七福神の石像

七福神に順番はあるの?参拝の順番や並べ方と授かるそれぞれのご利益について学ぼう!

日本は古来より神の国として知られています。

全ての物に神が宿るとされる、八百万(やおよろず)の神の国です。

その中でも、特に有名なのが七福神様。

お正月には宝船に乗った七福神様を飾る人もいると思います。

七人もいるということは、並べる番や参拝の順番、ご利益の違いもあるの?と疑問に思いますよね?

ということで今回は、七福神と順番について調べてみました!

七福神を全部言えますか?

七福神の宝船アイドルのメンバーなら七人以上でも覚えられるんだけど…。

そんなことを言わずに、ありがたい七人の神様なのでぜひ名前を覚えましょう!

①布袋尊
読み方:ほていそん

②寿老人
読み方:じゅろうじん

③福禄寿
読み方:ふくろくじゅ

④毘沙門天
読み方:びしゃもんてん

⑤恵比寿天
読み方:えびすてん

⑥大黒天
読み方:だいこくてん

⑦弁財天
読み方:べんざいてん

恵比天を、布袋と福録が大黒柱に結んだが、毘沙濡れで食べられず、見ていた弁天と寿老人が笑った。

のように、ゴロ合わせを考えるのも面白いですよ。

ちなみに、上記は、筆者が考えたものです♪

並ぶ順番は決まっていない?!

鎌倉江の島の七福神実は、七福神を並べる順番は明確に決まってはいません。

ただし、七福神巡りなどの参拝の順番は諸説あります。

例えば、

①自宅の一番近い場所から反時計回りに巡る(二番目に近いところを最初に行く)
②祀られている神社仏閣が推奨する順番に巡る(ホームページなどに案内があります)

①の場合は、それぞれの神様が祭られている場所を順番に巡るので、苦労の分、ご利益もありそうです♪

どの神様がどこで祭られているかを調べるのも面白そうですね。

②は、恵比寿・大黒天・毘沙門天・弁財天…の順番が多いと感じました。

お正月の七日までに巡ると良いとされていますので、初詣の際に立ち寄ってみるのもおすすめです。

七福神の意味とそれぞれの神様の得意分野(ご利益)

七福神の順番は決まりがない七福神は、七つの厄災を退け、七つの幸福を与える神様という意味があります。

それぞれの神様には、得意分野(ご利益)に違いがあります。

それでは、順番にご紹介していきますね☆

①布袋尊

布袋様

ほてい様の愛称で知られる神様で、大きなお腹をさすられることが多い神様です。

【ご利益】:笑福円満・幸福招来・平和
【見分け方】:大きな袋を背負った、太鼓腹の僧侶の姿
【備考】:袋は堪忍袋という説がある

②寿老人

寿老人様

寿老人様は、鹿をお伴に持つお酒好きの神様です。

【ご利益】:家庭円満・無病息災・健康長寿
【見分け方】:細長い顔で、長いひげがある道教(中国)の神様
【備考】:不老長寿の桃を持っている

③福禄寿

福禄寿様

福禄寿は、福(相続権を持つ実子で生まれる縁)と、禄(財産)、長寿を与える神様です。

【ご利益】:子孫繁栄・長寿長命
【見分け方】:頭が長く、杖を持った姿をしている
【備考】:中国では鶴・鹿・桃を伴っている

④毘沙門天

毘沙門天様

毘沙門天様は、多聞天(たもんてん)とも呼ばれる神様です。

光背(後光)の輪があり、手には宝塔や槍を持った姿をしています。

【ご利益】:出世開運・勝運招福
【見分け方】:持つ武神の姿で、鬼を踏みつけている姿も見られる
【備考】:仏教(ヒンドゥー教)ではクベーラ神と呼ばれ、四天王の一人とされる偉大な神様

⑤恵比寿天

恵比寿様

えびす様の愛称で親しまれる神様で、商品名や社名になるほどの人気者です。

【ご利益】:商売繁盛・豊漁繁栄・五穀豊穣
【見分け方】:えびす顔の語源ともされる笑顔と、鯛と釣りざおを持っている
【備考】:日本古来の神様で、いざなぎ(男神)と、いざなみ(女神)の子という説も。

⑥大黒天

大黒様

破壊神でしたが、今では豊穣や財運の神として人気の神様。
出雲大社に祭られる、大国主大神=大黒天で、因幡の白うさぎに登場する優しい神様です。

【ご利益】:蓄財増進・五穀豊穣
【見分け方】:小づち、米俵、ネズミを伴にしている。出雲ではウサギが側にいる
【備考】:仏教(ヒンドゥー教)の出身で、シヴァ(破壊)神の化身マハーカーラが元。

⑦弁財天

弁財天様

弁財天様は、七福神の中で唯一女性の神様です。

【ご利益】:金運上昇・芸道上達・音楽上達
【見分け方】:琵琶を持っている、容姿端麗な女神
【備考】:仏教(ヒンドゥー教)ではサラスヴァティー神と呼ばれ、日本では弁天様とも呼ぶ。

外国から来た神様も交じっています

弁天様も異国の神様前項でも少し触れていますが、七福神の中には外国の神様がいらっしゃいます。

というより、日本古来の神様は一人しかいません。

恵比寿様だけが日本古来の神様なんです。

日本は、神仏習合(神と仏を一緒に祭る)という時代がありました。

今は神と仏を分けて、神社、お寺となっていますが、神仏習合の名残がある場所もあります。

有名な清水寺は「」ですが、敷地の一角には縁結びで知られる「地主神社」という神社が!

しかも祭られている神様は、大黒天(大国主大神)様でインド仏教のご出身。

中国にインドに日本と、グローバルな神様たち。

七福神なのに仏教色が濃いのも特徴ですね☆

神無月と神在月そして伊勢神宮

出雲大社七福神の中で、日本古来の神様は、恵比寿様だけとご説明しました。

実は、まだ一人だけ説があるんです!

日本の神無月(旧暦の10月頃)には、日本の神様が出雲(島根)へ集まり、会議をします。

全国の神様が出雲へ行くので神無月と呼び、逆に出雲では神在月と言います。

ですが、その会議に行かない神様が二人いらっしゃいます。

一人は、伊勢神宮におわす「天照大神(あまてらすおおかみ)」様です。

天照大神は、大黒天(大国主命)の先祖で、高位にあたるので出雲へは行きません。

そしてもう一人が恵比寿様なんです。

その理由は恵比寿講があるから、留守を任されたから、いなざみの子だから…と諸説あります。

全ての神様が不在になったら、島根以外の県の人は困っちゃいますものね☆

七福神を眺めてみよう

仲良し七福神さまざまな逸話や伝説がある七福神。

それぞれにご利益も違うし、姿・形も異なります。

七福神巡りに行くもよし、宝船を眺めて見比べるもよし、神様を身近に感じてくださいね☆




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. おはじきの遊び方
    コンピューターやゲーム機がない時代、子どもは様々な工夫をして遊びました。メンコ、ベーゴマ、お手玉…
  2. Drawing water
    最近、入学祝いの包みが多様化してきて、可愛いデザインの封筒のようなタイプが出てきました。そのよう…
  3. ふと疑問に思ったことはありませんか?「生け花(教室)」「華道(部)」「活け花(展)」「花道」「挿…
  4. Hiragana
    最近はインターネット発展によりメールやSNS文化で、実際に字を書くことが少なくなりました。しかし…
  5. Shiga Hot Spring
    滋賀県はハッキリ言って温泉が少ないです。真ん中にあんなに普通の水だけは溜まっているんですが…。で…
  6. 年越しそばは温かいか冷たいか
    長く健康で生きられるよう願いを込め、大みそかに食べる年越しそば。温かいそばと冷たいそば、今年はど…
  7. すだれ
    日本の夏は世界的に見ても特殊な夏です。単純に気温が高い日が続くだけではなく、湿度が高く、「モワッ…
  8. 作務衣 デニム
    作務衣ってなんか古臭いイメージが有るなんて思ってませんか?そんな方におすすめなのが、デニム生地で…
  9. Craft lacquer
    漆って良いですよね♪ 凄く色に深みがあって、特に黒色の吸い込まれそうな光沢が好きです。でも、一方…
  10. 5月5日はこどもの日! 祝日法では、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝す…
PAGE TOP