Flower arrangement artist

華道家・いけばな作家のなり方と気になる年収について!華道の知られざる世界

華道・生け花が好きで、もう既に習っている方、これから習おうと思っている方、「華道・生け花を仕事にできたらいいなぁ〜」と考えたことはありませんか?

好きなことを趣味で終わらせず、仕事にできたら素敵ですよね〜(*´ω`*)♪

今回は「華道家」のなり方とその仕事の内容、そして×2 気になる年収についてもご紹介しちゃいます☆

「華道家」とは?

What is flower arrangement? よく耳にはするけれど、そもそも“華道家”とは、どういったお仕事なのか知らない人は多いです。

華道家とは、一言で言えば“花をいける人”

花や植物そのものを用いた彫刻・造形をする人のことを指します。

他にも、フラワーアーティスト、いけばな作家、挿花家、花師なんて呼ばれることもあります。

そして、もっと広い意味で言うと、彫刻家を兼ねることもあるんです!

「華道家」は花を生けるだけでなく、花や植物を用いた作品や、空間の創作者・芸術家と言えそうですね♪

メディアに多く出演している華道家の假屋崎省吾さんが、最初に「華道家」と名乗ったのだそうです!(ホントかどうかわ知りません笑)

假屋崎さんは草月流を学ばれましたが、草月流では「華道」という言葉はあまり使われていません。

なので、他の多くの草月流の方は「いけばな作家」と言われています。

華道家の仕事内容

Flower arrangement artist Job Description さて、華道家の仕事とは、どのような内容なのか、簡単にご紹介しますね^^

【華道・生け花教室、カルチャーセンターなどの講師】

自身のお教室を持つことはもちろん、カルチャーセンター、企業や団体、学校などに出向き指導することもあります。

【展覧会への出展】

個展、流派ごとの展覧会、地域の展覧会など、作品を展示する機会は多くあります。

【ホテル、レストランなどの空間デザイン】

ホテルや旅館などの宿泊施設、レストランや料亭などの飲食店、美容院などの施設に出向き、花を活けてその空間のデザインをします。

【イベント会場などの空間デザイン】

上記の施設のような常設ではなく、コンサート、レセプションパーティーなどのイベント会場へ出向き、花を活けて空間デザインをします。

華道家のなり方は?

Way of doingまずは、華道・生け花の流派に入門し、技術や作法を学びましょう!

花を活ける技術はもちろん、花・植物の特性を知ること、礼儀作法も大切です。

また、英語で生け花の指導を目指すクラスもあります。

そして、師範のお免状を取得します。

師範のお免状と併せて、フラワー装飾技能検定、フラワーデザイナーなどの資格も取得すると、活動の幅がさらに広がりますね!

師範のお免状を取得して、自身が華道家として独り立ちした後も、さらなる技術の向上、先生や華道界の人々との交流のため、お教室に通い続ける方は多いです。

華道家に限ったことではありませんが、日々精進が求められている職業ですね〜^^

大変だからこそ得られる事も大きい、やりがいのあるお仕事だと思います☆

華道家 その年収は?

annual income華道家の年収は、働き方、仕事の内容など、人によって大きく異なります。

個展、メディア出演、出版、講演などを行う一部の著名な華道家の年収は、な、なんと!1億円以上とも言われていますッ!!!華道家、恐るべしッ!Σ(@ ̄□ ̄@;)!!

しかし、多くの華道家は、創作や個展だけではなく、講師業や関連企業に勤めながら作品の創作をしているようです。

具体的な収入源は、

★自身で華道・生け花教室を開いた場合は、生徒さんの月謝が収入となります。生徒さんの人数や、家賃などの諸経費により年収は変わります。

★カルチャーセンターなどに所属して講師をする場合、勤務できる日数などにより年収は変わります。

★花材店や葬祭関連企業などは、華道以外の業務がメインとなりますが、花の知識を生かし、安定した収入を得られます。

ご自身の生活スタイルに合った働き方や仕事内容を見つけてくださいねッ(^_-)-☆

まさに華のある世界

Flower arrangement with rewarding
華道家・いけばな作家のなり方、仕事の内容、年収についてご紹介しました。

花、華道・生け花が好きで、それを仕事にする場合、作品の創作だけですぐに大きな収入に結びつくことは難しいようです。

しかし、講師として人に教えたり、花の知識を生かせる仕事をしながら創作を続けることで、より良い作品を創作することができるようになるにつれ、収入も増えていきます♪

好きなこと・趣味を仕事にすることは大変ですが、とても素敵で豊かな人生を送ることができそうですね♫

お花が好きで、日々努力を惜しまず、長い目でみて活動できる方、ぜひ華道家を目指して下さい( ´ ▽ ` )ノ

人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. Solar term
    立春や春分、秋分の日など、日本では暦の上でも季節の変化を感じることができます。でも、そんな節目は…
  2. 畳のアレルギーはなぜ起こるの?
    畳のあるところに入ったら、咳やら湿疹など体調が悪くなってしまった…。そんな場合、畳によるアレルギ…
  3. toshiotoko,toshion'na
    お正月になると、「今年の年男、年女」という話題をよく耳にします。私も何度目かの年女を迎えましたが…
  4. お寺や神社で、願い事を書いて神さま・仏さまに奉納する「絵馬」絵馬の書き方、ご存知ですか?また…
  5. 突然ですが、問題です!笑日本人のソウルフードと言えばお味噌!さて、その味噌はいつから使われていた…
  6. レトロ可愛いお手玉
    布の中に小豆を入れて両端を閉じた日本古来の玩具「お手玉」。コロンとした形が可愛らしく、何となく気…
  7. 恵方巻き
    近年、節分の時期になるとコンビニやスーパーなどで販売される「恵方巻き」。バラエティに富んだ具材や…
  8. お正月のおせち料理
    お正月の楽しみの一つが、見た目も美しい「おせち料理」。各家庭で入れる中身も違い、作る手間もかかり…
  9. 振袖と袴の違い
    成人式や卒業式などに着る和服、着物。振袖も袴姿も素敵で、迷ってしまいますね。色鮮やかな着物で…
  10. 紅葉狩りと呼ぶ由来ってなに?
    秋はちょうどいい感じの気温なので、行楽シーズンにピッタリの時期です^^そんな秋の風物詩の代表格に…




PAGE TOP