作務衣 女性用

作務衣の女性用ってどんなのがあるの?入手方法や自作方法をご紹介!

作務衣って、和服の中でも誰でも簡単に着ることが出来る構造になっています。

しかも、元々は作業着なので動きやすいという特性もあります!

しかし、作務衣ってどこで売られているとかって、特に女性用は中々見つからなかったりしますよね?

そこで今回は、女性用があるネットショップや売っている可能性のある実店舗の探し方をご紹介します♪

さらに、自作するための方法もわかりますよ^^

作務衣を着る場面って?

作務衣を着る場面って?作務衣は、禅宗のお坊さんが掃除などの雑事に着用されていたものです。

そのため、今でも作務衣といえば、男性の着るものであったり作業着の印象が強かったりします。確かに、陶芸家など職人さんが作業着にしている光景はすぐに思い浮かびます^^

しかし、作務衣は作業する時のみに着るものではありませんし、男性専用のものではありません。

例えば、部屋着などくつろぐ時や、日常的な外出をする際にも着る人はいます。

なので、元が作業着なのでジャージの様なラフな服装と考えると良いでしょう。また、そういった服なのでおしゃれに着れるかはその人次第です!

さらに、作務衣は結構自由な着回しができて、その辺りも日常的に着るのに向いています♪

その着回しや作務衣の着方などの基本は、下の記事にまとめていますので参考にしてみてください^^

ネットで作務衣!

ネットで買う!作務衣を買う際に最も入手難易度が低いのがネットショップです!

なぜなら、実店舗だと男性用はあっても女性用は無いなんてことも結構あるんですよね…

そうならないためにも、ネットで探しておくと便利です。その上、種類の方もたくさん見つけられます。

例えば、日本製の生地にこだわった商品なんかもあります♪

また、下の宮田織物さんは生地にこだわりがあるようで、中々にこだわりが感じられます。

 ⇨宮田織物

他にもネットで売っているところは色々あり、それぞれのこだわりを見ていくのも楽しいですよ^^

実店舗で作務衣!

実店舗で買う!「作務衣ってどんなのか見たことがない!」なんて人も多いかと思います。そうなると、やはり一度は手にとってどんなものか確認したいです!

例えば本当に自分でも簡単に着れるかなど、確認したいことは人それぞれたくさんあるでしょう。

なので、実店舗に行って確認するのが良いのですが、置いている所ってそんなに無いんですよね…

そんな中、置いている可能性がある実店舗で代表的なのが以下の3つになります♪

  • 大手スーパー
  • 百貨店
  • 着物屋

大手スーパは、置いていても男ものだったりすることが多い印象があります。ただ、置いてあれば安く手に入ります。

百貨店は大手スーパーよりも置いてある確率が高い印象がありますが、値段も高くなる事が…(*´Д`*)

そうなると、やはり専門店である着物屋、あるいは呉服屋ですが、置いてある商品の価格はピンキリです。商店街に店を構えるような、庶民的な店だと安いものや掘り出し物が見つかったりするかもしれません!

また、専門店で見つけるのが品揃え的にも一番良いでしょう^^

ただ、置いてあるかどうかは確実ではありません。なので、いくつかの候補を考えるか、電話等で確認するようにしてください。

また、いくつか店を見つけていくと置いてある店の傾向が分かるようになり、より探しやすくなりますよ♪

自分で作務衣!

自分で作ってみる!作務衣を手に入れる最終手段ですが、一番確実な方法とも言えます!

生地も自分で選べるのでなかなか楽しいですし、着物をリメイクすることもできるのです^^

その際は注意点などをしっかり理解してから取り組んで下さいね☆

また、作務衣の型紙もきちんと販売されています♪

それと、この型紙ですが実物大なので、かなり使いやすく作りやすいです。

ぜひ、自分だけのオリジナルMy作務衣を作ってみましょう☆

こだわりの作務衣を!

こだわりの作務衣を!作務衣を手に入れるのなら、一番簡単なのは断然ネットになります!

やはり、作務衣なんかは男の人が着るものというう印象が強いためか、実店舗だと男性用は置いていても、女性用は置いていないなんてこともあります。

あと、商品の種類という観点からもネットで探したほうが色々見つけやすいです♪

ただし、作務衣がどんなものか分からない方は、実店舗で置いてあるところを探してみると良いでしょう。

というのも、着物というくくりで想像していると、作務衣は結構違うものになるからです。例えば作務衣の下はズボンですし帯もいりません。

また、そういう特徴があるので作務衣は誰でも気軽に着れて、普段着には最適なのです^^

なので、リラックスした日常が過ごせるこだわりの作務衣をぜひ見つけてみてください!

人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. 神棚の位置は何処がいいの?
    近頃、神道に興味をもつ方が増えてきて、家に神棚を設置しようかと考えている方も多くなっています!そ…
  2. 御朱印とその意味
    縁結びやパワースポット巡りの場所として人気が高い神社仏閣巡り。ガイドブックやテレビなどで参拝の手…
  3. なまはげ
    大晦日に秋田県男鹿(おが)市を中心とする地域で家々を巡って厄払いをしたり、怠け者を諭したりする「なま…
  4. 花火大会等の時、街には浴衣姿の人が溢れかえります。若い女の子達の華やかな装いが実に目に楽しい!…
  5. スポーツ
    あなたは「国技」という言葉を聞いたことがありますか?ニュースなどよく耳にするこの言葉を何となく分…
  6. Menko
    子どもの集まり等で昔の遊びのめんこをする事になったのですが、遊ぶには当然ですが遊び方(ルール)を知ら…
  7. 年金手帳
    「私たちが歳をとる頃は、年金なんて貰えないんでしょ?」「自分が貰えないのに、年金なんて払いたくな…
  8. 落語の高座
    日本の伝統的な文化の一つ「落語」。実は落語は関東と関西で違いがあったり、所属する協会が分かれてい…
  9. “日本のお祭り”には、神様や自然への感謝と、これからも見守ってほしいという願いが込められています。…
  10. 人間国宝の人数はどう決められている?
    たまにニュースなどで、能や歌舞伎の人間国宝と呼ばれる人たちが取り上げられていたりします。しかし、…

カテゴリー




PAGE TOP