関西の温泉で日帰りで楽しむならここ! お気楽おすすめ温泉を2つ厳選!

日帰り温泉だけど、温泉がメインで観光はそれほど考えていないとか、自分は温泉に行きたいけど、家族が乗り気じゃないなどと悩んだことはありませんか?

私も、「とりあえず温泉に入って、普段より良いものが食べれたら良いかな」と思ってしまうんですよ。だって、たった1日だけの休日の使い方ですよ!そんな、ワチャワチャ動きたくないじゃないですか!?

というわけで、そんなズボラな私が「ここなら気楽に1日ゆっくり出来る」と思った温泉をご紹介します。

買い物ついでに温泉? つかしん天然温泉 湯の華廊

名神高速道路の尼崎インターチェンジを降りて3キロほどの所に、この温泉はあります。

この温泉は、露天風呂と壺湯の内の2つが加水ありの源泉かけ流しの温泉で、高温風呂が加水なしの源泉かけ流しになっています。

ちなみに、源泉かけ流しについて、少し解説させていただきます。ここは、本当に温泉選びにとって、特に重要な点です!

まず、源泉かけ流しについての、明確な定義は残念ながらありません。なので、一概に源泉かけ流しと言っても、千差万別です。本当にひどいところでは、ほとんど循環式じゃないかと思うところもあります。

ですので、ぜひ源泉かけ流しを見ても安心せず、その中身を確認されると良いでしょう。あまり明確に書かれていない場合、少し不信感を抱いた方が良いと思われます。

ここの温泉の場合、温度を下げるための加水がなされているところがあるのと、内風呂の方と残りの壺湯が温泉ではないということです。

さて、この温泉についてですが、取り敢えず温まります。さらに、あがっても湯冷めしにくいです。

というのも、ここはナトリウム-塩化物温泉なので、そういう効果があるのです。なので、こういうタイプの温泉では、のぼせないように体調を考えて入ると良いでしょう。

また、露天風呂にびっしりと温泉成分が固まってこびりついており、温泉好きの私としてはいい感じです。テンション上がります!

それで、ここのおすすめポイントなのですが、この施設自体、つかしんと呼ばれるショッピングセンターに隣接しているんです。

ここまで、本格的な温泉がショッピングセンターの近くにあるのも嬉しいし、そのショッピングセンターも甲子園球場の5倍という大きさを誇ります。

ですので、温泉でゆっくりして、ちょこっと買い物して、美味しものを食べて帰るみたいに、1つのところで全部済ませることが出来ます。

ただ、1つ残念なところがあって、ここ結構、混み合います。なので、公式ホームページで混雑状況の予測が出てますので、そちらをご覧になって計画を立てると良いでしょう。

こちらのグンゼタウンセンターつかしんのホームページよりアクセスできます。
 ⇨http://www.tsukashin.com

家族連れにもおすすめ! 神戸市立フルーツ・フラワーパーク

ここの温泉に行ったのは、確か高1の遠足のときでした。

ちょうど雨が降っていて、班の自由行動なのに、やる事がない班員を尻目に温泉に行ったんですよね。そこで、おじさんと仲良くなって「つき指もすぐに治るよ」と言ってもらったのは、まあ、いい思い出です。

そんな感じで、ここもしっかりとした温泉なんですね。露天風呂が源泉かけ流しの加温、加水ありになっています。それで、ここの温泉は、含鉄-ナトリウム・カルシウム-塩化物低塩泉となっていて、濃いめの、赤褐色の湯になっています。

そして、ここの施設は、道の駅の中にあるんです。なので、飲食店やら、バーベキュー場やら、遊園地まであります。

さらに、最近、新しく「地産地消をあそぼう」というテーマで、ファームサーカスなる、施設が作られました。なんとも、盛況なことです。

ですので、ここ1つで、ホントいろんなことが出来るといった感じになっています。

これだけ、子供も楽しめる施設があれば、最後に温泉でも入っていこうかという流れになります。家族連れにもおすすめです!

詳しい交通の情報は、下記の公式ホームページをご確認ください。
 ⇨http://fruit-flowerpark.jp

温泉は気楽に楽しむのが一番!

・ショッピングセンターによりながら温泉に行くつかしん 天然温泉 湯の華廊
・家族と一緒に楽しめる神戸市立 フルーツ・フラワーパーク

今回この2つをご紹介させていただきました。

やっぱり温泉というのは、ぷらっと行って、そこら辺でのんびりするのに限りますよね!




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. 伝統工芸というと、どのようなイメージを持たれるでしょうか?古臭い、衰退中、あまり景気のいい話は出…
  2. Castle ranking
    城といったら私の場合、やっぱり石垣だと思うんです。石垣こそが城の防衛の要であり、そこをどのように…
  3. 天橋立
    三人寄れば文殊の知恵という言葉がありますね。なんだか凄く良い考えのようです。人生はいつでも選択の…
  4. 善哉なのか雑煮なのか
    お正月のご馳走の一つであるお雑煮♪具や味は各地様々で、驚くこともありますね^^大別すると関東…
  5. New Year card
    年賀状の用意って面倒くさいので、私の場合、簡単にフリー素材で済ませたりします。笑そんなイラストの…
  6. 花火 打ち方
    日本の伝統芸能を支える職人はとても格好良いものです。代々受け継がれている伝統や技術を継承し、その…
  7. だるまはどう使う
    丸くて赤い、コロンとした姿で馴染みのあるだるま。小さなだるまは置きものとしても可愛らしく、インテ…
  8. mushroom
    美味しいキノコが採れる、秋!この季節の食卓は、キノコ三昧なんて方もいらっしゃるのではないでしょう…
  9. 年女と厄年と出産はどう関係する
    12年に一度巡ってくる、自分の生まれ年の干支。年末年始には「今年の年男・年女は・・・」というニュ…
  10. 銀閣寺
    日本人に根深い仏教…でも学校で教わる機会がなく意外に知らないですよねぇ~。仏教の大学出身の筆者も…
PAGE TOP