日本の提灯

提灯を手作りして身近に和の雰囲気を!日本の伝統道具「提灯」の意外とオシャレな楽しみ方!

提灯は現代でも使用されている日本の伝統的なアイテムです。

江戸時代にはロウソクで提灯を灯し、武家や町人に利用されていました。

電気が発達した現代でもお祭りや店先、インテリアなどに利用されています。

この記事では、日本の伝統道具である「提灯」の楽しみ方とその作り方を解説していきます☆

提灯の基礎知識

名入れ提灯提灯をお祭りや神社などで見たことある人は多いと思いますが、提灯の知識は知らないことも多いと思われますので、少しご紹介しますね^^

【提灯の種類】

提灯には種類があります。

手に持つものを「弓張り提灯」、吊るして使うものを「吊提灯」と言います。

お猿の籠屋で有名な「小田原提灯」は、提灯の本体を折りたたんで、蓋に収まるように作られた初めての提灯として知られています。

お盆に使用する提灯は「盆提灯」、店先に吊るして使う提灯は「看板提灯」と呼ばれています。

【提灯の産地】

日本で提灯が有名な産地は、八女提灯(福岡県)、小田原提灯(神奈川県)、岐阜提灯(岐阜県)、讃岐提灯(香川県)が主な産地です。

【提灯の材質】

一般的に知られているのは和紙ですが、近年はビニールやFRP(強化プラスチック)など、濡れても丈夫な素材を使った提灯も存在します。

【提灯の三大祭】

日本には提灯を主役とした三大祭があります。秋田県の「竿燈(かんとう)」、福島県の「二本松提灯祭り」、愛知県の「尾張津島天王祭」です。

提灯は手作りできる!

和紙の提灯提灯は自分でも手作りできることをご存知でしょうか。

一番簡単な作り方は、野菜のナスを利用した作り方です。

ナスの胴体部分をくり抜き、ロウソクを立てれば完成です。

ナスの代わりにアルミ缶で作られる方もいます。…ん? 焼きナスになっちゃう?笑

本格的な提灯は、和紙を張る工程が難しく、意外と職人の技が必要になります。

筆者はお盆提灯の和紙張りの内職をしたことがあるのですが、球体な上、和紙の扱いが難しく、何度もやり直しをした記憶があります。

昔の人は一から全て手作りしたなんて器用ですね〜^^;

簡単な手作り提灯

空き缶提灯本格的なものではなく、インテリアとして使ったり、アウトドアの装飾やお誕生日会などに使う飾りなら割と簡単に手作りできます♪

火を使わない装飾の提灯なら折り紙でも作れますし、形も自由に作れますよ^^

最近はLED電球も100円ショップで売られていますので、それを利用して吊提灯を作るのもいいでしょう。

普通の電球やロウソクを使う場合は火事の恐れがありますので、提灯の内側に難燃性の素材を使用することをオススメします☆

ひもを使った提灯

麻ひも提灯ここで簡単に作れる提灯?をひとつご紹介しますね☆

用意するのは以下の材料です。

【用意するもの】

・風船
・ひも(麻ひもやコットン糸など)
・木工用ボンド
・水(適量)
・刷毛と空容器
・LED電球や豆電球

【作り方】

1.風船を作りたい提灯のサイズまで膨らませ、口を閉じます。
2.容器に木工用ボンドと水を適量入れ、薄めます。
3.刷毛で全体に薄めたボンドを塗ります。
4.ボンドが乾かないうちに、ひもをグルグルと全体に巻き付けます。
5.完全に乾くまで待ちます。
6.乾いたら中の風船を割ります。
7.上部からひもで括った電球を入れ、口の部分に固定します。
8.完成!

応用でひもの代わりに和紙や折り紙を風船に貼ってもできますよ^^

また、太めのワイヤーを骨組みとしてグルグル巻いて作られる人もいます。

アイデア次第で提灯は手作りできるものですね♪

面倒な方は提灯手作りキットを利用するのもアリです!

アウトドアで使う手作り提灯

アルミ缶提灯最近はインスタグラムなどでオシャレなキャンプ風景をアップされる人が増えてきました。

焚き火やランタンの炎を眺めているだけで心が安らぐというキャンパーが多く、ランタンを手作りする人もいます。ランタンを日本語で言うと提灯です。そう思うと提灯も身近な存在ですね^^

キャンプに使うなら簡易的な提灯でも十分楽しめます☆

アルミ缶提灯なら加工もしやすく、不要になったら処分も簡単。

自分なりのアレンジをしても楽しいですよ〜♪^^

【作り方】

1.作りたい大きさのアルミ缶を用意する。
2.胴体部分に穴を開け、ハサミでロウソクが入る程度まで切り抜く。
3.底部分に釘やビスなど、ロウソクが立てられるように固定する(アルミテープを利用すると便利です)
4.上部側面にキリで穴を開け、ワイヤーを通して持ち手を作る
5.ロウソクを立てて完成!

ティーキャンドルなら底が広く安定するので、ロウソクを立てる釘などは不要です。

和の雰囲気を楽しもう♪

提灯の美提灯が一つあると、和のテイストがグッと増します。

ほんのりと灯った柔らかなオレンジ色の明かりは心が癒されます^^

日常の喧騒から離れ、ゆっくりと提灯の明かりを眺めながらJazzなどを聞くのも、しっとりとした大人な雰囲気を味わえて素敵ですよ♪

是非試してみてくださいねッ(^_-)-☆




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. うるう年は忘れがちですが特別な年です。平年が1年365日に対し、うるう年は1年366日になる年で…
  2. Spring of hot springs
    温泉の多くは地中深くから掘り出したものです。しかし、中には地上まで勝手に自噴している温泉も中には…
  3. loincloth
    大型店の下着売り場や下着専門店などに行くと、色とりどりの実に華やかな下着がこれでもかと並んでいます。…
  4. 梅沢富雄_夢芝居
    最近は、バラエティ番組でも人気がある「梅沢富雄」さん。昔は女形として美しく、大変な人気を博しまし…
  5. おも
    正月に欠かせない食べ物といえば、お餅です。焼いてよし、煮てよし、甘いものにも合わせられる万能食材…
  6. When is the mountain season of Mt. Fuji
    富士山の山道は通年空いているわけではなく、登れる時期は限られています。もちろん、山開きの時期でな…
  7. 除夜の鐘
    除夜の鐘をなぜ鳴らすのか、その意味について知っている大人はいると思います。そう108の煩悩(ぼん…
  8. 元号 決め方
    元号が平成の世となってから既に30年。次の元号は何になるのか気になりますね。そして元号はどの…
  9. 畳のアレルギーはなぜ起こるの?
    畳のあるところに入ったら、咳やら湿疹など体調が悪くなってしまった…。そんな場合、畳によるアレルギ…
  10. 御朱印集め マナー
    御朱印集めは楽しいですよね。でも、たまに思いませんか?「これはマナー違反になるのかな!?」「私は…
PAGE TOP