金券ショップを活用しよう

18きっぷと金券ショップ♪ 賢く利用してお得な国内旅行をしよう!

JRの列車でお得に旅ができる人気の18きっぷ。

1日乗り放題で、使い方を工夫すれば安く国内旅行が楽しめます。

ただ、18きっぷは5回分の乗車券が1枚になっているので、使い切れず残ってしまうことも。

そこで今回は、金券ショップを活用した18きっぷの売買についてご紹介したいと思います☆

オークション&フリマアプリと金券ショップ

オークションより金券ショップ18きっぷはオークションやフリマアプリでも取引されています。

自宅に居ながら出品・売買できる点が楽で、利用者も多くいます。

しかし、見知らぬ人とのやり取りや発送の手間などのデメリットもありますね。

筆者も実際にオークションで18きっぷを売買したことがありますが、ちゃんと届くのかハラハラしました。

その点、金券ショップはその場で売買が完了するので非常に便利です。

金券ショップの利点

チケット売り場まず、金券ショップでは直接お店の人と会話ができます。

不明な点はその場で尋ねることができますね。

そして、発送の手間や未達の不安が無いことも利点です。

その場で換金できる点や、システム利用料が不要という面も便利です。

また、売るだけではなく、購入することも可能です。

自分が欲しい回数が残っている券を格安に入手できる点も魅力です♪

金券ショップはどこにある?

有人窓口が便利金券ショップが多く見られるのは、駅や商業ビルの一角です。

公共交通機関を利用する人が多い場所で見かけます。

地方の小さな駅や人が少ない場所では、あまり金券ショップは見かけません。

東京・名古屋・大阪・福岡など、都市の大きな駅の近くで探してみてください。

筆者は奈良を旅したときに、金券ショップを利用しました☆

金券ショップを賢く活用する

余った18きっぷ金券ショップでは18きっぷ以外にも、お得なチケットや回数券などが取り扱われています。

18きっぷと一緒に、旅行先で使えるテーマパークの入場券などを購入するのも良い方法です。

売る時のコツは、1回~4回の残がある18きっぷを売ることです。

未使用券も買い取ってもらえますが、18きっぷの利用期間中はJRの窓口でも払い戻しが可能です。

しかし、1回でも使用したきっぷは払い戻しができません。

ところが金券ショップでは、未使用券よりも残がある券の方が売れるんです。

それは「数回分だけ欲しい」人が多いから。

あと1回分だけ足りない、往復分だけ欲しい、旅行の参加人数が追加になった…などが主な理由です。

金券ショップで売買するタイミング

18きっぷと有効期限18きっぷは利用期間が決められています。

そのため売り時と買い時のタイミングが重要になります。

ポイントは、18きっぷの発売期間は「利用期間より10日前後短い」という点。

発売期間が過ぎてから、急に必要になった人には高値で売れます。

しかし、利用期間が迫っている中、買い手がつかないことも考えられます。

この条件を踏まえて金券ショップの店員さんは売買価格を決めています。

結論を言えば、利用期間の前半は余った券を売る方が有利、後半は余った券を買う方が有利となります。

近くに金券ショップが無い場合は

きっぷは様々な場所で購入できる筆者は地方在住で、近くに金券ショップはありません。

普段はJRの窓口でクレジットカードを使って未使用券(5回分)を購入します。

友人や知り合いの中に、金券ショップが近くにある人が居れば郵送してもらうのも良策です。

また、その人を旅行に誘って金券ショップで18きっぷを購入してもらうのも良いですね。

余った券を金券ショップで売りたい場合は、旅の帰りに立ち寄るという方法もあります。

その場合は1回分の料金より、帰宅にかかる費用が少なくなるよう調整しましょう。

その他、チケット売買サイトを利用する方法もあります。

人気のあるチケット買取サイトのリンクをご紹介しますね。

 ⇨格安チケットコム

 ⇨ルネッサンス

18きっぷだけじゃない金券ショップの魅力

ビール券金券ショップでは、きっぷの他にも商品券や割引券なども販売しています。

旅先で使える商品券や割引券を事前に購入しておけば、よりお得な旅ができますね。

ビール券を事前に購入して、旅行先で使うのも一計です。

家族で旅行をするときは、遊園地や施設利用の割引券などを人数分購入しておくとお得になります。

旅行だけじゃない18きっぷの使い方

ローカル鉄道の旅18きっぷは遠くまで旅行をするだけが目的ではありません。

地方在住の筆者は都心までショッピングに行くときも18きっぷを利用します。

ついでに美味しい物を食べたり、車で行くときには寄らないような場所を訪れたり…。

帰りに金券ショップを覗くこともあります☆

意外と使える金券ショップ、ぜひ活用してみてくださいね。




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. 5月5日はこどもの日! 祝日法では、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝す…
  2. Hot water bottle Coldness
    ご存知ですか? 日本人の8割以上が冷え性で悩んでいます。女性は8割、男性も意外と多く4割が「自分…
  3. 書道段位
    子供の習い事で必ず上位にランキングする「書道」日本文化にも触れられて字も上手になるなんて一石二鳥…
  4. お正月といえば、門松!日本で古来より受け継がれてきたお正月飾りの一つです。日本人なら一度は目にしたこ…
  5. コロナ禍でぜんそくが急減?
    季節の変わり目はアレルギーが原因で体調を崩す人も少なくありません。特に秋から冬にかけては、ぜんそ…
  6. 旧盆の意味
    実は旧盆の意味を正確に答えられる人って、案外少なかったりするんですよね。なんというか、いろいろゴ…
  7. National treasure
    天守閣が国宝の城は、やはり魅力的なところが多々あります。なにせ当時のもので残っているものが、結構…
  8. When is the mountain season of Mt. Fuji
    富士山の山道は通年空いているわけではなく、登れる時期は限られています。もちろん、山開きの時期でな…
  9. 名取 費用
    日本舞踊を習っているけどいつになったら「名取り」にしてくれるんだろう?一つの区切りとしてやっぱり…
  10. 江戸時代ってずいぶん昔な気がしますが、実はほんの150年前まで江戸時代だったんですよ〜!…って、…
PAGE TOP