伝統的な日本のおもちゃ“コマ”! 不器用な私でも回せた!その方法とは!?

日本には伝統的なおもちゃがいっぱいあります。

特にお正月には、凧、かるた、羽根つき、コマ回しなどなど・・・!

今時の子供達は、こういった遊びをしなくなったような気が…!?

でも今は、保育園なんかで体験するみたいです^^

なので、家で子供に教えるつもりで遊んでみました。 これがやりだすとハマっちゃいます!これホント!

実は、子供より私が意地になっちゃって・・・笑

男の人は子供の頃に遊んだ経験があるかもしれませんが、私には凧やひもコマは正直きつかったなぁ~f^^;

でも、そんな私でもコマは回せるようになったんです!

今日はそのコツを伝授しちゃいます☆

「コマ」の驚くべき歴史

日本では、な・な・なんと!7世紀に藤原京跡から、木のこまが見つかっているそうです。

奈良時代頃、中国から伝わったとも言われています。

奈良平安時代には、宮中で占いにコマを使っていました。

コマを回して吉凶を占ったらしいです。占い師はコマ回しの名人だったのかなぁ~??

そして、江戸時代には遊ぶ道具として、色々なコマが生まれたそうです。

お正月には「コマ」やっぱり縁起がいい!

「芯棒は金」ということから「まっすぐに芯が通っている」という意味や「辛抱すればお金が貯まる」

また、回った姿から「一本立ちする」「頭(お金)が回る」などと言われており、縁起が良いとされ、お正月に遊ばれていました。

ひもの巻き方をマスターしよう!

先ずはひもを正しく巻きましょう!

1.ひもの先を玉結びします。
2.コマの上部の出ている部分に結び目を引っかけて巻き付けます。
3.コマを横向きにして、下部の出ている軸に2回しっかりと巻き付けます。
4.斜めになっている部分が隠れる位どんどん巻いていきます。

ポイントは、軸への巻き付けはキツくしっかりと!

後はそんなに力を入れず、膨らまないように巻き付けること。

最初の巻き付けが緩いと外れちゃいますよ!

それと、ひもは短く持つほうが巻きやすいです。新しいひもの場合は、ちょっと巻きにつけにくいかも!?

ひもを馴染ませておくと巻きやすいで~す^^

持ち方と構え方

薬指と小指に間にひもを挟んで、中指・薬指・小指でひもをしっかり握ります。

私はしっかり握れてなくて…初めのうちは、ひももコマも一緒に飛んでいっちゃいました笑

中指で巻いたひもが外れないようにしながら、人差し指と親指でこまが水平になるように持ちます。

続いて構え方ですが、

1.足を肩幅くらいに広げ
2.腰を落とす
3.頭は投げる方向を向ける
4.コマは水平に持つ

この4点を守れば、そんなにコマが乱れることはありません。

さあ!回してみよう!

最後に・・・

やはり映像の方がわかりやすいので・・・インターネットで検索すると・・・出ました!

これは非常にわかりやすい、かつ丁寧に教えてくれる!

コチラの動画が大変参考になりますよ!

これを見ながら自分なりのコツを掴んでください。

水平に投げるのがコツ! 床と平行になるように・・・スッ~と・・・です。

叩きつけるように投げたり、遠くへ飛ばそうとしないで下さいね^^

投げるというよりスッ~と軽くこまを前に押し出し、ひもをグッと引っ張る感じを意識してください。

初めはうまく出来なくても、コツが分かれば「あっ!こういうことなんだ!」とわかってくるハズ!

まとめ

1.コマの始まりは奈良平安時代
2.お正月にはやっぱり縁起が良いコマ回し!
3.ポイントはひもの巻き方
4.持ち方と構え方も大事
5.投げるというより、ひもを引く感じで回す!

このポイントを押さえて練習してみて下さい^^

コツさえ掴んだら、不器用な私でも数日で回せるようになりました♫

回せるようになると、これがまた結構楽しい♫ ハマっちゃいます!

基本が出来たら技にも挑戦したくなる! そしたら子供から尊敬されること間違いなし!?笑

今度は、けん玉や凧上げにも挑戦しようかなぁ~^^

あなたも子供達と一緒に、日本の伝統的な遊びを楽しんでみて下さい(*・∀-)☆




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. 俳句を詠む女性
    毎年ニュースや雑誌で紹介される、サラリーマン川柳。その他の場でも、子どもから大人まで年齢を問わず…
  2. 筆の種類って多いしどうやって選ぶの?
    書道などを始めた時、意外と筆の種類が多く何を選んだら良いのか悩んでしまいます…そこで大切なのが、…
  3. wabisabi
    日本人なら一度は耳にしたことがある「侘び寂び」という言葉。聞いたことはあるけど…意味はよく知らな…
  4. 七夕で願い事が叶う方法
    七夕に短冊を書いて願い事をする、日本の夏における代表的な風物詩です!どうせなら、一行事として済ま…
  5. 東京国立博物館
    博物館や美術館の展示を取り仕切っているのが学芸員です。学芸員は動く辞書といえる各分野の専門家であ…
  6. Temple tour
    「お寺巡りって何が楽しいの?」そんなこと思ったことはありませんか?おそらくお寺巡りの初心者に…
  7. Children's wear Change of clothes
    そろそろ、朝晩が涼しくなり、秋の気配を感じるようになりました。夏から秋への変わり目。衣替えの時期…
  8. Lake Biwa
    「琵琶湖は滋賀県の6分の1」これは私たち滋賀県民がよく言うことなんですが、観光にとって非常に重要なこ…
  9. California Roll
    突然ですが、あなたはカルフォルニアロールは好きですか???お寿司屋さん以外でも販売されており、新…
  10. 温泉って良いですよね! 最近、増えている外人の方にもぜひ行ってもらいたいものです。ですが、近頃の…
PAGE TOP