七草粥に合うおかずとは

七草粥に合うおかずは何がある?七草の中身とおかずについて調査しました!

とろっとろに煮込まれて、胃にも優しい「お粥」。

離乳食や病院食、ご高齢の方の食事にも活用されています。

また「朝はお粥」を食べるという人も結構居ますね。

筆者は宿泊先の朝食に中華粥があれば必ず食べます。

そして日本人にとって縁起の良いお粥があります。

それが「七草粥」です。

今回は七草粥と七草粥に合うおかずを調査してみました!

春と秋で十四草!

春の七草七草と言うのだから「七つの草」だろうなと想像が付きますね。

でも、七草には「春の七草」と「秋の七草」があります。

春と秋を合わせると14種類の草になります。

全て答えられますか? 筆者には無理です。(笑)

◯七草の種類

秋の七草のススキ春の七草は、セリ、ナズナ、ゴキョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロです。

秋の七草は、ハギ、キキョウ、クズ、ナデシコ、フジバカマ、オミナエシ、ススキです。

春の七草はお粥に混ぜて、1月7日にに食べます。

秋の七草は各々の花を観賞して楽しむもので、粥としては食べません。

七草は時期がずれる

雪の中の花春の七草は1月7日にお粥に混ぜて食べるとご説明しました。

1月7日は真冬だよね?草って生えるの?

それは、ごもっともなご指摘です!

実は春の七草粥の行事は中国から伝来したもなんです。

七日正月が終わるこの日に、野や山に自生する若芽を食べると邪気が払えるとされています。

日本の旧暦では2月頃に該当し、少しずつ春の気配が感じられる時期なのです。

しかし、日本の暦は太陰暦から太陽暦に変わり、旧暦とのズレが生じました。

秋の七草も同様で、立秋を過ぎても生えていないとか、夏なのにもう生えてる!なんてことが。

秋の七草は粥には入れませんが、それぞれ漢方薬の材料や製菓材料として使われることがあります。

何故、春の七草を食べるの?

おせち料理新しい一年を迎えるお正月は、おせち料理やお餅など、普段とは少し違う特別な料理を食べますね。

今でこそお正月も仕事です!という人が増えてきましたが、昔のお正月は商いはお休み。

それぞれが家でゆっくりとお正月を過ごしました。

普段は食べられないお餅やご馳走を食べ、動かないので、胃に負担が掛かります。

そこで、お正月が終わる頃に七草粥を食べて、胃腸を休め、同時に邪気も払ったんです。

無病息災を願う行事として「七草粥」を食べる訳ですね。

筆者の近所の神社では、春の七草粥の振る舞いがありますよ。

お粥に合わせるおかず

おかゆとおかず風邪をひいたり体調が悪い時の食事として、一番に想像するのは「お粥」でしょう。

そして添えるのは梅干しが定番。

筆者は子供の頃、風邪をひくとステーキを食べさせられていた変わった家庭に育ちましたが(笑)

ただ、健康な状態で食べるお粥は、少し味気なく感じる人も居ると思います。

七草粥は「七草」を楽しむ物ですが、おかずを食べてはダメと言う決まりはありません。

そこで、七草粥に合うおかずをご紹介しましょう☆

冷蔵庫の残り物

冷蔵庫の中いきなり残り物か…と思わないでください。

1月7日頃は、冷蔵庫にお正月料理の食材が残っていることが多いんです。

カマボコや昆布、黒豆にたつくりなど、おせち料理のメイン以外が残ったりしています。

塩味の七草粥に、甘いきんとんも合いますね♪

元々「胃を休める」のが目的の七草粥なので、控えめのおかずで良いんです!

春の七草にガッツリ焼き肉!などは胃の負担にもなりますし、風情がありませんものね^^;

え?風邪っ引きの時のステーキはどうなんだ? はい。美味しかったです(笑)

塩気のあるもの

塩とハーブお粥は味が付いていない物や、薄味が多いので、塩気がある焼き魚や梅干し、佃煮などが良く合います。

七草粥の場合は、薄い塩味にして、七草の色や香りを楽しんでいただくのが一番良いと思います。

もしおかずを付けるなら、ほうれん草のお浸しや、刻んだ漬け物、ふろふき大根など、優しい味の和食が良いでしょう。

胃を休めるために食べる七草粥なので、脂の多い物や味の濃い物は別の機会に食べましょう^^

漬け物をステーキに?

漬け物ステーキ七草粥に合いそうな郷土料理をご紹介しましょう。

岐阜県の飛騨高山では「漬物ステーキ」と「朴葉みそ」が有名です。

漬物ステーキは、白菜と赤かぶの浅漬けに溶き卵を入れて、鉄板で焼いたものです。

漬け物の塩気が卵と調和し、ちょうど良い塩加減になります。

朴葉みそは、秋に枯れた朴葉を集めて保存し、食べるときに朴葉の上で味噌とネギを焼いて食べます。

火で炙った味噌の塩気がお粥に合うんです♪

皆さんもお近くの郷土料理で、七草粥に合うおかずを探してみて下さい☆




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. 日本には数々の伝統的な行事がありますね。お正月に始まり、雛祭り、お彼岸、子供の日などなど。そ…
  2. 夏本番ッ!夏といえば、やっぱり花火!子供はもちろん、大人だって大好き♡大きな花火大会もいいけれど…
  3. 日本のお城と聞いたらあなたはどのような光景を思い浮かべますか?綺麗な白い色の壁と瓦と、整った天守…
  4. 緑茶 洗顔 効果
    女性にとってシミやしわの無い、透き通った素肌は永遠のテーマですよね?エステや、高級美容液、飲むシ…
  5. 重陽の節句の食べ物
    旧暦の9月9日は、重陽の節句と呼ばれる日です。重陽の節句は、五節句のひとつで、五節句の最後の節句…
  6. 元号 決め方
    元号が平成の世となってから既に30年。次の元号は何になるのか気になりますね。そして元号はどの…
  7. Bamboo basket
    古くから日本のみならず世界中で愛されている竹製品。日用品やインテリアなどにも竹が使われ、外観だけ…
  8. なぜお彼岸に墓参り?
    日本では、春分の日と秋分の日は祝日です。そして、お彼岸のお中日でもあり、お墓参りに行く期間でもあ…
  9. Castle Japan
    天守閣といえば、その地域を象徴する建物として、親しまれたり愛されていたりします。なので、「この天…
  10. ふと疑問に思ったことはありませんか?「生け花(教室)」「華道(部)」「活け花(展)」「花道」「挿…
PAGE TOP