入学式

年度の始まりはなぜ4月?その理由を探っていたら意外な事実が判明!

少し肌寒くなり、秋の訪れを感じ始める頃から書店や文房具店に来年のスケジュール帳が並び始めます。

スケジュール帳には、始まり月の異なる物がいくつもありますね。

カレンダーにあわせて、1月はじまりのスケジュール帳が多いですが、4月はじまりのものも同じくらいたくさんあります。

そういえば、年度の始まりは4月になりますが、その理由は何なのでしょう?

今回は、年度の始まりが4月の理由を探ってみたいと思います。

そういえば「年度」って「年」とは違うの?

米の収穫

まずは、年度について確認していきましょう。

1年間の区切りとしては、1月1日に始まり12月31日に終わる「暦年」があります。

これとは別に何らかの目的があって別の区切り方をした1年間の事を「年度」と言います。

だから、「年度」は、実はたくさんあります。

そして、その目的にあわせて、年度の始まりを4月としないものも数多く存在します。

たとえば、

酒造業界用の「醸造年度」の年度の始まりは7月

綿花のための「綿花年度」の年度の始まりは8月

砂糖のための「砂糖年度」の年度の始まりは10月

…などなど。

「年度」の始まりが4月じゃない年度がたくさんあって、実は毎月のように何かの年度が始まり、そして終わっている…なんて、かなり意外ですね!

でも、その業界にいる人にとっては、それが当たり前と言うことだと思います。業界、奥が深い…。

 

でも、全部キリのいい1月1日始まりにすればいいのに、業界ごとに年度の始まりが違うなんて、どうしてこんな面倒なことになっているのでしょうか?

それは、穀物などの収穫の時期がそれぞれ違うのが主な理由です。

例えば、先ほどの「醸造年度」で言えば、お酒の原料となる米が秋に収穫され、清酒の醸造が10月頃から春頃まで行われ、その後出荷される、というサイクルになっています。

12月や3月で区切ってしまうと、お酒を造っている途中で年度が替わることになってしまって、都合が悪くなってしまうんですね。

4月が年度始まりの理由は?

会計年度

「年度」は業界ごといろいろあって、始まり月もいろいろだということがわかりました。

でも「年度」というと一般的にはやはり4月始まりだと思います。

人生を大きく決めるターニングポイントとして、入学や入社が4月にありますね。

でも、どうして4月に入学や入社なのでしょう?

それは、会計を目的とした「会計年度」と、学校の「学校年度」の始まりが4月だからです。

 

では、「会計年度」はなぜ4月始まりなのでしょうか。

まず、公共機関や企業の経営状況や収支状況を把握するためには、一定の期間を決め、その期間内の歳入と歳出を算出しなければなりません。

そして、その一定の期間として決められたのが「会計年度」です。

 

この会計年度が最初に定められたのは、明治2年(1869年)です。

でもなんと、この時は10月始まりとされていました。

これは、新米の収穫の時期にあわせたためです。

 

しかし、明治5年(1872年)には、今度は1月始まりに変更されています。

これは、それまで使っていた旧暦から新暦への改暦が行われたため、それに合わせたためです。

 

そしてさらに、明治19年(1886年)に、また変更され、この時に4月始まりになりました。

これは、当時税収のほとんどが米農家からだったため、秋に収穫した米を販売して現金収入にし、それを3月に国に納めてもらうというサイクルだったためです。

…年度の始まりが4月になるまでには、短い期間にだいぶ紆余曲折があったみたいですね^^;

 

そして、その会計年度にあわせたため、学校年度も4月始まりとなりました。

学校は、経営に必要な補助金を国からもらうために、国の会計年度にあわせる必要があったのです。

そしてさらに、民間企業で新卒者を一括で採用する方法が一般的であったため、4月に入社式を行うということになったのです。

日本は4月!では海外は…?

世界の時計

一般的な年度の始まりが4月なのは、米の収穫時期が秋なのが最初の理由だったのですね。

日本はお米の国なので納得です!

ですがそうなると、他の国の会計年度はどうなっているのでしょうか。

実は、海外では会計年度が1月始まりの企業が多いです。

欧州、中国、韓国は1月始まりですし、アメリカでは会計年度を自由に決められますが、やはり1月始まりの企業が多いようです。

 

また、学校年度は、欧州やアメリカ、カナダ、中国などの多くの国で9月始まりになっています。

学校年度が4月始まりなのは、日本、インド、ネパールなど、ごく少数なのです。

実はこれにより、海外へ留学する学生たちが、3月に卒業した後、9月入学まで待たなければならなくなってしまったり、帰国してからの就職のタイミングもまたずれてしまったりしています。

このため、学校年度を海外にあわせて9月始まりにしてほしいという声も上がっています。

でも、これまでの日本の経緯を見ると、すぐに変更するというのはなかなか難しそうですね…。

年度の始まりは4月だけじゃない!

新しい手帳

いろいろな事情が見えてきましたが、年度というのは4月始まりにとらわれる必要のないものであるということが分かりました!

スケジュール帳も、自分の都合にあわせたものが一番良いということになりますね♪

新しい年に、新しいスケジュール帳で気分一新したい方は1月始まりのこちらのようなスケジュール帳はいかがでしょう。

こちらの「ほぼ日手帳」は、20年を超えるベストセラーでかなり自由度の高いスケジュール帳です。

また、会計年度にあわせたい方はビジネスシーンでも浮かない高橋のスケジュール帳がやはり定番です。

まだ早いかな?と思われるかもしれませんが、そろそろ次の年のことを見据えて、今からゆっくりとスケジュール帳を検討してみてはいかがでしょうか?

早い準備で良い次の一歩を踏み出せるような気がします♪




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. 伝統工芸の竹細工ってどんなのがある?
    伝統工芸品には様々な植物由来の材料が使われています。その中でも竹は用途が広く、伝統工芸品の材料に…
  2. 花魁道中
    京都は観光やパワースポット、歴史の町としても大変人気のあるエリアです。お寺や神社、お店も多く、何…
  3. 振袖と袴の違い
    成人式や卒業式などに着る和服、着物。振袖も袴姿も素敵で、迷ってしまいますね。色鮮やかな着物で…
  4. おも
    正月に欠かせない食べ物といえば、お餅です。焼いてよし、煮てよし、甘いものにも合わせられる万能食材…
  5. carp streamer childre
    5月の行事として端午の節句は代表的で、それにちなんだ行事が色々行われます。そんな中で子供の鯉のぼ…
  6. Coloring book
    今、大人のための塗り絵が存在するのをご存知ですか?画力に自信がなかったり、新しく趣味を持つためで…
  7. 土用の丑の日
    【土用の丑の日】って聞くと、夏の初めの熱い日にウナギの蒲焼を食べて精を付ける(^^♪なんてイメージし…
  8. 京都にはたくさんの寺社があります。やはり、観光といったら、そこを回ることを考えるかもしれません。…
  9. 「大学で伝統工芸を学んでみたい」と思っていても、どういった感じか分からなかったりしませんか?実は…
  10. 浴衣 下駄 種類
    夏のデートの定番と言えば、なんてったって「花火大会」ですよね(≧▽≦)ドーンと豪快な音が響き渡っ…
PAGE TOP