伝統的な日本のおもちゃ“コマ”! 不器用な私でも回せた!その方法とは!?

日本には伝統的なおもちゃがいっぱいあります。

特にお正月には、凧、かるた、羽根つき、コマ回しなどなど・・・!

今時の子供達は、こういった遊びをしなくなったような気が…!?

でも今は、保育園なんかで体験するみたいです^^

なので、家で子供に教えるつもりで遊んでみました。 これがやりだすとハマっちゃいます!これホント!

実は、子供より私が意地になっちゃって・・・笑

男の人は子供の頃に遊んだ経験があるかもしれませんが、私には凧やひもコマは正直きつかったなぁ~f^^;

でも、そんな私でもコマは回せるようになったんです!

今日はそのコツを伝授しちゃいます☆

「コマ」の驚くべき歴史

日本では、な・な・なんと!7世紀に藤原京跡から、木のこまが見つかっているそうです。

奈良時代頃、中国から伝わったとも言われています。

奈良平安時代には、宮中で占いにコマを使っていました。

コマを回して吉凶を占ったらしいです。占い師はコマ回しの名人だったのかなぁ~??

そして、江戸時代には遊ぶ道具として、色々なコマが生まれたそうです。

お正月には「コマ」やっぱり縁起がいい!

「芯棒は金」ということから「まっすぐに芯が通っている」という意味や「辛抱すればお金が貯まる」

また、回った姿から「一本立ちする」「頭(お金)が回る」などと言われており、縁起が良いとされ、お正月に遊ばれていました。

ひもの巻き方をマスターしよう!

先ずはひもを正しく巻きましょう!

1.ひもの先を玉結びします。
2.コマの上部の出ている部分に結び目を引っかけて巻き付けます。
3.コマを横向きにして、下部の出ている軸に2回しっかりと巻き付けます。
4.斜めになっている部分が隠れる位どんどん巻いていきます。

ポイントは、軸への巻き付けはキツくしっかりと!

後はそんなに力を入れず、膨らまないように巻き付けること。

最初の巻き付けが緩いと外れちゃいますよ!

それと、ひもは短く持つほうが巻きやすいです。新しいひもの場合は、ちょっと巻きにつけにくいかも!?

ひもを馴染ませておくと巻きやすいで~す^^

持ち方と構え方

薬指と小指に間にひもを挟んで、中指・薬指・小指でひもをしっかり握ります。

私はしっかり握れてなくて…初めのうちは、ひももコマも一緒に飛んでいっちゃいました笑

中指で巻いたひもが外れないようにしながら、人差し指と親指でこまが水平になるように持ちます。

続いて構え方ですが、

1.足を肩幅くらいに広げ
2.腰を落とす
3.頭は投げる方向を向ける
4.コマは水平に持つ

この4点を守れば、そんなにコマが乱れることはありません。

さあ!回してみよう!

最後に・・・

やはり映像の方がわかりやすいので・・・インターネットで検索すると・・・出ました!

これは非常にわかりやすい、かつ丁寧に教えてくれる!

コチラの動画が大変参考になりますよ!

これを見ながら自分なりのコツを掴んでください。

水平に投げるのがコツ! 床と平行になるように・・・スッ~と・・・です。

叩きつけるように投げたり、遠くへ飛ばそうとしないで下さいね^^

投げるというよりスッ~と軽くこまを前に押し出し、ひもをグッと引っ張る感じを意識してください。

初めはうまく出来なくても、コツが分かれば「あっ!こういうことなんだ!」とわかってくるハズ!

まとめ

1.コマの始まりは奈良平安時代
2.お正月にはやっぱり縁起が良いコマ回し!
3.ポイントはひもの巻き方
4.持ち方と構え方も大事
5.投げるというより、ひもを引く感じで回す!

このポイントを押さえて練習してみて下さい^^

コツさえ掴んだら、不器用な私でも数日で回せるようになりました♫

回せるようになると、これがまた結構楽しい♫ ハマっちゃいます!

基本が出来たら技にも挑戦したくなる! そしたら子供から尊敬されること間違いなし!?笑

今度は、けん玉や凧上げにも挑戦しようかなぁ~^^

あなたも子供達と一緒に、日本の伝統的な遊びを楽しんでみて下さい(*・∀-)☆

<script>” title=”<script>


<script>

人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. 書道段位
    子供の習い事で必ず上位にランキングする「書道」日本文化にも触れられて字も上手になるなんて一石二鳥…
  2. 日本は4つの季節を豊かに感じることができる素敵な国です!四季を堪能するその心は料理にも現れており…
  3. What kind of fireflies are there?
    初夏の夜の風物詩といえば、蛍を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。しかし、一方で蛍が光る虫…
  4. 花火 打ち方
    日本の伝統芸能を支える職人はとても格好良いものです。代々受け継がれている伝統や技術を継承し、その…
  5. 畳のアレルギーはなぜ起こるの?
    畳のあるところに入ったら、咳やら湿疹など体調が悪くなってしまった…。そんな場合、畳によるアレルギ…
  6. 潮干狩り
    潮干狩りと聞くと準備が大変なイメージがあります。車での移動、そして何か専用の道具が必要で、初心者…
  7. 鏡餅に使う葉っぱの正体
    年末が近づくと、そろそろお餅の準備をしなくちゃという気になりますね♪お雑煮などで食べるお餅のほか…
  8. 遠い昔、私が子供の頃、母にお手玉を教えてもらったことがあります。飛びながらクルクル回るお手玉が面…
  9. Castle Japan
    天守閣といえば、その地域を象徴する建物として、親しまれたり愛されていたりします。なので、「この天…
  10. Kyoto Guest House
    これまでは、年に10日間ほど限定でしか公開されてこなかった京都迎賓館が、2017年の7月下旬頃から通…

カテゴリー

PAGE TOP