夏の18きっぷと国内旅行

夏の18きっぷを活用しておすすめの国内旅行を楽しもう!

18きっぷの正式名称は青春18きっぷと言います。

「青春」という文字から、若い人しか使えないというイメージがありますが、どなたでも使えます。

毎年、春・夏・冬の期間に発売される18きっぷですが、中でも一番期間が長いのが夏です。

今回は夏の18きっぷを使った、おすすめの国内旅行をご紹介します。

18きっぷとは

18きっぷの概要まず、18きっぷの概要ですが、簡単に説明すると以下のような内容です。

【18きっぷ概要】

・春・夏・冬の主に学生の休暇期間に合わせて発売されるお得なきっぷ
・JRが販売・運営しており、期間中はJRの普通列車、快速列車、特別快速列車が1日中乗降可能
・1枚に5回分の乗車券が記載されている

1回の乗車券は改札を通ったときから、終日まで有効で、途中下車も可能です。

始発に乗って、最終列車まで使えるということです。

都会では快速・特別快速も数多く運行しているので、使い方次第でとてもお得になります。

夏の18きっぷとは

夏休みと18きっぷ夏に発売される18きっぷの販売期間と有効期間は、概ね以下の通りです。

・発売期間:7月1日から8月31日
・利用期間:7月20日から9月10日

学生さんの夏休みと同じくらいの長さです♪

現在の金額は、5回分の乗車券が付いて11,850円ですが、価格改正などがあり、変動することもあります。

7月20日から9月初旬まで長い間使える他、お盆休みでも使えるので、多くの人が利用しています。

18きっぷを使った夏のおすすめの旅行先

おすすめの国内旅行格安で旅行が楽しめる18きっぷを使って、人気の旅行先を訪れてみましょう。

行く場所によっても異なりますが、18きっぷは、ほぼ全国で使えます。

ここで筆者が考えた、一度は行ってみたい旅行先をご紹介します☆

1.日本史好きの方向け:幕末の志士の足跡を巡る旅

松下村塾の外観幕末から明治にかけての日本の歴史は、ドラマチックな展開と、動きの早さで人気があります。

坂本竜馬や新撰組、西郷隆盛、勝海舟、大久保利通など有名な偉人が多く活躍しました。

京都から南、高知県や山口県、鹿児島県、佐賀県などが特に有名です。

筆者がおすすめしたいのは、山口県:幕末維新の旅です。

吉田松陰の松下村塾を始め、多くの志士達の活躍が街中で学べます。

美しい景観の町並みを眺め、歴史の知識を深めてくださいね。

2.食い倒れたいグルメな人向け:大阪食い倒れツアー

大阪食い倒れ京の着倒れ、大阪の食い倒れ、江戸の買い倒れという言葉がある通り、大阪にはグルメが盛りだくさん!

串カツにたこ焼き、お好み焼きなど、粉モンと呼ばれるB級グルメの聖地です。

特にミナミ(なんば)エリアは、道頓堀やアメリカ村などの観光スポットがあり、一日中楽しめます。

筆者も何度か訪れたことがありますが、あちこちに美味しそうな店が並び、歩くだけでも楽しいです。

黒門市場は大阪の台所とも呼ばれ、大変賑やかです。

JR大阪環状線を使えば、18きっぷで移動できますよ♪

3.テーマパーク大好きな人向け:レゴランドとUSJを楽しむ旅

レゴランドテーマパークが好きな人は、名古屋と大阪で2大テーマパークを満喫しましょう。

1日目は名古屋でレゴランドを堪能し、その日のうちに大阪へ移動します。

名古屋~大阪間は夜遅くまで列車が走っていますし、大阪に宿泊すれば、翌早朝から移動開始できますね。

2日目は大阪駅からユニバーサルシティまでJRを使って直通で行くことができます。

存分にユニバーサル・スタジオ・ジャパンで映画の世界を楽しんで来てください。

4.古い街並みやカフェが好きな人向け:古都めぐりっぷ

明治村の風景大人の情緒溢れる旅を楽しみたい人は、鎌倉や倉敷、飛騨高山などの旅をおすすめします。

古い町並みと古民家カフェや、可愛い雑貨店など、どのお店に入ろうか迷ってしまいます。

また、筆者が最近おすすめしているのは、国宝犬山城を含む、愛知県犬山市の旅です。

ここは不思議な町で、通りを隔てて現代と、古い街並みが共存しています。

また、明治村やリトルワールドなどのテーマパークもあり、足を伸ばせば昭和村も訪れることができます。

愛知から岐阜にかけて、明治村➩大正村➩昭和村➩平成地区と元号の旅もできますよ☆

最後は小京都で有名な飛騨高山や、君の名は。の聖地、飛騨古川で古都ロマンを味わってください。

乗り降り自由で素敵な旅を

18きっぷと夏の旅筆者は、春の利用期間中、ふらりと乗車してきた女性の1人旅の方を見かけました。

朝起きて、ふと出掛けたくなって行き先も決めず、列車に乗ったそうです。

素敵な大人の女性という感じがして、筆者の慌ただしい貧乏旅行とは雲泥の差を痛感しました。

是非18きっぷを使って、素敵な日本の旅を楽しんでくださいね♪




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. 落語の高座
    日本の伝統的な文化の一つ「落語」。実は落語は関東と関西で違いがあったり、所属する協会が分かれてい…
  2. 精巧な雪像
    降雪量が多い地域では、雪まつりや雪像まつりが開催され、ニュースでも話題になりますね。その年に話題…
  3. juggling bags game
    遠い昔、母がお手玉を披露してくれたことがありました。その時のお手玉の感触は…サクサク? ジャラジ…
  4. かまくらと子どもたち
    冬を連想させる物のひとつに「かまくら」があります。白くて丸くて可愛らしい形をしていて、中に入るこ…
  5. Shichigosan Photo
    七五三写真の定番と言えば、フォトスタジオでのちょっとおすましした記念写真。七五三の本人も、そして…
  6. traditional culture
    伝統芸能というと、能や歌舞伎、文楽などを思い浮かべる方が多いかと思います。伝統芸能を志す人も、そ…
  7. Hakone Ekiden
    外は寒いし大抵の場所は混んでいるので、なかなか家から出たくない!そんな私ですので、テレビで箱根駅…
  8. hikyaku speed
    江戸時代の飛脚というと、棒の先に箱をくくりつけたものを担いで、すごく速いイメージがあります。しか…
  9. 日本のぶどう狩りシーズン最盛期は、早いところでは7月下旬から始まり、比較的暖かいところでは9月まで、…
  10. 終戦記念日を知らない人現代人
    最近、残念なことに終戦記念日を知らない人が増えていることをよく聞くようになりました…確かに戦後7…
PAGE TOP