人々はこのウイルスに苦しめられました。

もともと日本にはなく、中国や朝鮮半島との交易の際に運ばれてきたウイルスです。

何度も流行を繰り返し、ウイルスや細菌の概念が無い時代には、神仏の怒りが原因とされました。

飛騨高山の定番お土産「さるぼぼ」は、天然痘除けのお守りとの説もあります。

さるぼぼ

2)コレラ

大人気ドラマ「仁~Jin~」にも登場した、コレラは、コレラ菌が原因の感染症です。

有効なワクチンが開発されるまでは、天然痘同様、非常に恐れられた病です。

江戸時代に入り、人々が日本全国を旅するようになると、人がコレラ菌の運び役となりました。

井戸や下水など、治水が進んでいた日本でも、多くの死者が出たんですね。

3)スペインかぜ

スペインかぜは、実はインフルエンザウイルスです。

名前にスペインと付いていますが、スペインが発祥という訳ではありません。

たまたま、スペインでの流行が大きく報じられたため、スペインかぜと呼ばれるようになりました。

日本では当初、台湾で巡業していた力士3人がかかり、急死しました。

そのため「相撲風邪」「力士風邪」と呼ばれていたのですが、やがて日本で大流行することに。

とくに大正時代の感染率は非常に高く、日本では既にマスクを着用していたんです。

日本の衛生に対する意識は高く、素晴らしい文化ですね♪

感染症の歴史に貢献した人物

感染症の研究今では、天然痘もコレラも、日本での罹患者はほぼいなくなりました。

罹患しても治療法が確立されているので、感染を防げる病となったのです。

では、どんな人物が感染症対策に尽力したのでしょうか。

1)エドワード・ジェンナー

ジェンナー

天然痘の撲滅に尽力したのは、イギリスの医学者エドワード・ジェンナーや、日本の緒方洪庵が有名です。

主に牛がかかる病気「牛痘(ぎゅうとう)」は、人もかかるけれど、症状が軽いことを発見しました。

しかも、一度罹患すると、以降はかからないということも突き止めたのです。

ジェンナーは、牛痘の膿(うみ)を接種すれば、天然痘を接種させても感染しないことを立証しました。

この牛痘接種を「種痘」と言います。

2)緒方洪庵(おがた こうあん)

緒方洪庵

ドラマ「仁」では、緒方洪庵(おがた こうあん)が、天然痘撲滅に尽力したと紹介されました。

緒方洪庵も、種痘を広めた立派な人物です。

洪庵は備中(現在の岡山県)の出身で、やがて大阪に移り、蘭学(オランダ医学)を習得しました。

後に、コレラの治療法を書いたことでも知られています。

ところが、日本には、ジェンナーより、そして緒方洪庵よりも早く、種痘を見つけた人物がいました!

秋月藩(現在の福岡県)の藩医、緒方春朔(おがた しゅんさく)です。

ジェンナーの牛痘より6年早く、天然痘にかかった人の膿を粉末化して鼻から接種させました。

どちらも、怖い天然痘から人を守るために尽力された、立派な医学者ですね♪

3)野口英世(のぐちひでよ)

野口英世

千円札に描かれている野口英世は、黄熱病と呼ばれる感染症のワクチンを開発した人物です。

黄熱病は、黄熱ウイルスを保有する蚊に刺され感染する病で、発熱や嘔吐などを起こします。

野口は、黄熱病のワクチン開発以前にも、梅毒の菌の培養に成功して世界に名を広めました。

残念なことに、野口自身は研究対象であった黄熱病によって亡くなりました。

4)北里柴三郎(きたざと しばさぶろう)

北里柴三郎

北里柴三郎は、ペスト菌を発見した人物で、2024年にお札に描かれる人です。

北里は、ペスト菌以外に、破傷風の治療法を研究するなど、感染症に大きく貢献しました。

現在の東京大学医科学研究所の創立者で、第1回ノーベル生理学・医学賞の最終候補にもなりました。

現・学校法人北里研究所、現・慶應義塾大学医学部の創立者と初代所長を兼任しています。

他にも日本医師会創立、テルモ株式会社設立と、医学界においてなくてはならない人物でした。

たくさんの「医学の道」を作ってきた偉大な人物ですね。

感染症の歴史に日本人は欠かせない

注射とワクチンほかにも、日本住血吸虫という、寄生虫の感染症に従事した人物や、インフルエンザを発見した日本人も!

今の私たちは、こうした研究によって助けられているんですね。

新型コロナウイルスもいつか、きっと有効なワクチンや治療薬が見つかると信じましょう!




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. 城というと天守閣を思い浮かべるかもしれません。でも、それは日本における城の歴史を考えた時、最後の…
  2. 年賀はがきの値段
    年末が近づくと年賀状のCMを見かけるようになりますね。近年は年賀状を出さない人も居ますが、年賀状…
  3. 御朱印帳
    御朱印巡りにかかせないのが「御朱印帳」です。御朱印帳ってたくさん種類がありすぎて、どれにしようか…
  4. Kendo rule
    剣道の試合って見た事ありますか?結構激しいんですよ・・・!そしてカッコいいんです!しかし、素…
  5. When is the mountain season of Mt. Fuji
    富士山の山道は通年空いているわけではなく、登れる時期は限られています。もちろん、山開きの時期でな…
  6. 神棚の処分はどうすればいい?
    人それぞれに様々な事情があり、神棚を処分しなければいけないことがあります。やはり、ほとんどの方が…
  7. 野良猫を発見したら
    春と秋になると、野良猫を保護した、子猫が衰弱しているのを見た、という話を耳にします。猫は春と秋の…
  8. 振袖の保管方法は
    成人式や卒業式が済んだら、しばらく着る予定がない振袖は大切に保管しなければなりません。着物の扱い…
  9. 京都にはたくさんの寺社があります。やはり、観光といったら、そこを回ることを考えるかもしれません。…
  10. Kanji radical
    当たり前の話ですが、日本語は文にして残す時に『漢字』を用います。ひらがなやカタカナも用いますが、…
PAGE TOP