家紋は全部で何種類くらいあるの?

家紋の種類ってどのくらいあるの?家紋から紐解く歴史と先祖

家紋は、自分の家の歴史を知る手がかりとなる紋様です。

しかも、それだけでなく家紋のデザインも優れていて見ていて飽きません♪

なぜ、この様な多種多様な芸術性の高いものになったのでしょうか?

そこで、その答えを家紋の歴史に見ていきます!

さらに、家紋から自分の先祖を辿れるかどうかについても分かるようになりますよ。

家紋の起源

家紋の起源家紋の始まりは、平安時代後期に公家が自分の牛車に独自の紋をつけたことだとされます。また、器などの調度品にも使用されていました。

また、牛車の紋だけでなく、着物の模様や先祖が好きなものから家紋が作られることも多かったです。

ただし、この頃はまだ今日的な家の象徴というのではなく、模様の延長線上にあるものでした!

その後、鎌倉時代になってから武家も本格的に家紋を使用するようになります。

これは、合戦が増えたことで敵味方を区別したり自分の武功を証明したりする必要性が出てきたためです。なので、鎧や旗など様々なところに家紋が描かれました。

さらに、家紋もこの頃から家を象徴するものとしての意味が生まれ、武家社会に欠かせないものになります。

つまり、家紋の起こりは公家かもしれませんが、その歴史を主に担ってきたのは武家だと言えるのです。

また、この時代辺りから家紋はより紋章的な絵柄になっていきます。

そして、戦国時代になり同族同士でも戦をするようになると、より多種多様な家紋が生まれていきました。

家紋の変遷

家紋の変遷江戸時代になり戦乱の世から平和な時代へ移り変わると、家紋も戦時的な使用法から変わっていきます。

その使用方法というのが、権威の象徴として役割になります。これは、その時代の社会は階級社会なので、自分の家の格式や身分を示すのが目的でした。

また、この頃から羽織や裃などの正装に家紋が描かれるのが一般化します。なので、家紋もより紋章らしい形になり、上下や左右が対称なのや丸で囲まれた家紋が増えました。

さらに、元禄時代になり幕政がより安定してくると、庶民の文化が花開きます!

すると、庶民の間でも家紋がより使われるようになり、より凝った装飾的な家紋が増えていくのです♪

まさに一家に1つの家紋と言った具合に、家紋が親しまれるようになりました。

ただし、江戸時代は徳川家の葵紋を使用することが厳しく禁止されています。

また、明治時代には身分制度もなくなり、庶民も紋服を着たりお墓に家紋を彫ったりすることが増えます。

しかし、太平洋戦争が終わると家族制度が崩壊し、さらに欧米文化の流入と共に家紋が使われる機会が減り衰退してゆきました…

家紋の種類

家紋の種類家紋が現在いくつくらいあるかと言うと、約2万5千個以上あるとされています!

しかし、正確な数は分かっていません。上限は誰にもわからないのです…

なので、その分類方法も多種多様になります。例えば、植物紋、動物紋、文字紋、自然紋、器物紋といった自然科学的分類が有名です♪

ただ、数が多いのでそこまで正確に分類できなかったりします。

また、家紋の中で最も多いのが植物を題材とした植物紋です。例えば皇室の菊紋や徳川家の葵紋など、特に有名なものが多いです。

やはり、これには昔から和歌に詠まれるなど、草花を愛でる文化が影響しているのです。また、農耕民族であったことも関係しているとされます。

ちなみに、ヨーロッパでは動物を紋章の象徴にしていることが多いです。

家紋で先祖が分かる?

家紋で先祖は分かる?家紋で先祖が分かるのかと言うと、残念ながら分からないことの方がが多いです…

なぜなら、庶民は昔から家紋を自由に決めていた為です。例えば、自分が住んでいた土地の支配者の家紋を使うようになったなど、様々な場合があります。

なので、家紋から先祖を辿れるのは家系がはっきりしているなら、という本末転倒なことが起こるのです!

ただし、自分の先祖を辿る1つの手がかりになる可能性はあります♪

例えば、先祖のお墓から家紋を調べた際に、その近くのお墓に同じ家紋があれば親戚が分かったりします。ただし、間違いなく親戚だというのではなく、あくまで可能性があると考えてください。

また、最終的には戸籍謄本や除籍謄本などを取り寄せ、様々な資料から探っていく必要があります。

家紋を読んでみよう!

家紋を読んでみよう!家紋は実に多種多様であり、見ているだけでも非常に面白いです♪

しかも、中には何故こんなのを家紋にしたのかと思うものがあります。笑

そして、得てしてそんな家紋には、実に面白い意味が込められていたりするのです!

なので、ぜひ気になる例えば武士の家紋があればその由来を調べてみてください。

きっとその家の歴史にも興味が湧いてきますよ。




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. 相撲
    相撲といえば、土俵側のせめぎ合いと激しい技の掛け合いが醍醐味です。決着ついた後には館内アナウンス…
  2. 刀剣乱舞
    刀剣といえば…男性のイメージでしたが、今は違います!!若い女性が刀剣をもとめて博物館に詰めかける…
  3. 七草粥に合うおかずとは
    とろっとろに煮込まれて、胃にも優しい「お粥」。離乳食や病院食、ご高齢の方の食事にも活用されていま…
  4. コロナキャンプ大丈夫?
    もはや、一年中注意が必要な気配を帯びてきたコロナウイルス。テーマパークや旅行もいろいろと制限され…
  5. Difference between castle and fort
    日本各地には、様々な城があります。また、そんな城はその土地のシンボルになっていたりします。一方で…
  6. 葛飾北斎
    日本国内をはじめ海外に人気がある浮世絵。日本の伝統文化の一つ浮世絵技術を現代でも継承されている職…
  7. ナルトだってばよ
    忍者は身のこなしが軽く、水中に隠れていたり、煙幕で姿を眩ましたりと、神出鬼没な存在です。その不思…
  8. Lucky day
    「大安吉日」とか「思い立ったが吉日」とはよく聞く言葉ですよね。でも、そもそも「吉日」とはどういっ…
  9. 有名な歌舞伎役者さんが登場すると、客席から響く「合いの手」。合いの手が入ると、人気者のご登場!と…
  10. Spring of hot springs
    温泉の多くは地中深くから掘り出したものです。しかし、中には地上まで勝手に自噴している温泉も中には…
PAGE TOP