Summer gift

お中元の時期と喜ばれる品物とは? 知らないと恥ずかしい!大人の常識と東西で違うお中元事情

デパートやスーパーなどにお中元コーナーが出てくると“今年は何を贈ろうか!?”と頭を悩ませる方も多いのではないでしょうか。

私も結婚前までは次々と実家に贈られてくるお中元の品を楽しみにしていましたが、まさか自分が何を贈るか悩む側になるなんて…(^^;)

この記事では、悩ましいお中元について、送るべき時期と喜ばれる品物についてご紹介します(^_-)-☆

東西で違う!? お中元の時期

By region Summer gift東京出身の私は、漠然と、お中元と言うと7月の上旬と思っていました。

しかし、結婚してすぐのお中元の時期に、近くのデパートに東海地方に住む主人の実家や親戚宛のお中元を手配に行った時、店員さんから驚きのアドバイスを頂きました!

「宛先が東海地方ならば、配達時期は7月15日以降にした方がいいのでは?」と言う内容です。

それまでお中元の時期に地域差があることを知らなかった私は、本当に驚いたことを覚えています。

大まかに地方別に時期をまとめると

・北海道地方 7月中旬から8月15日まで
・東北地方 7月初旬から7月15日まで
・関東地方 7月初旬から7月15日まで
・北陸地方 7月初旬から7月15日まで
・東海地方 7月中旬から8月15日まで
・関西地方 7月中旬から8月15日まで
・中国地方 7月中旬から8月15日まで
・四国地方 7月中旬から8月15日まで
・九州地方 8月1から8月15日まで
・沖縄地方 旧暦の7月15日まで

このように東北・関東地方以外は7月中旬からがお中元の時期だということがわかります。

しかし、東北・関東以外の地域も、年々お中元商戦の早まりと共に時期は曖昧になっているようです。

しかし“デキる妻”をさりげなくアピールする良いチャンスでもあります!笑

送り先別に時期を事前に調べ、しかるべき時に届くようにすると、心ある人には気がついてもらえると思います(^_-)-☆

ついうっかり!お中元の時期をすぎてしまったら!?

inadvertently日々の忙しさにうっかりお中元の時期を逃してしまったことに気がついたッ!

なんてこともあります(^^;)

でも大丈夫!お中元の時期を過ぎてしまっても贈り物はできます(^_-)-☆

その際の注意点としては、“お中元”ののしを使わないこと!

・東北・関東地方の場合

7月15日を過ぎてしまった場合、立秋(8月7日前後)までであれば“暑中お見舞い”もしくは“暑中御伺”とします。また、立秋も過ぎてしまい9月の白露までの間であれば“残暑お見舞い”とします。

・その他の地域の場合

8月15日までにお中元を贈るので、それを過ぎてしまった場合9月の白露までの間に“残暑お見舞い”として贈ります。暑中見舞いや残暑見舞いというと真っ先にハガキでのお便りを思い出しますがお中元を過ぎてからの贈り物にも使用することができます(^_-)-☆

どんな品物が喜ばれる?

カルピス すこやかカルピス ギフト SC30 190g×27缶お中元に何を贈るか?悩ましいところです。

個人的にはビールかお素麺、おいしいお肉やお魚だと嬉しいですが…笑

予算についてはあまり高価なものを贈ってしまうと、贈り先の負担になってしまうので大体3千円から5千円くらいの価格の物を贈るといいと思います。

・実家や親戚へ

遠方に住んでいる場合は、それぞれの好みに合わせて名産品を贈ると喜ばれると思います。

私も最初は主人の実家に和菓子を贈っていたのですが、帰省の際に持参する横浜中華街のシュウマイが好評だったので、お中元にも贈るようになりました。

転勤で横浜から愛知県に引越した今でも変わらずシュウマイを贈っています(^_-)-☆

・会社の上司へ

最近はコンプライアンスの関係で会社内での贈答を禁止している会社もありますので、贈る際にはまずは確認が必要です。

コンプライアンスに問題なく、上司にお中元を贈る品物としては、ビールやジュースなどの飲料やお菓子の詰め合わせなどが一般的です。

大切なのは日ごろの感謝の気持ち

Summer gift Appreciationお中元についてご紹介してきましたが、大切なのは

“日ごろの感謝の気持ちを伝える”

と言うことだと思います(^_-)-☆

何を贈ろうか決めきれず、定番の品を贈ったとしても「いつもありがとうございます」というメッセージを同封するだけで、より一層感謝の気持ちを伝えることもできると思います。

ちょっとしたことですが、大切なもの。

より良い関係を保っていくためにも大切にしたい風習だと思います(^_-)-☆




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. broom
    箒(ほうき)は日本人なら誰もが手にしたことがあると思います。中でも最近話題になっているのが「棕櫚…
  2. 古民家カフェの人気
    日本で喫茶店が初めてオープンしたのは1735年(享保20年)と言われています。その後、様々な形式…
  3. 年金手帳
    「私たちが歳をとる頃は、年金なんて貰えないんでしょ?」「自分が貰えないのに、年金なんて払いたくな…
  4. Traditional Craft Experience
    古都、奈良には、歴史と共に受け継がれてきた伝統文化があります。日本のみならず、海外でも絶大な人気…
  5. 花魁道中
    京都は観光やパワースポット、歴史の町としても大変人気のあるエリアです。お寺や神社、お店も多く、何…
  6. 神社やお寺に行くと、つい欲しくなるお守り。でも、色々な種類があって、一体どれを持ったら良いのかわ…
  7. 赤ちゃんが生まれると、1歳までの間は様々なお祝いの行事が目白押し!お七夜、お宮参り、お食い初め、…
  8. 日本刀 値段
    日本刀って、その青く澄んだ輝きに吸い込まれるというか、何だかわからないですが日本人のDNAに訴えかけ…
  9. 愛犬と古民家カフェへ
    猫と違い、様々な大きさや種類が居る犬。最近では柴犬や秋田犬などの日本犬の人気が再燃しています。…
  10. 成人式で着たっきりの振袖、親や祖父祖母からもらった着物、遺品整理したら出てきた着物、持っていても着な…

カテゴリー




PAGE TOP