着物の時の髪型どうしよう?これだけは押さえておきたい和装におけるTPO!

着物を着る時ってどんな髪型をするのがいいでしょう?

ストレートの長い髪をそのままも可愛いし、ハーフアップもアリだと思います。

しかし、やはり綺麗に結い上げてこその和装ですよね。

昔の人はみんな日本髪結ってましたし、一番しっくりくると思いませんか!?

着物を着て髪を結いあげた時のうなじの色っぽさは格別だと思うんです(*´Д`)ハァハァ

どのくらい盛っていいの?場面で気を付ける事って?

そこで今回は和装の時の髪型についてまとめてみました☆

どんな場面にどんな髪型がふさわしい?

着物に「格」があるように、髪型も場に合わせた品格が求められるでしょう。

成人式や花嫁さん等、自分が主役の時は思い切り盛っちゃって良いんだと思います。

昨今の成人式なんかテレビで見ると、もう盛ったもん勝ちの様相を呈してますよね。

初詣など他に主役が居ない場合もどんと行けと思いますが、あまりにも気合の入った盛り髪だと浮きます笑

和装の花嫁さんといえば日本髪のカツラが定番ですよね。私もかぶりました!

…似合ってなかったですけど。(;’∀’)

後日とある女優さんの白無垢姿をテレビで見て衝撃を受けたんです。生花をふんだんに飾り付けたお洒落なヘアスタイルでした。白無垢でヅラじゃなくてもいいのねと、目から鱗でしたよ。

私もあんなのが良かった・・・(´;ω;`)

お呼ばれした席では、やはり主役の邪魔をしないように、悪目立ちしない控えめな髪型が好まれるでしょう。シンプルなまとめ髪にさりげない髪飾りで大人の女性を演出です(*´艸`*)披露宴でたまに新婦より目立ってる振袖のお嬢さん見かけますけどね(笑)

普段着として着物を着る時はそれこそ好きな髪型でいいと思います。

お正月に急遽友人と着物で夜遊びに行くことになり、30分で準備して出かけた事があります。着付けは母頼みで(;´∀`) 肩までのいわゆるソバージュでしたが、前髪をひと房残してざっくりと後ろで纏めて簪を刺しただけで済ませました。すごいテキトウですね!笑

でも友達と夜遊び程度ですからそんなんでいいんじゃないでしょうか。どうせ居酒屋で酒盛りですしw

正装時はプロにまかせよう!

いわゆる礼装を着る機会って一般人にはそう頻繁にあるものではないと思うのです。

成人式、結婚式、入学式、卒業式・・・などなど。

そういう時はきちんとした場でしょうから、自分でバッチリできる自信が無い人は美容室でプロに結ってもらうほうがいいでしょう。

やっぱりプロの方にやってもらうと仕上がりが違いますよ。

中には和装に慣れてない美容師さんや、とにかく成人式ばりに盛ろうとする美容師さんもいますので、どういうスタイルにしたいのかきちんと伝えましょう。

馴染みの美容師さんにおまかせできれば一番いいでしょうね。

私は成人式も自分の結婚式も、流れ作業でバタバタやられて美容師さんに要望をちゃんと伝えられなくてひどく残念な事になりました・・・。

自分でやってみる

さほど格式張らない、多少アホ毛が出ていても大丈夫な気軽な場面ならば自分で結ってみましょう。

ササっとまとめるだけでも、そこに着物に合う髪飾りをつければそれなりに見えるものです。

定番の簪だけでなく、バレッタやシュシュ、コームなどでも結構和風の可愛いものが売ってたりします。

一見難しそうな夜会巻きなんかも、専用コームなど使えば案外簡単にできますよ。

マスターしておくと何かとお役立ちな髪型です。

自己流で自分で日本髪を結ってしまう猛者もいるようですね(;゚Д゚)スゴイ

他にも様々な髪型のハウツーがネット上にあげられていますよ。

結うほど髪が長くないんだけどどうすれば!?

そんなショートヘアな方も大丈夫。

ちょっと綺麗に整えて髪飾りをつけるだけでもいい感じに仕上がりますъ(゚Д゚)

その着物に合う髪型が正解です!

なんだかんだ言って、結局洋装の時と同じだと思うのですが「その時着る着物に合わせた髪型にしましょう」という事ですね。もちろん、着物選びを間違えない事が前提ですが…f^^;

ゴージャスな振袖にはめいっぱい飾り立て、大人シックな留袖にはシンプルなまとめ髪で。

自分の品位を損なわない装いを心がけましょう(´∀`)b




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. クリスマスが終わると、街は一気に大晦日、そしてお正月の雰囲気に変わります。お正月が近づいてくると…
  2. When is the mountain season of Mt. Fuji
    富士山の山道は通年空いているわけではなく、登れる時期は限られています。もちろん、山開きの時期でな…
  3. お正月といえば、門松!日本で古来より受け継がれてきたお正月飾りの一つです。日本人なら一度は目にしたこ…
  4. Moon viewing
    秋といえばお月見! お月見といえば「十五夜」少し涼しくなった秋の夜長に美しい月を愛でる、まさに日…
  5. 日本のぶどう狩りシーズン最盛期は、早いところでは7月下旬から始まり、比較的暖かいところでは9月まで、…
  6. 精巧な雪像
    降雪量が多い地域では、雪まつりや雪像まつりが開催され、ニュースでも話題になりますね。その年に話題…
  7. 名入れ看板提灯
    居酒屋やお店の軒先、お祭りなどで見かける提灯には文字が入っています。普段は気になりませんが、文字…
  8. koyomi
    毎日何気なく目にしている暦、カレンダー。でも細かく見てみると、月日、曜日を確認することはもちろん…
  9. 羽根突き
    晴れ着を着てカ~ン♪カ~ンといい音を響かせる、女の子の優雅な遊びといったイメージですよね♪^^…
  10. Worship
    産まれたときのお宮参りに始まり、七五三、初詣、大晦日、お祭などの行事に加え、最近では御朱印巡りやパワ…

カテゴリー




PAGE TOP